悲しい話

    PPS_huruipachinkodai_TP_V

    738 : 元パチンカス[] 投稿日:2012/08/03(金) 14:47:10.51 ID:HDM4PvQO0 [1/3回(PC)]

    当時パチンコ以外に特に趣味もなかった残念な俺の経験談です 

    その日は仕事も休みで朝からガッツリパチンコ三昧の予定で 
    地方だがチェーン展開していて客つきもそこそこいい某店で打ち始めた 

    午前中に数箱出て機嫌良く休憩とって飯食いに行った 
    で、帰ってきてさぁ打つぞって思ったらさ、2つ左の小柄なおっさんが目についたんだよ 

    パチンコ打ってたら時々変な人は見かけるからある程度スルースキルも身についてるんだが 
    あからさまにパチンコ台のガラス部分に顔…ってか額をくっつけて 
    顔は下を向いた状態で何か1人でブツブツ言ってるんだよ 

    あーヤバい人いるわぁくらいの感じでちょっと気分悪くなりながらも再開し始めたんだよね 
    オッサンの両隣では普通にオバサンと爺さんが打ってて、神経太いなぁと思ったのを凄く覚えてる 
    というか、オッサンと俺の間にいたオバサンは1000近くハマってたから熱くなってそれどころじゃなかったのかも 

    で、少ししたら30前後の兄ちゃんがデータカウンター(台の真上にあるデータ表示機)見ながら移動してるのが目に止まった 
    スロットならともかく、パチンコのデータ見て何の意味があるんだよ 
    って思いながらチラチラ見てたら、そいつがさっきの危ないオッサンの座ってる台のデータも見てるんだよね 

    いやいや、いくら下向いてて気付かないかもしれないからってそれはどうなの 
    って思ってたんだがオッサンは相変わらず額を盤面のガラスに付けてブツブツ言ってるんだよ 
    しかも良く見たら台打ってないんだよね上皿に玉も出てないし 


    【どうして…どうして…どうして…どうして…】の続きを読む

    SDIM3231_TP_V

    315:本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 07:14:49.80 ID:L63ZX6D80 
    仕事で宮城県内を廻った人が現地の人から最近聞いた話を書いたブログから抜粋 


    ・ある人が夜中に町道を走っていると道路に4~5人のグループが立っていて 
     こちらに向かって手を振っている。 
     車を止めて話を聞いてみると「自分たちは死んでしまったんだろうか? 
     それが分からない、家まで乗せて行って貰えないだろうか?」との事。 
     ゾッとして辺りを見回すと道路の脇には津波で廃車になった車の置き場があった。 


    ・津波の現場に写真を撮りに行った男性が写真を撮った直後に背中に重いものを 
     感じた。 
     それから数日後、不意に肉が食べたくなった。 
     普段はそんな事が無いので変だなと思っていたがそれからは自分の意思ではない 
     何者かに指示されているような感覚になってしまった。 
     当時は花火大会が自粛されてたのだが隣町で花火大会が行われる事を知った瞬間 
     無性に花火が見たくなって仕方なくその花火大会を見に行った。 
     花火を見上げているとすっと肩の荷が下りたような感覚に襲われそれからは 
     誰かに指示されてるような衝動が消えてしまった。


    【仕事で宮城県内を廻った人が現地の人から最近聞いた話】の続きを読む

    HIRABEDNEKO_TP_V

    185 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/15(木) 23:28:26.75 ID:uCM1yXam0 [1/2回(PC)]
    この間風邪をこじらせ、会社を早退した 
    一晩寝たら治ると思ってたが、次の日目が覚めたら体が動かなかった 
    枕もとのポカリ飲むのがやっとで、マジで這う事も出来ない 
    鞄の中で携帯が鳴ってても、そこまでたどり着けない 
    その内目の前が真っ白になってきて、あーこれヤバいと思いつつ意識が飛んだ 

    そしたら思いっきり鼻を噛まれて目が覚めた 
    忘れてたんだが俺は一人暮らしで、猫(メス・推定5歳)と住んでいる 
    不規則な仕事なんでこいつのメシと水は、 
    三日分くらいストック出来る自動給餌機使ってるんだが、 
    起こしに来たって事はメシが無くなったって事だ。それにトイレ掃除もしてない 

    これはいかん、と思って死に物狂いで布団から這い出した 
    時々ふっと意識が途切れたが、その度猫に噛まれて覚醒 
    何とか部屋の真ん中まで来たところでまた携帯が鳴った 
    必死で出たら会社の同僚だった 
    何か言ってるが、全然頭に入ってこない 
    とにかく体が動かない事を伝えた所で本当に意識が飛んだ


