怖い話

誰かたってる!

ELL88_ga-denretasutopaseri20140512090628_TP_V

763 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/08/09(木) 08:19:36.11 ID:53unuMgI0 [1/4回(PC)]
うちの庭。 
よく旦那が「誰かたってる!」とかほざいてる庭です。 
あとご近所で、変な人が庭にいたわよって変質者出没情報がたまに出る庭です。 
うちの犬はよく威嚇してますね、空間に。 
私は全く見た事ないんですけど。


続きを読む

出るんだよ。女の霊が……俺の部屋に 後編

HIRO86_gaitoutozattou_TP_V

628 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/07/05(木) 00:14:28.29 ID:/fwAWn+v0 [6/7回(PC)]
気がつくと僕は病院にいました。ベッドで寝ていたようです。 
手首には包帯が巻かれていました。周囲には点滴の器具のようなものが置いてあります。 
状況が理解できない僕は、しばらくぼーっとしていました。 
すると看護士さんがやってきました。 
なぜ僕が病院にいるのかを尋ねると、看護士さんは「ちょっと待って」と言い、部屋を出て行きました。 
しばらくすると、Bが部屋に入ってきました。とても暗い顔でした。 

「すまない。こんなことになって」 

なぜ謝るのか尋ねると、Bはしばらく黙ったまま、ポツリ、ポツリと話し始めました。 
その内容はこうです。 
Bが自分の部屋で見た女の霊は、なんとBの彼女だったというのです。 
Bはその彼女と、まじめな交際をしていたといいます。 
しかしあるとき、別の女性を好きになってしまった。どうしてもその女性が忘れられず、苦しかったが、別れを切り出したそうです。 
当然、彼女は否定しました。激昂したそうです。なんども話し合ったしそうですが、彼女の理解は得られなかったそうです。 
そこでBは、彼女を一方的にフッて、新しい彼女と一緒に引っ越してしまったというのです。 

友人関係もほとんど犠牲にして、数人にしか伝えず、携帯も替え、今の町へやって来たというのです。 
そして今の仕事を見つけ、しばらくは二人の幸せな日々を過ごしたといいます。 
でも、あるとき異変が起きたそうです。 
新しい彼女が、寝言でおかしなことを言うようになったといいます。 
それが、僕があのとき聞いた言葉、「あなたも、手首を、切るのよ」でした。 

その異変が数週間続いた後、新しい彼女は、バスタブで手首を切って亡くなっていたといいます。 
自殺と判断されましたが、手首を切ったカミソリはBのものだったそうです。 
それから、Bの部屋では、物が勝手に動いたり、無くなったりと異変が起こるようになったそうです。
 
そしてある夜、寝ようとしていたBの耳元で「見ているから」と女の声だけが聞こえたそうです。


続きを読む

出るんだよ。女の霊が……俺の部屋に 中編

HIRO86_gaitoutozattou_TP_V

625 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/07/05(木) 00:11:53.44 ID:/fwAWn+v0 [3/7回(PC)]
わけが分からず、挟まれたまま、何も出来ない状態でした。どんどん胸に食い込んできます。 
「誰か助けて!」 
そう大声を出そうとしました。そのときです、恐ろしいものを見てしまったのは。 
もがく僕の足元を、女の顔が、スゥーと部屋に入っていったんです。それは女の頭部だけで首から下は埋まっているように見えました。 
顔は無表情なのですが、右目と左目を交互に、上下に動かしていました。そして、長い黒髪をズルズルと引きずっていました。 

それを見た瞬間、ドアの力が緩まり、僕は開放されました。 
バランスを崩します。踏ん張って立て直したとき、またドアが閉まりました。 
「うわぁ!」 
僕はとっさに内側にかわしました。閉まった時、「バァン!」という大きな音が響きました。指を挟まれたら千切れていたと思います。 
いっきに冷や汗が吹き出てきました。息も荒くなってます。挟まれた胸はズキズキと痛んでいます。 
そして、さっき見た女の顔を思い出し、背中に悪寒が走りました。 

