怖い話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    19322J003_TP_V

    彼の家は新興の大きな団地で、開けた山の中腹に在る。
    家から少しの所に小さな公園が作られており、よく散歩に出かけるのだそうだ。

    【ある黄昏時、いつものように公園で一人佇んでいるとすぐ横をタタタッと、まるで幼子が駆けていくような音がした。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    pakuphoto39904PAR57359_TP_V

    彼の家は新興の大きな団地で、開けた山の中腹に在る。
    家から少しの所に小さな公園が作られており、よく散歩に出かけるのだそうだ。
    彼曰く、そこの少し寂れた情景が好きなのだと。

    【ある黄昏時、いつものように公園で一人佇んでいると。 すぐ横をタタタッと、まるで幼子が駆けていくような音がした。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    pk21826PAR512951877_TP_V (1)

    ある夏の夜、若者達が里の裏山の頂上にある神社で宴会をやっていたそうです。
    そのうち「じゃんけんで負けた者を木に縛って置いて行こう」ということになったらしい。

    【じゃんけんで負けた者を木に縛って置いて行こう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    pk21826DJI_00251849_TP_V (1)

    彼の親戚に猟好きな叔父さんがいるそうだ。
    昔、地元で禁忌とされていた山に踏み込んだことがあるのだという。

    【山に入ってすぐに、連れていた猟犬が興奮して走り出し暗い森の奥から犬の悲鳴が聞こえた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bakusanB20210812172059_TP_V

    昔、車に凝っててよく冬以外の週末の夜は元カノと近くのスキー場の
    アクセス道路まで飛ばしにいった。

    【いつものように調子良く飛ばしてたら40~50才ぐらいで小汚い作業服を 着たおっさんのふらふら歩いてる後姿がみえた。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    town32151982_TP_V

    山裾で土木工事に従事していた時のこと。
    現場に入る前、監督員におかしなことを言われたのだという。

    【山から小僧が降りてきたら、その日はもう帰れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mitte602009_TP_V

    庭でカタバミをかき分けながら
    四つ葉のクローバーを探していた小学生の私を見て
    母がクローバーのある所に連れて行ってくれると言った

    【四つ葉のクローバーを探していた小学生の私を見て 母がクローバーのある所に連れて行ってくれると言った】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    zubottydsc036750547_TP_V

    源平合戦の時代から明治維新まで、交通の要衝を見下ろす
    その山では、何度も激戦が繰り広げられた。

    【馬鹿でかい慰霊碑の前では呼吸が苦しく、顔を上げることさえ できなかった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    M3194019A30_TP_V

    きのこ採りに数人で出かけた その中の一人が「穴場を見つけた!」と誘ったからだ
    行ったもののお目当てのきのこが少なく、怪しげなきのこがたくさん生えている

    【「ボク食べたら死にますよ~!」的にベニテングダケが生えていた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    smokeIMGL8987_TP_V

    彼の家の裏山には、既に使われなくなった火葬場跡がある。
    祖父から聞いたところ、ちょっと奇妙な所だったのだそうだ。

    【彼の家の裏山には、既に使われなくなった火葬場跡がある。】の続きを読む

    このページのトップヘ