怖い話

    49 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2002/12/13 12:40:00
    AとBはとても仲のいいクラスメートで二人はいつも一緒だった。 
    互いの家が近くにあるので、一緒に登下校していた。 
    学校の休み時間も二人で遊んだし放課後にも二人で遊んだ。 

    学校の近くに沼があり、その沼は子供にとっては格好の遊び場であった。 
    二人は今日は沼で遊ぶ事にした。 
    しばらく遊んでいたうち急に 
    「うああ!!」 
    Bがバランスを崩して沼に落ちてしまったのだ。 
    (自分一人、しかも子供の力だけでは無理だ・・!) 
    そう思ったAは「誰か呼んでくる!!」と言って走って助けを呼びに行ったが 
    「助けて、助けて」「Aくんたすけて!!たすけ・・」 
    「助けて、助けて」 
    という声を背に全速力で走るA。 

    Aがやっとの思いで助けを呼んできた時、Bは浮かんでいた。 
    間に合わなかったのだ。 

    もしかしたら自分が彼を殺したんではないか、自分があの時即座に手を伸ばしたら助けられたのかもしれない 
    その件以来、Aは沼に近づく事はなくなった。近づけなかった。 
    沼を避ける事で罪の意識から逃れられ、あの事件の事を忘れられるのではないかと思ったからだ。 


    【その日は20年前のBの・・・】の続きを読む

    950 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/12 04:47:00
    身内に起こった恐い話というか・・ 

    うちの母と何らかの形でトラブルを起こした人 
    (と言ってもオバチャンなので、悪口を言った言わないとかそういうレベル) 
    は、その多くが不幸な目にあっているらしい。 

    ある人は交通事故で半身不随に。ある人は脳出血で倒れ、言葉がうまく喋れなくなり。 
    ある人は事業が傾き会社を畳むことに(単にバブルが弾けただけとも言えるが)。 
    ある人は自宅でボヤをおこし大火傷。 

    マジです。。 


    【身内に起こった恐い話というか・・】の続きを読む

    132 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/03/10 03:42:00
    去年友だちと何人かで飲んでて知り合った女がいて、(可愛くはない)
    「学校卒業して家引き払ったんだけど漫画家に成りたいから漫画描いて
    持ち込みする迄泊めて欲しい」と言って家に押し掛けられ、
    友人の知り合いの手前なので家賃半分だすって事で渋々了解した。
    まあ、特定の彼女も居ないし卒業して進路決めるって大事な事だし、
    休み位しか家に居ないから力になってあげよう。って思った。
    (ダメならダメで諦めて実家に返るだろうな。。。)
     それから家に来て(荷物は紙袋2つ)しばらく漫画?らしき物
    を書いているらしく仕事から返ってくるとカリカリ頑張ってる様なので
    飯を作ってやったりして応援してあげた。何日かたって、
    「漫画出来たの?見せてよ。」って言っても「まだネームだから」
    といって中々見せてくれない。


    【僕の机が日に日にインクで真っ黒く・・・】の続きを読む

    934 : 924 ◆OLv0mH654E [sage] : 投稿日:2003/05/10 21:54:00
    厨房の時の体験。この頃学校に行ってなくて 
    僕の部屋は友達の溜り場になってました。 
    今でも忘れない午前11時18分。 
    年上の友達からの電話で起こされる。 
    「一時頃行くね」それだけの電話でした。 
    前の日に獅子座流星群を見て明け方に寝たので 
    まだ眠くて布団に入ってぼーっと 
    スイッチの入ってないテレビのモニターを 
    見つめていました。 
    (配置は四畳半で布団の足元左にテレビ、 
    足元に廊下に出る引き戸、頭の後ろに曇り窓) 
    電源が入っていないモニターって 
    薄暗い鏡みたいな感じで部屋の中が反射しますよね? 


    【モニターの中の窓の外に突然人影が】の続きを読む

    926 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/08 23:21:00
     ちょっと最近の気になること。 
    私はレジのバイトをしているのですが、どうも最近、見間違いが多くて、、。 
    例えば、レジに並んだお客の後ろに、誰かもう一人いるような気がしてしまう時があるのです。 
    あれ、と思ってよくよく確認してみると、お客は一人しか並んでいません。 
     お箸をもうひとつお付けしますか?とお尋ねしてしまい、 
    お客様に変な顔をされることもあります。 
     いつもお店に来るあのお客さんの後ろにべたーっと張り付くようにしている、 
    黒っぽい影のようなヒトは何なんでしょう、、? 



    927 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/09 00:12:00
    >>926 
    ほんのりと怖さが伝わってきて、イイっすねぇー 
    漏れは時々、マンションの入り口に人のいる気配がするときがあるよ 
    「ん?」と思い直してもう一度見ると、誰もいないんだけど 

    922 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/08 14:09:00
    いつも(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしながら読んでいます。 
    読みっぱなしではアレなんで、私が体験したお話を。 

    10年程前に帰省先から兄と一緒に車で戻る時の事です。 
    深夜に私の運転で箱根の山を上っていると、 
    ちょうどカーブのふくらんだ所に空き地(?)みたいなのがありまして、 
    いつも通る時には全然気にしないでいたのですが、 
    その時には「あ、人がいるなぁ」とチラっと見たんです。 
    その人は車椅子に乗っていて、ブルーと白のストライプのパジャマを着ていて、 
    頭に包帯がグルグル巻いてあったんで、ちょっと不思議な感じがしましたが、 
    そのカーブの上段には確か養護施設の様な物があるので、 
    そこの人が車でも見に来ているのかなぁ?と思った程度だったんです。 
    箱根ですし、走り屋も多くてギャラリーも沢山居るので。 
    通り過ぎてから兄に、 
    「今、人居たよね?車椅子の?」 
    と聞くと、兄も同じ物を見ていたのでちょっと安心したのですが。 

