悲しい話

    382 : 刹那なる名無し[] 投稿日:04/07/12 17:45 ID:++i8CEnA [1/3回]
    友人からこんな話を聞いたのであげておく。 

    3月5日/私は久しぶりに神戸に仕事で出ました。午前11時から12時位で終わり、 
    折角神戸に来たんだし少しぶらぶらしよう!っと・・歩いて行くと、1軒のパチンコ屋さんに目が行きました。 
    「7年ぶり!少しだけやっちゃえ!」(本当はタバコくさくてキライ)最近1000円単位でしか買えないようで、 
    「しかたないぁ・・まぁいいか!」なんて思いながらも、楽しそうな台に座りました。 
    ところがやり始めると、出るわ!出るわの大当たり!自分でもこんなに出るのは初めてで本当にびっくりしていました。 
    そんな時、小さな可愛い女の子が・・・ 

    3月7日/ホームの方から、母が元気がないので来てほしい・・との連絡あり。 
    3月8日/母は眠っていました。つい先日見た時の顔とは別人みたいにやつれていました。 
    「お母ちゃん!来たで!」「あー○○か?」「早く手術して、目が見えるようになればいいね。 
    温泉行けるで。」「そうやな。行きたいな」「今日はタンスの中を整理したるわ」 
    「うん」・・私は備え付けの洋服ダンスなどの整理をしました。 
    その時に1冊の古いアルバムが出てきました。 
    パラパラっとめくっていき、いろいろ思い出などを聞いていきました。 
    ふと、私はある1枚の写真に目がいき(4歳くらいの女の子)・・・ 
    実は私は本来、姉、兄・・・そして私と兄の間にもう一人の姉妹がいたのでした。 
    私は逢ったことがなく(もちろん生まれていない)その子(名は弘子と言います)の話も 
    今まで聞いたことがありませんでした。 
    (どうせ時間があるし、聞いてみよう・・)と思い「お母ちゃん、弘子って子、どんな子やったの? 
    なんで死んだの?」と聞いたのです。すると母は、話始めました。



    【天国で安らかに見守っていてください・・・】の続きを読む

    107 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/04/02 11:04
    二、三年前の事。 

    正月明けだった。 
    その日たまたま買ってきたブロッコリーに芋虫がついていた。 
    普段ならつまんで外に放り出すのだが、なんかそれが出来なかった。 
    ガラスのボウルにキャベツをひいてブロッコリーを真ん中に置き、芋虫をいれてやった。 
    運良く潰れなかった事からその芋虫を「ラッキー」と名付けた。 

    一月九日。 
    ガラスのボウルに器用に糸を張ってサナギになっていた。 

    二月九日。漏れの誕生日 
    ボウルに張り付いて乾いて死んだ蝶が中にいた。泣いた。もう少し早く発見できれば生きていただろうに。 
    「ごめんなラッキー。ごめんな。」 
    その声応じるかのように中の蝶が少しだけピクピクと動いた。 
    あわてて霧吹きで水をやり、ポインセチアの上に乗せてやった。辛うじて生きていた。 
    ポインセチアには砂糖水をのせた。 
    彼はボウルに張り付いていたせいで飛べる羽では無くなっていた。 
    だが、もう少し発見が遅ければ死んでいただろう。 
    「ラッキー。おまえはやっぱりラッキーなんだな。」 
    漏れにとって一番の誕生日プレゼントだ。とても可愛いモンシロチョウ。


    【芋虫を「ラッキー」と名付けた】の続きを読む

    96 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:04/03/31 00:40
    そん日はダチが誰も来なくて一人で山に行ったんだよ。 
    んで当時俺は、兄貴が持ってたビデオの仮面ライダーブラックが大好きだったもんで 
    ライダーキックやらパンチやらして遊んでたワケよ。一人で。 
    馬鹿丸出し。そんで俺は「ん?」と思った。 
    もう目をつぶってもダッシュで10往復くらいできるこん山になんか見知らぬ 
    側道があるわけ。つーか獣道。もー俺ワクワク。新境地大発見みてーな? 
    んだよここは。豆みてーな山なのに随分長げーな。舐めてんのかこの道は、なんて思って 
    歩いてると目の前になんかちっちゃい神棚?社?なんつーんだっけアレ。 
    とにかくなんか祀ってあんよ。 
    高さは当時の俺の身長の高さよりちょっとデカイくらいで、扉が開いてて 
    中にはなんか狐がいっぱいはいってんの。しかもこれが笑ってやがるんだ。 
    当時の俺はこれを即悪と認定。扉をおもむろに閉めてライダーキックを敢行。 
    意外と頑丈だったけど何度か繰り返すと餓鬼にも破壊可能なくらいには 
    ボロってたようで、程なく木でできた前面部は大破。


