怖い話

    692 : コピペでおま[sage] : 投稿日:2003/11/19 13:18:00
    昔、山で仕事をしてた時のこと。 

    仕事を終えて作業道を歩いて下っていたら、上の方で妙な声がした。 
    「ホゥ」とか「ウォ」みたいに聞こえるんだけど、呼ぶ時にそんな声 
    (山でよく通る声)を出す人もいるから、誰かいるのかな?と思って上を見たら、 
    尾根の方に小さな人影が見えた。 
    逆光でシルエットしか見えないんだけど、こっちを見てる様子。 
    俺も「オオゥ」みたいな声で答えたんだけど、じっと動かない。 
    と思ったら、こっちに手を振ってジャンプし始めた。ワケわからんし 
    こっちも疲れてたから「降りるぞー」ってそのまま林道へ降りた。 

    先に降りてたおっさんが「誰かいたのか?」と聞くので 
    説明すると、ちょっと嫌な顔をした。 
    「コダマかも知れん」と言う。「何それ?」と問うと 
    「人に化けて悪さをする」 
    「昔はコダマを見たらその日は家に帰って一歩も外へ出るなって言われてた」 
    「夜中に呼ばれたり、戸を叩かれても絶対返事をしてはいけない」 
    「今はそんなことないかもしれないが…」 
    おっさんは、ひとしきりそんなことを言った後 
    「念のため、今晩はお前も外へ出ない方がいいぞ」 

    俺はその頃、駅そばの飲み屋へ毎晩のように通っていたけれど、 
    やっぱり気になって、その夜はおとなしく家に居た。 
    が、別に名前を呼ばれたり、戸を叩かれたりはしなかった。 


    【コダマかも知れん】の続きを読む

    117 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/01/31 06:15:00
    これは3年ほど前のことですが、保険の営業の仕事をしていた私は、
    いつものようにお客さんの所に行こうと車を走らせていました。
    そこはとても坂の多いところでしたが、道幅も広く歩道もちゃんとあるところ
    なんです。
    もうすぐ目的地に着くというその時、右側で妙な感じがしたんです。
    えっ?と思って右の方を見ると、私の車の窓から子供が覗いてるんです。
    走ってる車の窓ですよ!
    ドアミラーには何も映っていません。
    でも、窓の外から私の車の中を・・・いいえ、私を見ているんです。
    まだ、5歳くらいでしょうか。男の子でした。
    私は何も見なかったように視線を前に戻し、目的地で車をとめて降りましたが
    もうその子供の姿はどこにもありませんでした。
    何かを言いたかったのでしょうか。
    私は何もしてあげられないので、いつも何も見なかったように振舞って
    いますが、結構怖いですよぉ。
    眼が合ったらどうしようかとか思いますよ・・・。

    28 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/12 00:05:00
    これはOLとして働きながら、ひとり暮らしをしていた数年前の夏の夜の話です。

    私が当時住んでいた1DKは、トイレと浴槽が一緒になったユニットバスでした。
    ある夜、沸いた頃を見計らって、お風呂に入ろうと浴槽のフタを開くと、
    人の頭のような影が見えました。
    頭部の上半分が浴槽の真ん中にポッコリと浮き、
    鼻の付け根から下は沈んでいました。
    それは女の人でした。
    見開いた両目は正面の浴槽の壁を見つめ、長い髪が海藻のように揺れて広がり、
    浮力でふわりと持ちあげられた白く細い両腕が、黒髪の間に見え隠れしてました。
    どんな姿勢をとっても、狭い浴槽にこんなふうに入れるはずがありません。
    人間でないことは、あきらかでした。
    突然の出来事に、私はフタを手にしたまま、裸で立ちつくしてしまいました。
    女の人は、呆然とする私に気づいたようでした。
    目だけを動かして私を見すえると、ニタっと笑った口元は、お湯の中、
    黒く長い髪の合間で、真っ赤に開きました。
    (あっ、だめだっ!)
    次の瞬間、私は浴槽にフタをしました。フタの下からゴボゴボという音に混ざって
    笑い声が聞こえてきました。
    と同時に、閉じたフタを下から引っ掻くような音が・・・。
    私は洗面器やブラシやシャンプーやら、そのあたりにあるものを、わざと大きな音を
    立てながら手当たり次第にフタの上へ乗せ、慌てて浴室を飛び出ました。
    浴室の扉の向こうでは、フタの下から聞こえる引っ掻く音が
    掌で叩く音に変わっていました。

    私は脱いだばかりのTシャツとGパンを身につけ、部屋を飛び出ると
    タクシーを拾い、一番近くに住む女友達のところへ逃げ込んだのです。


    【人の頭のような影】の続きを読む

    762 :アリエル ◆FISHzTnYEQ [sage]投稿日:2005/09/02(金) 01:48:52 ID:k9JKbbsK0[1/5回(PC)]
    私が小学校3年生のころ、クラスで怖い話が大流行しました。 
    中でも一番人気を集めたのは、学校の七不思議で、 
    お決まりの「夜になると動き出す人骨模型」や「トイレの花子さん」の話でもちきりになりました。 