    でも、よく考えたらちょっとおかしいかな?と思ったんですよ。 


    【「今、人居たよね?車椅子の?」】の続きを読む

    890 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/02 15:29:00
    7年間付き合っていた人がいて、物凄く大好きだったんだけど 
    どうしても別れるしかなくなってしまって、別れたことがありました。 
    (自分にとっては、自分の生き方が変るほどすごく辛いことでした) 
    そして、別れた後に仕事で知り合った人がいて、その人とは 
    会った瞬間にお互い「この人と結婚する事になるのでは・・・?」 
    という感覚があり、結局結婚したんです。 

    結婚後半年ほどした頃に、家に無言電話がかかるようになり、 
    私はとっさに、前の彼では?と感じました。 
    何回か無言電話があって暫くした頃から、わたしの頬に 
    くっきりと赤い線が出るようになりました。 
    口の両端から両耳にかけて、痛くも痒くもない赤い線が。 
    痛くも痒くもないんだけどすごく目立つし、触るとそこだけ凄く熱いんです。 
    病院に行っても解らないと言われ、気味が悪くて、、、 


    【やはり元の彼の生霊だということでした】の続きを読む

    828 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/28 03:09:00
     父が酔うとよくするはなし。 

     今はもうさすがにいませんが、昔、野犬の群れってうろついてたじゃないですか。たま 
    に人が襲われたなんて話も聞きましたよね。そんな野犬の群れが家の近所にもいたのだそ 
    うです。 
     十匹近くの群れで、だれも使ってない廃屋を寝倉にしていたそうです。これだけの数に 
    なると子供はいうまでもなく、大人も怖くて近づけない。しかもリーダーの犬が賢いらし 
    く、仕掛けた毒まんじゅうにまったく食いつかず、保険所の野犬狩りも事前に察知してか 
    廃屋に近づくとすでにもぬけの殻。こんな状態が続いたそうです。 
     このままではいつか襲われる人間が出るかもしれない、そんな感じでみんなびくびくし 
    ていたのですが、あるときからぱったり野犬が町に現れなくなった。町のみんなはどこか 
    に行ってしまったと思ったそうです。しかし…… 
     あるとき(夏のはじめごろだったらしい)、廃屋のそばを通りかかった父。すごい異臭に 
    気づいたそうです。どうやら廃屋からする。野犬の根城になっていたことは知っていまし 
    たが、なぜかそのときはどうしても確かめたくなったそうです。最近野犬を見ないという 
    こともあったのでしょうか。 


    【廃屋の中に入るとすごい腐敗臭】の続きを読む

    117 : あなたのうしろに。(1/8)[sage] : 投稿日:2003/03/09 20:55:00
    私の住んでいた町の駅前にはパチンコ屋があるんです。
    ここの駐車場は結構広いほうなんですが、昔はもうちょっと
    狭かったんです。15年程前に拡張したんですが、(グリコ森永事件
    の時にはまだあったと思う。)その拡張した土地、そこに
    何があったか?…と言うと小さな池があったんです。

    その池は、近所の子供達(私を含めて)にこう呼ばれていました。

    「河童池」と……

    その池が、どんな池だったかを説明しますと、
    楕円形で、大きさは25mプールの半分ぐらい。真ん中に橋が
    かかっており、そして小さな「お社」がまつってありました。
    (この辺かなり記憶があいまいです。ちょっとの違いは許してください。)

    その池には、いろんな噂がありました。
    名前の通り、数百年前から『河童』が住んでる…だとか、
    火の玉が浮いてた…とか。そして、
    『幽霊』を見た……という噂もありました。

    昔は、その池の南側一面に田んぼが広がっており、
    そこは、私たち子供にとって絶好の遊び場でした。
    そこで遊んでいると河童池が遠くに見えちゃうんですが、その姿は
    本当に不気味だったんです。
    なんていうか、そこの空気は「澱んでいる」ように私たちには映りました。
    いろんな噂もあり、この池には子供はホントに近づきませんでした。

    【「河童池のたたり…なのか?」】の続きを読む

    62 : すかんぼー[] : 投稿日:2003/02/25 20:21:00
    この話はかなり長くなるので、分割して流します。 
    あれは、まもなく30歳になる長男が、まだ小学6年の時だから20年近くも前の話です。 
    当時、長男小学6年、長女同3年、次女5才、妻と私の5人。 
    その年の春休みに、家族でスキーに行こうと言うことになり、知りあいの生保レディの紹介で、 
    彼女の勤める会社の保養施設に2泊3日で出かけた。 
    場所は蓼科高原。東京を朝出発し、春の気持ちのよいドライブと行楽を楽しみながら、 
    ホテルに着いたのは午後2時か3時頃だったように思う。 
    そこは比較的新しい、社員保養施設といってもオシャレな感じのとても立派なホテルで、 
    彼女の勤める保険会社が福利厚生用にいくつかの部屋と契約しているとのことだった。 
    続く 


    【見たこともない女が私のベッドに馬乗りになり】の続きを読む

    このページのトップヘ