    【爺ちゃんありがとう】の続きを読む

    35 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/03/10 19:29
    俺が小学生の時、ばあちゃんが亡くなった。 
    ばあちゃんはじいちゃんと住んでいて、あんまり会いに行く事かできなかった。 
    ばあちゃんの危篤の報が入った時、小学校で帰りの会をやってる最中で、血の気が引くってのを初めて体験した。 
    その時、おふくろはばあちゃんの所に行ってて、親父の車に乗っけてもらって、一緒にばあちゃんが住んでる所まで飛んでいった。 
    と行っても、俺が住んでる所から、ばあちゃんが住んでいる所までは、相当の時間がかかる。 
    いつの間にか夜になってて、俺は後部座席で横になっていた。 

    うつらうつらしている耳元で、とても懐かしい歌声が聞こえる。 
    懐かしい、すごく懐かしい歌声だった。 
    俺はばあちゃんにとっては初めての男孫で、産まれた時、泣きながら喜んでくれたって話しを聞いた事がある。 
    当時は、そんなに道路事情もよくないし、ばあちゃんは体が弱かったのに、俺の事を見たいって、じいちゃんと連れだって、たまに足を運んでくれた。 
    その時、俺はよくばあちゃんに抱っこされて、子守歌を聞いていた。 
    ばあちゃんの子守歌、ばあちゃんの膝のぬくもり。 
    頭を撫でてくれる、あの優しくて、しわしわの手の感触。 
    「ありがとね……ばいばい」 
    はっきりと、ばあちゃんの声が聞こえて、びっくりして目を覚ました。 
    ばあちゃんの声が聞こえた事を親父に言うと、親父は真っ青になって、少し行った所にあった電話ボックスに駆け込んだ。 
    ばあちゃんは亡くなっていた。 
    最期の最期まで、俺の到着を楽しみにしてくれていたと聞いた。 

    間に合わなくてごめん。 
    だけど、確かに、ばあちゃんの声、聞こえたよ。 
    通夜が終わり、火葬も終わって、お骨を前に手を合わせていると、気のせいかもしれないけど、ばあちゃんの遺影が微笑んだように見えた。 
    いつか、俺がちゃんと天寿を全うした時、ばあちゃんに「ありがとう」を伝えに行きたい。

    31 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/03/08 15:49
    いい話しか判らないけど、不思議な体験を書きます。 

    自分が小学3、4年くらいの時、親戚のおじちゃんが、海上の事故で亡くなった。 
    すごく、かわいがってもらってて、子供心に、まだ絶対生きていると思ってた。 
    外海だったんで、遺体は見つからないまま、葬式はありました。 
    その時は、ものすごく泣いた記憶がある。 

    それから、うちのオヤジは、ビールを飲むとき必ず神棚にコップ一杯上げるようになった。 
    うちは、仏壇がないんで、だから神棚に。仏さんじゃなく神様になったと思ってた。 
    子供の自分も、手を叩いて、「○○おじちゃん、どうぞ」と言って上げていた。 

    それから、月日がたった数年後に不思議な事が起こった。 
    自分は二階に寝ていたんだけど、ある夜、寝ぼけていたのか判らないが、下に降りて来て 
    神棚に向かい、正座してなにか笑っていたらしい。まったく記憶にないが・・・。 
    うちの母が、「○○(自分の名前)なにしてるの?」と尋ねたら、 
    「うん、もう少し」と答え座っていたらしい。 
    朝、「昨日の夜何してたの?」と母に聞かれたが、全く記憶に無かった。 
    その夜が、実は事故があった日で、つまり命日だった。 
    子供だから、命日なんか知るはずもなかったのに。 
    おじちゃんが呼んで、多分なんか話しをしてたのかも知れません。 
    あー書いてて、涙でてきた。    終わり

    438 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 03/08/02 13:56
    あまりこわくないですが私の伯母の臨死体験。 

    昭和20年代、伯母は出産のため入院していました。当時は衛生事情があまりよくなく、伯母は出産直後に細菌感染してしまい、高熱が出て危篤状態になったそうです。 
    意識がなくなった伯母がやはり見たんですと。一面の花畑と川。 
    さっきまでの苦しみがうそのようにものすごく気分が良くなり、花畑にたたずんでいると、少し離れたところを大勢の人が並んで歩いているのが見えました。 
    その人たちはみんな白装束で、なんとBGMまで流れていた!らしいです。 
    題名忘れましたが「♪ふけゆく秋の夜~旅の空の(中略)恋しやーふるさと。なつかし父母・・・」という歌です。 
    その中に、数年前に死んだ実の妹がいたそうです。 
    思わず「○○子!」と名前を呼んでつかまえようとすると、妹は「お姉ちゃん、来たらあかん!まだあかん!」とすごい形相で叫んだとのこと。 
    伯母は驚いて立ちすくんでしまい、気がつくと病院のベッドの上だったそうです。 

