怖い話

    365 : ライディーン ◆l6Nb5/63Rc [] : 投稿日:2003/02/12 20:39:00
    3年前、代官山にあるクリエイチブなデザイン事務所で働いていた時のことですが 
    その事務所が入っていた●ルサイ●テラ●は、建物がちょっと古めで 
    しかもそこは事務所要ではなく、住居用として設計されたものでした。 

    年末進行で、締め切りが重なりどうしても残業を余儀なくされて 
    イヤイヤ残ってMacとにらめっこしておりました。 
    事務所は2階建て(メゾネット)になっており、僕と同僚は2Fの 
    作業室にいました。階下の1Fには誰もいません。 

    その頃、同業の事務所の社長が事故でお亡くなりになって、 
    その話を同僚と何気なくしていました。 
    「あの社長、事故だってね。」 
    「なんかあっけないよなぁ」 
    「前に一緒に仕事した時は、結構良くしてもらったよ」 
    「シメとか食わしてくれたしな」 

    その社長はちょっと浮世離れしたところがあって、当時、僕らのような 
    若手にも訳隔てなくつきあってくれて、僕らはご馳走になっていたりしました。 
    なので、僕と同僚は本当に心の底から、亡くなった社長に対して 
    懐かしく思い返したりしていました。 

    366 : ライディーン ◆l6Nb5/63Rc [] : 投稿日:2003/02/12 20:40:00
    その時、誰もいないはずの1Fから、男の声で咳払いが聞こえたのです。 
    僕らは一瞬凍りつきました。 
    なぜなら、その咳払いは、亡くなった社長のそのものの声だったのです。 
    ちょっとくせのある咳払い、廊下の向こう側から聞こえると、いつも 
    「あ、あの社長が来た!」とわかるほどでした。 

    「お前、聞こえた?」 
    「…うん、なんか声したよね。」 
    時計は午前0時をちょっとまわったところです。 
    「なんか…あの社長の咳っぽく聞こえちゃった。」 
    「え?…そうかな?なんか外の通りじゃないの?」 

    正直、恐かったので僕は誤魔化したくなって、ラジオのJ-WAVEを 
    大きくして、伸びをしました。 
    窓から下の通りを見ると、人影はありません。 
    紛らすために、思い切って階段から下の1Fをのぞいてみても 
    まっくらなだけで、誰かいる気配はありません。 

    「あの社長、おれたち話してたから会いに来たのかもよ」 
    「ん~なんか嬉しいこうな、恐いような…」 


    【デザイン事務所で働いていた時のこと】の続きを読む

    123 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/21 07:22:00
    先月、高校時代の友人がポックリ病で逝ってしまい、通夜の席で十数年ぶりに
    集まった同級生の、誰からともなく「そのうち皆で呑もうなんていってるうちに、
    もう3人も死んじまった。本気で来月あたり集まって呑もうよ」という話になった。
    言い出しっぺのAという男が幹事になって話しは進行中だが、
    なかなか全員(男5、女3)のスケジュール調整がつかない。
    今年の夏はくそ暑いし、9月に入ってからにしようかと、幹事のAと今昼飯を
    いっしょに食べながら話し合った。
    そのときビールなんか呑んだのが、間違いだった。
    Aが、ふと言わなくてもいいことをつい口に出し、おれは酔った勢いで、
    それに突っ込んだ。
    それは先月死んだ友人に先立つこと十年、学生時代に死んだBとCのカップルのことだった。
    十年前AはB(男)の家(一人暮らしのアパート)で、Cと三人で酒を呑んだ。
    直後、BCは交通事故で死亡。
    Bの酔っ払い運転による事故という惨事だった。
    Aはその事故の第一発見者でもある。
    おれは、2ちゃんねるのことをAに説明し、事故の第一発見者のスレッドに書き込めと、
    悪趣味な提案をしたのだ。
    すると、Aはたちまちにして顔面蒼白となり「冗談じゃない!」と本気で怒り出した。
    おれは、いささか鼻白み「むきになんなよ」と言い返したが、Aの怒りは収まらず
    「じゃあ、あのときの話を聞かせてやるが、後悔するなよ」と言って、
    恐ろしい早口で話し出したのだ。
    Aのはなし
    おれ(A)がBCと呑んでいたとき、D先輩がいきなりBのアパートを訪ねてきた。
    顔面真っ青で、突然「おまえ等、裏返しの話を知ってるか」と話し出した。
    そのときおれは、酒を買い足しにいこうとしたときだった。Dさんが止める様子も
    ないので、缶酎ハイを買いに出て、十五分ばかり中座した。部屋に戻ると、
    Dさんは大分くつろいだ様子で、おれが買ってきた酎ハイを喉を鳴らして一気に呑んだ。