     その中の一つに、「体育館の裏扉」というのがありました。 
    木造の体育館のステージ裏の通路に、大きな開き扉が設置されていて、 
    その扉を開けると、異次元の世界に吸い込まれる、というものでした。 
     「体育館の裏の通路なんて、入ったことないね」と、私がいうと、 
     「ちょっと見に行ってみようか」と親友のミナちゃんが言いました。 
    好奇心にかられた私たちは、その日の放課後、例の扉を見に行くことになりました。 

     ステージの裏通路に潜り込むには、まず、袖部屋にあるドアから入らなければなりません。 
    しかし、ドアの前には、跳び箱やら、マットやら、平均台などの用具が置かれていて、 
    それらを片付けなければ中に入れませんでした。 
    二人でそれらをどかし、私が先に古びたドアノブに手を掛けました。 
      「?!」 
    ノブの下に、小さく何かが貼られていました。 


    【ぼろぼろになったお札】の続きを読む

    58 : (@'ω'@) ◆9EROlg8skM [] : 投稿日:2003/04/12 00:50:00
    部屋数が12あるそこそこ綺麗なアパートなんですが、住人は私を含めて
    4人しかいません。と 言うのも 出る と噂があるからです。しかし、噂は噂で、
    6年住んでいる私はそんな経験もなく静かなアパートに大変満足していました。
     しかし このあいだ奇妙な体験をしてしまい、引越しを考えています。 ある日、
    お風呂に入っていると何か変な気配を感じました。しかし私はシャンプー中で
    目をあけられずにいた為、気のせいだと自分に言い聞かせました。
    すると、後ろから肩のあたりを誰かにかるーく (トントン) とされたような
    感じがしました。 慌てて振り向いても 誰もいません。疲れてんだよ!! 
    と自分に言い聞かせ、風呂からあがりビールを飲んでいると、シャンプーなどを
    おいてある棚がたおれた音がしました。 恐る恐る覗きに行くと、誰もいませんが
    やはり棚が倒れていました。 その日は棚を元に戻し ビールをがぶがぶ飲んで
    床につきました。


    【排水溝に長い髪の毛】の続きを読む

    543 :潜水士 ◆MK4bj1r2OY [sage]投稿日:05/03/11 19:14:54 ID:OLQSATCQ0[1/5回(PC)]
     子供の頃、夏のお祭りに『見世物小屋』の興行がありました。『見世物 
    小屋』と言っても、みなさんが期待するような『身体障害者を晒し物にす 
    る』のではなくて、健常者が妖怪に扮装して見物客を脅すという内容でし 
    た。つまり、ただの『お化け屋敷』です。 
     掘立て小屋の正面には、おどろおどろしい絵と描き文字で「恐怖、満月 
    の狼男!」「フランケンシュタインは実在した!」「蛇女、現る!」と描かれ 
    た看板が立ててあり、下世話な好奇心を煽り立ててくれます。私は親の 
    反対を押し切って、友人たちと一緒に見世物小屋に入りました。 
     小屋の中は仕切り壁で作られた部屋がいくつも並んでいて、見物客は 
    順路に沿って鉄格子の隙間からそれぞれの部屋を覗いていくという、本 
    当にただの『お化け屋敷』でした。(本当の『見世物小屋』は、サーカスの 
    ように観客席と舞台があり、フリークスたちが舞台の上で芸を披露する) 
     それぞれの部屋の鉄格子の向こうに、付け髭が半分浮いている狼男 
    や短身小太りのフランケンシュタイン、ニシキヘビを首に巻く中年蛇女が 
    いました。彼らのいかがわしさはどこかユーモラスで、特に中年蛇女は 
    「おまえら全員、頭から飲み込んでやるぞッ」と脅してくるくせに、私たち 
    が鉄格子の隙間から手を入れて蛇の頭を触ろうとすると、「噛まれるか 
    ら触っちゃだめッ!」と注意してくれる優しい方でした。私たちはニコニコ 
    と笑いながら見物することができました。


    【夏のお祭りに『見世物小屋』の興行がありました】の続きを読む

    94 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/18 23:59:00
    友人から聞いた話です。
    数年前に彼が東京で一人暮しをしていた時の話で、
    当時付き合ってた彼女が家に来ることになっていたので、
    夕方の5時くらいでしょうか、
    彼はシャワーを浴びようと浴室へ向かいました。
    シャワーを浴びて汗を流していると、
    浴室と脱衣スペースを隔てる磨りガラス越しに、
    じっと立ってる人影があるのに気付きました。
    しかし彼は、彼女が来たんだろうと考えて、
    気にも止めず、シャンプーを手に取ってアタマを洗い始めました。

    しばらくして風呂を上がると、
    同時に玄関のドアが開いて、
    彼女が入ってきました。
    不思議に思い彼女に尋ねると、
    今、来たばかりだと言いました。
    おかしいなと思いながらも、
    大雑把な性格の彼は深く考えずに、
    見間違えでもしたんだろうと自分を納得させました。

