不可解な話

    ZUBDSC_1021_TP_V

    俺のひいばあちゃんは亡くなるまで生まれ育った村を離れなかった。 
    まぁ、俺やじっちゃんの家が近かったからってのもあるかもしれんが 
    あの歳で1人で暮らしてたのは凄いなって思う。 
    その村にはよく遊びに行ってた。

    【ひいばあちゃんは亡くなるまで生まれ育った村を離れなかった】の続きを読む

    gohan151214148676_TP_V

    大学時代、登山サークルに所属していた。 
    田舎の大学だったので近場に登れる山がいくつかあり、そこそこの規模のサークルだった。 
    そのサークルの先輩に尾久(仮名)という、単位を落としまくっても山に登るサークル一の登山馬鹿の男が居た。 

    【箸がまっすぐ突き立てられた山盛りのどんぶり飯】の続きを読む

    Macbookpro2017-021-Edit_TP_V

    先日、「心霊病棟」の本当のラップ音という動画を拝見したんだ。 

    動画の雰囲気もあって、音自体にはどこか悲しく、どこか怒りに満ちている様な印象を感じたけど視聴中は不思議と恐怖は無かった。 

    【「心霊病棟」の本当のラップ音という動画を拝見した】の続きを読む

    20140323-P3230720_TP_V

    太郎たちの両親もそこにいたけど、泣きながら俺を見ていたが黙ってた。そこで俺は自分の体が動かないことに気づいた。縛られてたわけじゃないのに、何故か動かない。 
    声も出せない、ただ目が開けられるだけの状態。なんだこれ?と、またパニックになってたら、太郎の婆ちゃんがやっと話しかけてきた。 
    「梅ぼん、婆ちゃんの右の目、見てみい」 

    【マガガミ様 後編】の続きを読む

    このページのトップヘ