    【「だから裏返しだよ」】の続きを読む

    492 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/26 03:31:00
    以前いた会社は印刷関係だったので 
    深夜までの残業や徹夜は珍しくなかったのですけど。 
    深夜、写植用の暗室を使おうとしたら中から「ガサゴソ」音がする。 
    あれ?使用中札出てないのにな・・・○○さん?と聞くと 
    「うん・・・。」という返事で使ってるなら札ださなきゃ開けちゃうのになあ。 
    何て思いつつ席に戻って・・ハ!今残ってるのは私とKさんだけだ! 
    と気が付いてビビった。当然暗室には誰も居なかった。 

    その数ヶ月後、やはり深夜残業中にデスクの後ろの棚から 
    モノを取り出して作業。何度目かに棚を振り返ったら 
    棚のすぐ脇のついたての上に男性の顔がチラリと見えた。 
    とっさに背の高いHさんだと思い「お疲れ様でーす!」と言ったけど 
    そのまますう・・と歩いていった。遅いし、疲れてるんだと思った。 
    翌日になってからそのつい立の上に顔を出すには 
    身長2.2m は必要だと気が付いた・・・モチロンHさんは 
    残業してなかったのだった。あれは嫌な体験だった。 

    360 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/12 09:08:00
    ひとり居残って残業していた時のことです 

    結構離れた所の電話が「プルルル・・」と鳴りました。 
    即座に転送して取ろうとしたのですが、ワンギリで切れてしまった 
    ので、気を取り直して仕事に戻ろうとすると、今度はさっき鳴った 
    電話の近くの電話が「プルルル・・」と・・・・。 
    そしてまたワンギリ。 
    で、何が怖いのかといいますと、 

    電 話 と い う 電 話 が き ち ん と 順 々 に 鳴 っ  
    て い って る ん で す よ。 

    しかも 

    段 々 私 の 居 る 席 に 近 づ い て き て い る・・・。 

    (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 
    しながら息殺してると、案の定私の席の電話もなり、すぐ横から通り過ぎて 
    行きました・・・。 

    こ、怖かった・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

    227 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/03/16 18:08:00
    猫に祟られた…かもしれない体験談をひとつ。 
    たいした体験じゃないけどね。 

    私が中学生の頃、母親が知人から猫をもらってきた。きじトラのかわいい子猫だった。 
    私は基本的に猫好きなんだが、その頃の私は情緒不安定で、 
    時々イライラが抑えられなくて、つい猫にあたったりしてた。 

    猫に一番よくやったイタズラは、猫の首根っこを地べたに押さえつけること。 
    猫がもがいて首を私の手から抜こうとする姿がとても滑稽に思えた。 


    【猫に祟られた…かもしれない】の続きを読む

    420 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/26 03:45:00
    私がまだ小学生の頃。正月に広島にある祖父の家に行きました。 
    そこで私は熱を出して寝込んでしまったのです。 
    和室の真ん中に布団を敷いてもらって、うつらうつら。目が覚めると、夕方でした。 
    隣の部屋に通じる襖に、冬の淡い日差しが薄赤く映えています。 
    と、その襖がするすると開きはじめ、二十センチ程の隙間に女の子の顔が現れました。 
    髪を坊主にした女の子。私をじっと見下ろしています。 
    襖の向こうは真っ暗で、そこに浮かび上がる白い顔は能面のようでした。 

    「まひるが呼んでるよ。」 
    その子が口を開きました。 
    まひるというのは僕より二つ年下の従兄弟で、確か東京に住んでいました。 
    (まひるちゃん来ているんだ……) 
    発熱で朦朧とした頭でそんなことを考え、女の子に聞き返しました。 
    「どこで?」 
    「井戸の中。」 
    (井戸?) 
    確かに祖父の家には井戸がありました。でも、そんなところで… 
    「そんなところで何してるの?」 
    「知らない。もうだめかもね。」 
    その子が表情一つ替えずにそんなことを言いました。 
    その後眠りに落ちたのでしょうか、私の記憶はここで途切れています。 

    一月ほど経ったある日、母親からまひるちゃんが死んだと聞かされました。 
    冬休み中に用水路に落ちて水死したそうです。 

    233 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sageコピペです] : 投稿日:2003/02/11 15:30:00
    私の母の体験談をお話しします。 