「あの顔、僕の部屋に入って行ったよな……」 
Bの話が頭をよぎりました。霊に悩まされている――。もしかして、今のも霊? 霊が僕の部屋に来たのか? 
でもBはどこに? もうすぐ着くと電話があったのに。いったい、今、どうなってるんだ? 
疑問が頭の中を駆け巡りました。 

しかし、ゆっくり考えている暇はありませんでした。 

僕の部屋は1Kです。玄関から部屋までの通路にキッチンとユニットバスへのドアがあります。 
通路の先はそのまま部屋につながっています。 
その部屋の照明が「フッ」と消えました。唐突にです。他に照明は点いてなかったので、全部が真っ暗になってしまいました。 
あたりはシーンと静まりかえっています。 
脚がガクガク震えてきました。腰に力が入りません。喉が干上がっていくのが分かりました。


続きを読む

出るんだよ。女の霊が……俺の部屋に 前編

HIRO86_gaitoutozattou_TP_V

623 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/07/05(木) 00:10:28.78 ID:/fwAWn+v0 [1/7回(PC)]
最近、友人の様子がおかしかったんです。 

僕の仕事仲間で友人『B』は、無口だけど頼もしい男です。親友といってもいいくらい信用しています。 
いつも問題を自力で解決する男なので、最初はそれほど心配していなかったんです。 
でも、今回はそうはいきませんでした。身体は日増しに痩せていくし、会社ではグッタリと机にもたれたり、廊下をフラフラ歩いたりしていました。 

悩みか、それとも病気なのか。仕事の休憩中、それとなく聞いてみました。 
しかし「いや、それが、なんていうか……」と、かなり歯切れが悪かったんです。 

僕は語気を強め、問い詰めるように質問しました。すると、ようやく話し始めました。 
「出るんだよ。女の霊が……俺の部屋に」 
まったく予想していない話でした。 
「夜、寝苦しくて目が覚めると、暗い表情の女が枕元に座っていたり、会社から帰ると部屋がバラバラに荒らされてたり……」 
「風呂に入ってても、いきなり何かに足首をつかまれたりするし。あと、勝手にテレビがついたり。……本当に霊が居るんだよ」 
「最初は気のせいと思うくらいの現象ばかりだった。でも最近は……あいつに何をされるか、怖くて眠れないんだ」 
Bは毎日、心霊現象に悩まされているというのです。 
一通り話をして落ち着いたのか、Bの顔は少しだけ和らいだように見えました。 

僕は霊の存在を信じてはいません。少なくともこのときは。 
それでも、Bの気持ちが少しでも楽になるのなら――そう思って、しばらく僕の部屋に泊まるよう提案しました。 
すると、Bの顔が「パッ」と明るくなったんです。 
「いいのか!? 良かった! ありがとう」 
泣き出しそうな顔と、嬉しそうな顔で、Bの顔はグシャグシャになっていました。 

その日の仕事が終わり、一緒に会社を後にしました。 
Bは着替えを取りに、自宅へ行くと言います。僕はついて行こうとしましたが、断られてしまいました。 
「少しくらい、大丈夫だから」 
そう言って、トボトボと歩いて行ってしまいました。それでも、僕と話す前よりは、だいぶしっかりした足取りでした。


続きを読む

サクサク サクサク

C789_kuchitatearaiba_TP_V

589 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/27(水) 17:19:19.77 ID:4fTzMiRH0 [1/1回(PC)]
私がまだまだ新米看護師だった頃。 
夜中の巡回中にトイレから変な音がするから覗きに行った。 
サクサク 
サクサク 
何かにかぶりついてるような音がする。 
当時の病棟は内分泌内科だったから糖尿で食事制限をしている人がたくさんいて、 
こっそりおやつ食べちゃうような患者さんも少なくなかった。 
だからその時もてっきり患者さんが隠れて果物でも食べてるのかと思って見てみたら、 
小便用の便器の前で、患者さんが自分の腹に果物ナイフをサクサク突き刺してた。 
死にたかったらしい。 