    伯母の妹は外国へ移住し、病気で亡くなったそうです。 
    「きっとあの子は日本へ帰りたかったんやろな。だからあんな歌が流れてたと思う。かわいそうになあ・・・」 
    と伯母が語っていました。その伯母はもうすぐ80歳になります。


    【私の伯母の臨死体験】の続きを読む

    375 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/09/05 21:46:00
    小学校3年の時、物静かっていうか殆ど喋らない男の子がクラスにいて、 
    先生に頼まれてその子と一緒に学校の裏にある神社にお供え物を持っていった時、 
    私はその子が好きだったから恋人になりたいと神社の鈴を勢いよく鳴らした。 
    鈴の留め具が腐っていて、頭より大きな鈴が落ちてきたが、男の子が片手で 
    受け止めてくれて頭には当たらなかった。 
    男の子が、ハシゴがないか確かめに神社の裏に行こうとしたので一緒に行ったら、 
    突然男の子がここで待っててと言ったので、待っていたら、男の子は神社の 
    納屋の南京錠を、側にあった石で叩いて、引き戸を開けて、 
    30秒ほどそのまま黙って下を眺めていた。 
    どうかしたのかと思って私が一歩踏みだしたら、もう一度「待ってて」と言われたので、 
    その場に待っていた。男の子はすぐに戻ってきて「ハシゴなかった」と笑顔で言って、 
    それから学校に帰って、家に帰った。 
    次の日学校に行くと警察?の人が二人きて、昨日の事を聞かせて欲しいと言われ、 


    【その日男の子は学校に来なかった】の続きを読む

    370 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/09/04 13:18:00
    長年飼っていた犬のモモが具合悪そうにしているのを見つけたのは私でした。 
    直ぐに病院に連れて行ったのですが、診察結果は良いモノではありません。 
    老衰で体力が落ちている事もあり、手術は出来ない状況とも言われました。 
    そのまま入院して投薬による回復を試みる事になり、 
    我家を家族が一人居なくなったような寂しさが包みました。 
    母は時間が許す限り会いに行き、父や私も毎日のように会いに行きました。 
    そして入院して2週間が過ぎた頃の夜中でした。 
    何かの物音でふと目が覚めました。 
    玄関を外から引掻くような音、モモが外に出された時によくしていた・・・。 
    私が玄関に行くと後ろから母も起きてきました。 
    目と目が合い、無言で頷いて私がそっとドアを開けました。 


    【長年飼っていた犬のモモが具合悪そうにしている】の続きを読む

    252 : コピペ[] : 投稿日:2003/06/11 01:04:00
    別れの挨拶1 
    青年実業家 
    04/26 18:28:02 
    その出来事は今春で2年が経つ。俺のマンションで仲間4人と朝まで飲んでいた。 
    腹が減ったということで、1人がバイクで近所のコンビニまで弁当を買い に行った。 
    時間にして1時間程経っただろうか、あまりにも遅いので俺は携帯に電話してみた。 
    すると、そいつは電話に出て(ごめんな!すぐ戻るから)と言い 電話を切られた。 
    しばらくするとバイクのマフラーの音がしたので俺はドアを開けて待っていた。 
    するとそいつは(ごめんな!用事ができて弁当買えなかったんだ)そう言い残して足早に階段を駆け降りて行った。 つづく 


    【不審に思った俺達は呼び止めようとベランダに出て下を見た】の続きを読む

    138 : 1コピペ ◆ozOtJW9BFA [] : 投稿日:2003/06/07 00:17:00
    自衛隊に入隊している友人が語ってくれた悲話である。 
    以前、彼はN県の駐屯地に駐屯しており、山岳レンジャー(特殊部隊)に所属していた。 
    この話はその上官(A氏)の身に起こった事である。 
    十数年前の夕方、付近の山中において航空機事故が発生した。 
    山岳部における事故であったため、ただちにA氏の部隊に救助命令が発令された。 
    それは道すらない山中で、加えて事故現場の正確な座標も分からぬままの出動であった。 
    彼らが現場に到着したのは事故から半日以上も経った翌朝の事だった。 
    彼等の必死の救出作業も空しく、事故の生存者はほとんどいなかった…。 
               *     *     * 
    事故処理が一通り終了し、彼が駐屯地に戻れたのは、事故発生から実に1週間以上も経っての事であった。 
    『辛いことは、早く忘れなければ…。』 
    後味の悪い任務の終えた彼は駐屯地に戻るなり、部下たちを引き連れ、行きつけのスナックヘと直行した。 
    「ヤッホー!ママ、久し振り。」 
    「あら、Aさん。お久し振り!。さあさあ、皆さんこちらへどうぞ。」 
    彼等は、めいめい奥のボックス席に腰を降ろし飲み始めた。久し振りのアルコールと、任務終了の解放感から彼等が我を忘れ盛上がるまで、そう時間はかからなかった。 


    【山中において航空機事故が発生した】の続きを読む

    このページのトップヘ