    あれは母がまだ3歳の時でした。 
    祖母が母を連れ川へ洗濯に行ったときに起きた出来事でした。 

     その日、祖母はいつものとおり洗濯を終え帰ろうと思い後ろを向くと、 
    ついさっきまで後ろで遊んでいた母が居なくなっていたのです。 
    祖母は母の名前を何度も呼びましたが、 
    返事が無くもしかすると川に流されたのではないかと思いました。 

     ふと川の横にある丘に目がいき胸騒ぎがしました。 
    その丘は、母には近づくなと言い聞かせていましたが、 
    まだ3歳の子供には越えることは出来ない丘でした。 
    それでも気になった祖母は、その丘を越え見た物は、 
    腰まで川に浸かっている母の姿でした。 
    慌てて声をかけようとした祖母はその時見てしまったのです。 

     母の前で手を出し、 
    おいで、おいで、と誘っているこの世の生き物ではないと分かるような、 
    茶色い生き物を。 

     祖母は声を出しては母が引きずり込まれると思い、 
    音を立てずそっと母の後ろへ近づき母を抱きすくめ、母の名前を叫びました。 
    するとその生き物の姿は無く母は放心状態だったそうです。 

     あの時丘の上から叫んでいたら母はあの生き物に引き込まれて 
    助からなかったのではないかと、、、 

    70 : 過去スレ(百物語スレ?)より[sage] : 投稿日:2003/04/06 02:39:00
    一緒に遊んでいた子が木から貯水池に落ちて死んだ。 
    一年くらいしてからそこのおかあさんによびだされた。 
    なんでも「実験がしたい」そうだ。 
    負い目があったのでついていった。 
    そうしたら、事件があったのと同じ木に登らされた。 
    「もっと上にのぼって、もっと先までいってみて」といって 
    そのおかあさんはこっちを枝のさきまでいくように指示した。 
    先のほうは細くなっているので 
    「もうこれ以上いかれない」といったら、 
    いきなりそのおかあさんが木をガンガンけって揺すり始めた。 
    あまりにも怖かったのでワンワンないたら、通りすがりの大人が助けてくれた。 

    警察の事情徴収をうけたあと、そのおかあさんはその木で首をつって死んだ。 
    その夜からだじゅうから水をぽたぽた垂らした幽霊になってあらわれた。 
    今でも時々でる。 
    霊能力者には怖がってつけこまれるようなことさえなければ無害だが、 
    これから先一生あなたについてまわるといわれた。 

    202 : 青田 ◆t291XhvMgA [] : 投稿日:2003/01/31 16:52:00
    数十年前になるけど、近所で少女行方不明事件があった。 
    現在も見つかっていなくて行方不明のままだ。これは全国版の新聞でも 
    紹介されたし事件があった事だけは紛れも無い事実だ。 
    どの事件か特定出来るような記述は避けておく。 
    これから書く事はよくある噂話のようなもので真実は判らないので・・・。 
    その事件が起こってから4、5年経過した頃、俺は母親からこんな話を聞いた。 
    「この前ね、Iさんが雨の日に夕方、**町の奥にある池のほとり歩いてたんだって。 
    そしたら女の子が傘もささずに向こうの方から歩いてきて・・・ほら、あそこは 
    あまり人も通らない所だし、家も少ないでしょ?あの近辺にある家の子供だったら 
    大体顔見知りだけど、その子は全然見たことなかったんだって。 
    雨の中傘もさしてないから、ちょっと変だな?と思ったらしいの。 
    そのまますれ違ったんだけど、気になるから少し歩いて振り返ったら誰も 
    いなかったんだって。もう怖くなって急いで走って帰ったんだって」 
    池のほとりのどこですれ違ったのか判らないけど、そこは急に姿を隠したり出来る 
    場所なんてないし見通しも良い為、俺も少し不思議に思った。 
    「それでねIさんが言うには、その女の子が・・・ほら、あの行方不明になった 
    娘がいたでしょ?**ちゃん。あの娘にそっくりだったっていうのよ」 
    これには俺も後からとってつけたような話で、ふ~んと聞き流した。 
    それから数日後、まったく別の人からこんな話を聞いた。 
    「行方不明になった**ちゃんっているでしょ?霊能者の人があの子の家から 
    東南の方角に埋まっているって言ってるんだって。**ちゃんの姿が濡れた 
    ように見えるから池か沼の中に埋まっているんじゃないかって言うんだけど、 
    本当なのかしらねぇ~」 
    これを聞いて俺は驚いた。Iさんが少女を見た池というのは、行方不明になった 
    娘の家から東南の方角にあるからだ。 
    もしかすると少女はその池の中に沈んでいるのかも知れない。 

    このページのトップヘ