別に怖くないか。 



591 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】[sage] 投稿日:2012/06/27(水) 18:33:57.74 ID:ofDS9t/W0 [1/3回(PC)]
>>589 
十分怖いよ!ゾッとした 

今日も出かけてったよ。一時間前に。

YUKI8745_anzendaiichi_TP_V

570 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/24(日) 21:19:48.83 ID:4ItH9ydj0 [1/2回(PC)]
(以下はある日の2chの書き込みの一部である。) 


じわ怖といえば最近の俺のカーチャンだなw 
なんかさー、最近夜中に外に出るんだよ。パジャマ姿で。 
この間寝つけなかった時、玄関の鍵の音がしたんだよ。がちゃって。 
それで気になって窓から玄関の方を見下ろしたら、カーチャンだったんだよ。 
んで、キョロキョロ辺り見まわして公園の方に向かっていったんだよ。 
それから時意識して見るようにしてたんだけど、決まって土曜の夜中みたいだ。 
今日も出かけてったよ。一時間前に。 
でも、そん時にまた窓から見てたらカーチャンと目があったっぽいんだよね…。怖ええw 

まだ帰ってきてないけど、帰ってきたら、っつーか明日なんか言われんのかな 
とか思ったらどうにも眠れんorz 


続きを読む

怖い話大会

SDIM3157_TP_V

553 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/18(月) 15:34:49.17 ID:HzSMkdEa0 [1/1回(PC)]
昨日の夜久しぶりに兄と俺と妹が出くわしたので(普段はお互いの仕事の時間がバラバラで一緒に住んでても全然会わない) 
3人で夜遅くまで色々話をしてた。 
昨日俺は皆既月食を見ようと夜空を見てた時にオレンジ色の謎の大きな発光物体を目撃していて 
その話を切り出したらUFOやら宇宙人やらの話になってやがて怖い話大会になってた。 

妹が友達から聞いた怖い話をしている時に俺ら3人が座ってるテーブルのすぐ近くにある 
網戸の向こうからガサッって音がした。よく野良猫がゴミ袋を漁りに来るから皆それだろうと思って 
特に気にせず話を続けたんだが、同じ部屋にいた飼い犬が網戸の方へ向かって攻撃態勢を取って 
キャンキャン鳴き出した。 
我が家の犬はフレンチブルドッグで滅多な事が無い限り鳴かないから 
様子がおかしいと察知した俺らは話をやめ、兄が網戸へ近づいていった。 
そして網戸を開け外を覗いた瞬間兄が「うわああああああああ!」って大声で叫んだ。 
変な虫でもいたのか驚かしているのかなと思ってどうしたの?と聞くと 
「そこに誰かがうずくまってる!」ってマジな顔で言うもんだから急いで見に行くと 
我が家の庭を20歳ぐらいの若い女が走り去っていく姿が見えた。 

兄が見た時は網戸を開けたすぐ下の俺らから死角になってる部分に 
その女がうずくまってたらしい。 
大柄な兄があまりにびっくりしてその後しばらくガクブルしてたのは笑えたが怖かった。 
何がしたかったんだ・・・ 

だいぶ昔にも勝手に庭にあるミニ畑で育ててたプチトマトを茎ごとむさぼりくって 
逃げていく浮浪者みたいな奴を見たし変な奴いっぱいで怖い。



554 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/18(月) 18:46:42.75 ID:NPGMzCnvO [1/1回(携帯)]
>>553 仲良し家族かw 
兄妹で怖い話大会、って何かいいな 
悪いけどほのぼの兄妹に萌えたわw 
ちっとも怖くねえ、うらやま死刑ww

君、菌輪という言葉を知ってるか? 後編

N874_cyairokuirodukuyamayama_TP_V

519 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/11(月) 18:33:44.54 ID:cpaKF/Su0 [3/4回(PC)]
それを見たときに私は、不謹慎かもしれませんがテレビドラマなどで警察官が死体のあった場所に描く 
人型の白線を思い浮かべてしまいました。 
「こんなふうに生えるには、われわれには想像もつかない理由があるのかもしれないね」 
私は数こそ出るものの大物が釣れない今回の釣果には満足していませんでしたので、 
さらに奥まで入り二日後に引き返してくることにしていました。 
その方はまだここにいるとのことでしたので、再開を約束してその場は別れました。 