    【俺は一人暮らしで、猫(メス・推定5歳)と住んでいる】の続きを読む

    PTKPAKU1071_TP_V

    121 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/03/04(日) 02:27:59.23 ID:zO6uNh/P0 [3/4回(PC)]
    姉は進学の為勉強に励み、私も以前と同じ生活、少し優しくなった母と父とでありふれた日々を過ごしていました。 
    そして数ヶ月が過ぎた冬、 

    姉は自殺しました。 

    突然でした。その日は日曜で、姉は朝から夕方まで友達の家に遊びにいっていて、帰ってきて少しして「ちょっと友達の家に忘れ物したから取りにいってくる」と出かけたのが最期でした。 
    その前日も、出かける前も、姉には何の変化はありませんでした。以前より少し明るくなった事もあり何の違和感もありませんでした。 
    家から少し歩いたところにある山中で、木にロープをくくり付けて首を吊っていました。倒れた足台のそばに「ごめんなさい」と書いた遺書を残して。 

    それから葬儀など色々あり、姉の部屋はあまり触られずあの日のままにしていました。 
    落ち着いた頃、父母と話し合い姉の部屋を片付けようということになりました。 
    私が押入れの中を整理しているとごちゃごちゃに押し込まれたぬいぐるみやいらなくなったものの中に三冊のノートが隠されていました。 
    質素な表紙には何も書いてなく、私は何気なくページをめくりました。


    【私の姉は過食症でした 後編】の続きを読む

    PTKPAKU1071_TP_V

    119 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/03/04(日) 02:24:05.26 ID:zO6uNh/P0 [1/4回(PC)]

    私の姉は過食症でした。 
    高校二年の頃から姉はよく食べるようになりました。 
    元々よく食べる方だったのですが間食も増え、一回の食事の量は二人前は当たり前。 
    自発的に運動は少ししていたようですが食欲は増すばかりで今まで標準体型だったのが3年の夏にはどうみても肥満体系に。 
    それが過食症だと私は薄々気づいていたのですが家族(特に母)はほとんど姉に関心がなく、見てみぬふり。 
    姉は大人しい性格で母や父のせいもあり学校や友達の話などほとんど語りませんが、学校での成績は中の中、運動神経は中の上 
    友達は少人数ながらも良く家に連れてきたり遊びにいったりと充実した様子で、誰に対してもいつもにこにことして良く接していました。 

    ですが、夏ごろになるとそれが顕著になり私が心配して「お姉ちゃん、大丈夫?」「ちょっと食べすぎだよ」と言うと 
    「え?何が?大丈夫だよ」「大丈夫、あとで運動するから!」と笑ってはぐらかすようになりました。 
    母はと言えば、丸々太ってもなお際限なく食べる娘が醜くなったのか「お前は家を食い潰す気か!それ以上その食生活続けるなら家を出て行け!」 
    と怒鳴りつけてしまいました。 
    姉は少し悲しそうな顔をしましたが反論することもなく、次の日からすっぱりと普通の食事量に戻りました。 
    一週間経っても何事もなかったかのようにその食事を続けていたので私も「あれ?過食症ってこんなにあっさり治るんだ」と思いました。


    【私の姉は過食症でした 前編】の続きを読む

    HOSSYSDIM3444_TP_V

    109 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/29(水) 22:17:25.97 ID:1pcNMBv50 [1/1回(PC)]
    俺の実家は結構広くて「入ってはならない」という部屋がある。 
    「入ってはならない」って言っても大抵はお札とか張ってあって結構安全なのよ。 
    だから、俺が中学は行ってから「入ってはならない」という部屋に入っても何も言われなくなった。 
    でも、離れの小屋には絶対に入れてくれないわけ。 
    中学だった俺は子ども扱いされていると怒り、忍び込むことに。 
    小屋の鍵をこっそりとじいちゃんの部屋から掠め取って昼間に忍び込んだ。 
    夜は明らかに霊だと分かる兵士のような人が二人立っているから、あえて昼間に忍び込んだ。 
    中に入って驚いた。 
    「ひぐらしのなく頃に」ってゲーム知ってるかな? 
    その中に祭具殿っていう拷問用の道具をしまっている倉庫があるんだ。 
    それにそっくり。 
    当時、ひぐらしなんてゲームもなかったから俺は拷問道具とは分からずに 
    「かっけー」とか思って見てたんだ。 
    するとどうだよ、俺はまだ道具に触ってもないし振動も与えてない。 
    包丁みたいな物が上から落ちてきて、左手小指が切り落とされた。 
    不思議に痛みはないわけ、でも怖くなってじいちゃんのところに逃げ出したよ。 
    そしたら一発殴られて近所の神社でお払い。 
    お払い中に神社の神主さんの弟子みたいな人が泡吹いて倒れたよ。 
    お払いが終わった次の日、倉庫が火事になった。 
    いや、なったと言うよりじいちゃんが放火した。 
    じいちゃんはぼけてなどいなかった。 
    「お前達はもうここを守らなくていいんだ」と言って兵士達を供養してたみたいだね。 
    詳細は不明。