    数日後、彼が同じ様にシャワーを浴びていると、
    再び磨りガラスに人影があるのに気付きました。
    さすがに気味が悪くなり助けを呼ぼうかなどと思いましたが、
    今度こそ彼女かもしれないなんて考えていると、
    その人影が急に磨りガラスに顔面を押し付けてきて、
    見知らぬ女の引き攣ったもの凄い形相が浮かび上がりました。
    彼は心臓が止まるかと思うくらい仰天して情けない声を上げて叫びました。
    女はしばらく鋭い目付きで睨んだ後、
    走って逃げていったそうです。

    後日、彼はそのアパートを引き払い別の場所に移り住みました。

    165 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/08 04:08:00
    西新宿に住んでいた時の話。
    そこは路地に面した、日のあまり射さない築20年のワンルームマンションで、
    風呂はユニットバス。歌舞伎町のホステスが手首切っててもおかしくなさそうな、
    謂れのありそうな物件だったけど、安いし(新宿徒歩圏で85,000)一人身の気楽さで
    2年ばかし住んでいた。
    ある深夜、3時頃だったか、会社から徒歩で帰ってきた俺はもうめちゃくちゃ眠かった
    んだが、汗臭いままで寝るのも嫌だったんでバスタブに栓をしてシャワーを浴びた。
    浴びながらバスタブにお湯が溜っていくんで、いい感じに溜ったらそのまま浸かった。
    んで寝てしまった。

    すると突然風呂の戸がノックされた。寝ぼけていた俺は何の違和感も覚えず、
    「すみませんちょっと待ってくださ~い」とか言いながらバスタオル羽織って
    風呂から出た。当然誰もいない。時間は4時頃だったと思う。
    だんだん目が覚めてきて、有り得なさに気づいて、いや寝ぼけたんだろうと
    とりあえず思うことにした。疲れてるし、体も冷めちゃったし寝ようと思って、
    バスタブの湯を抜こうと風呂の戸を再び開けた。なんかおかしい。
    白熱球の明かりに照らされたユニットバスの壁面、いままで俺が背を付けて
    寝ていたほうの壁一面に、真っ黒な人の形がついていた。カビみたいな感じだが
    絶対別もんだって気が強くした。よく見ちゃったらやばい気がしたんで、
    湯も抜かずにバタンと戸を閉めて、電気をつけたままベッドに潜り込んだ。
    翌朝見ると、そんなものは何にもなかった。血とかならまだ納得がいくんだが、
    あの黒い人がたが何だったのか、いまだに気になる。

    121 : yumiko a[] : 投稿日:2003/02/01 10:58:00
    私はバス通学で、その日は帰りが少し遅くなってしまいました。
    私はいつもなら前の方に座るのですが、その日は混んでいて後ろから
    2列目の一人がけの席に座りました。
    疲れていたせいか途中ウトウトしてしまい…
    気が付いたあたりはもう真っ暗…。
    混み合っていた席もガラガラで2人しかいません。
    ふと窓ごしに映る、鋭いまなざしに気付きました…。
    背筋がぞっとするような細く切れ長の目です。
    いつまでもじっとこっちを見ています。
    私は恐くて、振り返る事ができませんでした。
    席が空いているにもかかわらず、何故そんな後ろにひとり立って
    こっちを見ているんだ…。
    私の降りる停留所まであと2つ…。
    そこまで我慢すればここから離れられる。
    目をギュっと瞑って我慢しました。
    一つ手前停留所では、結局降りる人はなく、そのまま通過…。
    次は私の降りる停留所…目を開け降車ボタンを押し、窓に目をやると
    あの目はありませんでした。
    いるはずの人が消えてしまったんです…。
    ものの1~2分の間に…バスから飛び降りたんでしょうか。
    魔の交差点と地元でも評判の事故などが多発する場所近くでの
    出来事でした…

    122 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/02/01 11:15:00
    通勤時の朝、仕事に行く為に6:00頃発車の南武線に乗りました。
    さすがに朝も早いだけあって座席はそこそこに空いています。
    私は誰も乗っていなかった最後尾の車両に行き、座席の端に座りマンガを読んでいました。
    発車時間になり何気無く顔を上げると正面におじいさんがうつむき気味で座っていました。
    『あれ?乗り口は私のすぐ脇だから人が通ると判ると思うんだけど・・・・』と思いましたが、
    マンガに熱中する余りに気付かなかったんだろうと考えなおしました。
    駆け込みで走り込んでくる会社員で電車の中はそこそこにいっぱいです。
    何駅か過ぎ武蔵中原駅に着いた時、新しく乗って来た会社員が私の正面に座っているおじ
    いさんの前に行き、あろう事かおじいさんが座っているにも関わらずその座席に座ろうとしま
    した。
    『何てヤツだ!』と思い注意しようとしましたが、変なんです。
    会社員とおじいさんは重なって座席に座っていました。
    驚いてだまって見つめている私に会社員は怪訝な表情を向けましたが、すぐに新聞を開いて読み始めました。
    おじいさんも新聞にかくれてしまいましたが、足は4本・・・・・・・・。
    結局、私が降りる登戸駅に着くまで、正面の会社員はおじいさんと重なったままでした。
    わからないと言う事は結構幸せですよね~

    このページのトップヘ