かなり体力を消耗しましたが奥には大きな岩魚がおり、私は十分に堪能してその場所に引き返してきました。 
もう夕方になっていたので、いっしょにテントを並べて一泊しようと思ったのです。 
はたしてカーキ色のテントはそこにありました。まだ寝るには早い時間と思い中に声をかけてみました。 
「・・・うううっ、誰だ」その方の声ですが妙にくぐもっています。 
「二日前に通った者です。どうしました、具合でも悪いんですか?」と私。 
「・・・いや何でもないちょっと怪我をしたんだ。それよりここに泊まるんじゃない。もっと下れ」 

単独行で怖いのはやはり怪我です。滝登りなどで足を滑らせて骨折でもしたりすると命取りになります。 
特にこのような人の来ない場所では。「大丈夫ですか、麓から応援を呼んできましょうか?」 
「いやいらない。・・・あんたはこの場を立ち去れ、早く夜がくる前に」 
「いや、そうは言っても・・・」 
するとテントの前でかがんで話している私の前に、ジッパーの間からぬっと枯れ木のようなものが突き出されたのです。 
びっしりと生白い茸が生えた、人の手であってそうではないようなおぞましいもの。


続きを読む

君、菌輪という言葉を知ってるか? 前編

N874_cyairokuirodukuyamayama_TP_V

517 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/11(月) 18:32:49.14 ID:cpaKF/Su0 [1/4回(PC)]
もう二十年も前になりますが山で体験したことを書きます。 
私は当時釣りにこっていまして、一口に釣りといってもいろいろなジャンルがありますが、 
その頃は山行をかねての渓流釣りがメインでした。 
むろん竿と大荷物を背負ってですので、山行といってもハードな山登りではありません。 

秋の連休に年休をプラスして一週間以上の休みをとり、 
場所は詳しくは言えませんが、東北のA岳近くの渓流への単独行を計画したのです。 
関東からはずいぶん長距離のドライブでしたが、 
休み屋の駐車場に車をあずかってもらい沢へと入りました。 
好天に恵まれ、釣っては放流をくり返しながら水源のほうへと登っていきました。 

二日目に入って、川の岸辺に木がなく一反歩ほどの草地になっているところに出ました。 
こういう場所は、たいがいは林でなくとも灌木のおい茂る藪になっているものですが、 
短い草がびっしりと生えていてテントを張るにはまさにうってつけです。 
そしてやはり先客が張ったらしいカーキ色のテントがありました。 
その人は河原に出て竿を出していて、私の姿を見つけると気軽に声をかけてくれました。 


続きを読む

古い神社にこれから死にますという報告

ELFA_DSC05574_TP_V

503 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/09(土) 16:14:22.28 ID:K12mg2qN0 [1/3回(PC)]

もうだいぶ前のことになりますが、当時私は金属加工の小さな工場を経営していて 
折からの不況もあってその経営に行き詰まっていました。 
そしてお恥ずかしい話ですが自殺を考えたのです。 

もう子供たちは成人しておりましたし、負債は生命保険で何とかできると思われる額でした。 
今にして思えば何とでも道はあったのですが、精神的に追い詰められるとはあのことでしょう。 
その時はそれしか考えられなくなっていました。 

五月の連休の期間に家族には告げずに郷里に帰りました。 
郷里といってももう実家は存在していなかったのですが、 
自分が子供の頃に遊んだ山河は残っていました。 

この帰郷の目的は、裏山にある古い神社にこれから死にますという報告をしようと思ったことです。 
昔檀家だった寺もあったのですが、住職やその家族に会って現況をあれこれ聞かれるのが嫌で 
そこに行くことは考えませんでした。


続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
速報では無いけれど,怖い話,不可解な話,悲しい話等,カテゴリー別にオカルトな話題毎日更新中!
スポンサードリンク
メールはこちら