    110 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/01(木) 00:03:11.80 ID:ZVV+I2nD0 [1/1回(PC)]
    >>109 
    左手小指切断したのに冷静だな

    PAK752_hakisaretajitensya15045306_TP_V

    57 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 00:18:11.75 ID:euaw7Ih40 [1/3回(PC)]

    昔プールバーで働いてたんだけど、ある時オジサンが来て「ここに○○こなかったか」とか 
    聞いて回っててアブねー奴だから追い返そうと思ったら一人の常連が外に連れ出してたんだよ。 
    その常連はちょっとツッパってるオジサンだったんで、ケンカになったらまずいなぁと思って 
    ゴミ出す振りして追いかけたんだよ。


    【自分が通報してたら起きなかった事件かも】の続きを読む

    DSCF3253_TP_V

    614 : 1/2[sage] 投稿日:2012/02/10(金) 17:12:13.00 ID:8xeaKg0I0 [1/2回(PC)]
    ウチの両親は駆け落ち同然で実家を飛び出してそれぞれの実家から絶縁されてた。 
    二人の実家からはまるで離れた場所に、家族四人で住んでた。両親と、兄と私。 
    親戚づきあいなんてものはしたことなくて、よくお盆とか正月に「おばあちゃんちで~」 
    なんて話を聞くと羨ましくなったのは覚えてる。でもそれ以外は普通に幸福な家庭。 
    十年程前、母が突然死して、父も後を追うようにして亡くなった。 
    兄は既に自立していたし、私も成人してたから、家を引き払った。 
    母はその土地の寺付きじゃない小さな墓地に埋葬されてて、父もそこに埋葬された。 
    家を引き払った私はその土地から少し離れた所で暮らしてる。 
    兄とは両親の命日に、年二回の墓参りの時だけ会う。お盆はなにもしてなかった。 
    両親が亡くなって二年目から、兄と墓参りに行くたびに、不思議なことが起こる。 
    私たちが墓へ行くと、必ず墓が綺麗にされてて、花が添えられてる。

     
    【今でも花は変わらず添えられている】の続きを読む

    891 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/09(木) 02:48:46.49 ID:NMFJJD/s0 [1/3回(PC)]
    祖父の遺品の中にあった悪夢が怖かった 
    祖父の小隊は敵と交戦して一昼夜戦ってこれを撃破 
    武装解除させてた時隊内の英語できるやつが一人の重症者と話した 
    殺して欲しいと頼んできたとか 
    金がないから兵士になったけど 
    こんな傷抱えて病になるかして戻ったら妻が困る 
    死ねば妻は美しいから再婚可能 
    だから殺してと頼まれて 
    祖父が楽にしたそうだよ

     
    【君は人生最後の友達】の続きを読む

    685 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/06(月) 12:34:01.49 ID:O/zLsyf/0 [1/2回(PC)]
    子供のころの夏休みの過ごし方といえば田舎のじいちゃん家に行っていろんなことをするのが楽しみだった。 
    じいちゃんは元々その土地の人だから、山菜を一緒にとりに出掛けたり、綺麗な川で釣りしたりといろんな遊びがあったわけだが。 
    ある日、俺とじいちゃんが川で遊んでいると、「うう・・・うう・・・」っとうめき声みたいなのが聞こえる。 
    じいちゃんが「またか・・・」って言ったので、何だ?っと思いじいちゃんが見ているところを見た。 
    足が片方ひきちぎられた感じで、体中血だらけの坊主頭の男の子がそこにいた。 

    死ぬほどびっくりしてじいちゃんに泣きながら抱きついたんだけど 
    じいちゃんは「大丈夫。大丈夫。あれはわしらに害はない。さぁもう遊びは終わりにして家に帰ろう。」 
    号泣状態の俺を腰が悪いのにおんぶして家に連れて行ってくれた。 


    【足が片方ひきちぎられた感じで、体中血だらけの坊主頭の男の子がそこにいた】の続きを読む

    このページのトップヘ