怖い話

    GAK_mokuseinotukue_TP_V

     中学三年に進級したときのこと 
    学校の机が木目調なんですけど、僕の席の机、どう見ても木目が人の顔だったんですよ 
    気味が悪くて、誰も見てないときに隣の席の千村さんの机とこっそり取り換えてしまったんです 
    それから千村さんの様子がおかしくなりました 

    【木目が人の顔】の続きを読む

    shiosio_dakdjadafwe_TP_V

     が、しかし隣に響いてもおかしくないぐらい音がでかかったそうだ。 
    どこをたたいてもそんな音は出ない。そんな日が続いた。 
    『とにかく原因の分からないラップ音のようだった』と、先生は語った。 

    そしてしばらくたって、大変な事態になった。 

    【H18号室 中編2】の続きを読む

    shiosio_dakdjadafwe_TP_V

     それで友達は『あ…』と言って『○○、ここは俺がしとくからお前は休め!』 
    と、かなり態度が違ったそうだ。そして次の日 
    そして先生は昨日あったことを先輩に言うと 
    『あー、やっぱりか』と言ったらしい。そして先輩は先生に 
    『あの部屋に居て夏までもったのはおまえだけだ』と言った。

    【 H18号室 中編1】の続きを読む

    shiosio_dakdjadafwe_TP_V

     先生はせっかくウトウトしてたのに! とイラッとしていて 
    二段ベッドの一段目から見ていたら、その人は夏なのに、 
    長袖を着ていたそうだ。顔は上の段で隠れていて見えない。 
    そしてその人は一直線にベランダに向かって 
    そのまま戻ってこなかった。その時先生は寝ぼけていたので 
    『誰かが外に涼みに行ったんだ』と思ったらしい。

    【H18号室 前編2】の続きを読む

    NOU72_akashingou_TP_V

    一ヶ月くらい前に友達と遊ぶ約束してて、某交差点を一望出来るすぐ横にあるビルのカフェで友達待ってた時の話 

    友達が来るのを待ち合わせのカフェで待ちながら窓から交差点を何気なく見ていて 

    赤になっても交差点の真ん中にこっちに背を向けて立ってる女がいて、あぶねーなーとか思ってたら信号が青になって車が動き出したわけよ。 

    でも車はその女をすり抜けながらどんどん行き出して、あっこいつ人間じゃねぇんだなって直感でわかった。 

    丁度友達からメール来て、もう着くって来たから返信してまた何気なく窓の外見たらその女こっち見て笑ってた。目が潰れてた。 

    ガチで椅子から転げ落ちた。 

    今はあの場所を歩くのが怖い。歩けない。

    このページのトップヘ