不可解な話

    297 : 258[] : 投稿日:2003/06/07 23:38:00
    小学3、4年の時のことです。 
    ある夏の日の夜、何するでもなく部屋で寝転んでいました。 
    時刻は午後8時ころで、カエルの鳴き声を除いてあたりは静かでした。 
    そんな中、外で何人かの話声とサンダルを引きずる音が聞こえました。 
    花火でも始めるのだろうと思い外を眺めてみましたが、 
    歩いて談笑している人はいませんでした。 
    その代わり、うずくまっているような3人の男(多分)が見えました。 
    田んぼを背に横一列に並んでいて、窓の僕と向かい合う形になっていました。 
    暗くてはっきりとは見えませんでしたが、足元からぼんやりと明かりがもれているので、 
    線香花火をしているのだろうと思いました。 
    しばらく見守っていて、向かって左の人から顔を上げ始めました。 
    右端の人が顔を上げたとき、僕と目が合いました。 
    ニヤリと顔を歪ませたように覚えています。 
    それから、驚く間もなく雷が落ちたのを聞き、続いて笑い声が起こりました。 
    気を取り直すと、いつものようにカエルがわめいています。3人は姿を消していました。 

    カエルや田んぼとローカルを晒してしまいました。 
    後日、人並に心霊体験をしたと思い、多少喜んでいましたが、何か違うんです。 
    皆の怖い話は、出来事から他人の因縁話が展開されるんですけど、 
    僕のは偶然見て放置されている。 
    よって、話しても怖くないと。煙に巻かれた思いです。 
    それに、音に誘われブツを見て雷に終わると、体験にしては話がまとまり過ぎているので、 
    今では夢を見てたんだろうと思っています。 
    もしかすると紛らわしい連中が煙草を吸っていただけかもしれません。 

    198 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/06/05 15:58:00
    このスレ読んでて思い出したよ。俺にも不思議な記憶があった。 

    俺が5~6歳のころかな?俺はいたずら好きな悪ガキで、 
    よく親に怒られていたんだけど、怒られたらすぐに泣きながら 
    「こんな家出てってやるー」って言って家出して、夕御飯には帰ってきてたのね。 
    んで、ある日こっぴどく怒られて、もう家になんか帰るかと思った俺は 
    夜遅くまで、いろんなところをうろうろしてたんだ。 
    その日は月がとっても大きくて、そしてとても真っ赤な色をしていた。 
    んで、寂しくなってきたし、お腹もすいたからそろそろ帰ろうかなって思って、 
    家のほうに向かって歩いてたんだけど、その途中にいつも更地だった場所に店があったんだ。 
    その店は、レンガ作りのような感じで、中がとても明るくて、緑と赤の看板が出ていた。 
    でも、お店の中にはだーれもいなかった。なんだか怖くなって大急ぎで帰ったんだ。 
    んで、家に帰って家族に「あの更地にお店があったんだ!」って話しても、 
    何いってるんだ?お前みたいな反応しか返ってこなかった。 
    んで、次の日その更地にいってみたんだけど、やっぱりお店は無かった。 

    その後、親父の転勤で他の土地に引っ越した。 
    引っ越して十数年経ってから、仕事の都合で昔我が家があった場所の近くまで行くことがあったんだ。 
    仕事もそこそこに切り上げて、この辺もなつかしいぁっと思いながら歩いていた時に、 
    小腹が空いたので、セブンイレブンに寄ったんだ。 
    昔はコンビニなんてなかったなぁとか思いながら、肉まん食べているとハッ!と思い出した。 
    そのセブンイレブンが出来た場所は例のお店を見た更地で、 
    俺が見たあのお店はこのセブンイレブンだったんだってね。 

    あのときの俺はタイムスリップでもしていたんだろうか・・・? 

    長文スマン 

     
    【脳の錯覚云々でもいいからそんな体験してみてえ】の続きを読む

    177 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/06/04 22:44:00
    実話。1974年頃。 
    小2の時、ある朝学校に行ったら自分の教室が荒らされていた。 
    皆の算数セットや体操着がばらまかれて。 
    机が何故か全部さかさま。 

    そして、赤いマジック、クレヨン、絵の具、それらであちこち 
    汚されてた。天井まで。 
    で、そこらじゅうに「○○○○がやった」 
    と、同じく赤い字で書かれていた。 
    ○○○○、とは私の名前。勿論私はやっていない。 
    こわかった。 
    当時は宇宙人の仕業と噂になった。 
    親は「そういえばそんなことがあったね・・」と・・・ 
    まあ、誰も本気にしなかったからその後いじめとかそんなのはなかった 
    けど。 
    何だったんだ? 

    109 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/06/01 23:09:00
    小学校低学年くらいまでの話。はじまりは覚えていません。 
    後ろに向かって手を伸ばすと、必ず誰かが手を握ってくれました。 
    自分の後ろにいるわけだから、もちろん姿は見えません。 
    なぜか「見てはいけない」と思っていたので(理由があったのかもしれないが) 
    後ろは振り向きませんでした。 
    手の感触はしわしわで、おばあちゃんのような手でした。 
    一人きりのときも、友達と一緒のときも。 
    もちろん、実際には誰もいないのに、私の手を握る感覚だけがあるのです。 
    恐怖や疑問はなく、安心感のようなものがありました。 
    いつものように後ろに手を伸ばし、その「何か」と手をつないでいる時、 
    ふ、と一瞬後ろを振り向いてしまった事がありました。 
    そこには誰もいなかったのですが、 
    私と手をつなぐぼんやりとした手(腕)だけがありました。 
    やっぱりしわしわの手で、うっすらと見えたカーディガンの袖が 
    薄いベージュだった事も覚えています。 

    いつから手をつなぐ事が出来なくなってしまったのかはわかりません。 
    結局、あの「手」が何だったのかもわかりません。 
    記憶だけはハッキリしているんですが… 

    長レスすみませんでした。 


    【おばあちゃんのような手】の続きを読む

    4 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/21 22:36:00
    実は、ずーっと気になっていることがあるんだ。 
    子供の頃(多分3才ぐらい)、 
    近所に生まれたて(と記憶している)の赤ちゃんが居た。 
    その赤ちゃんとおかあさんがうちに遊びに来た時、 
    うちの庭で赤ちゃんを抱っこさせてもらって・・・ 
    ここからの記憶が曖昧なんだけど・・・ 

    そのとき、すごい力で抱きしめたものだから、 
    その赤ちゃんが死んでしまった  
    ような気がする 
    もちろん実際にそんなことがあればその事件は有名(?)だろうし 
    自分ももう大人なので何かしら両親から本当のことを聞かされているだろうし 
    今でもその赤ちゃんの家族に賠償しているだろうし 
    上記のことが一切無いからもちろん妄想なんだけど・・・ 
    やけにリアルなんだよね・・その記憶が 



    5 : 4[] : 投稿日:2003/05/21 22:38:00
    あ、「曖昧」と書いておきながら「リアル」って書いてあるな 
    我ながら矛盾してスマソ。でも本当に「曖昧でリアル」なんだよ。 
    変な感覚。 



    6 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/22 01:01:00
    三歳児が思いっきり抱きしめたとしても、死なないと思うぞ。 
    「力を込めた」という記憶が、「死」と結合してしまったのだろう。 

    344 : コピペ1/2[sage] : 投稿日:2003/06/24 05:23:00
    神戸市に住む渡辺義弘さんは、喫茶店のマスター。 
    地震のあった17日午前5時46分、渡辺さんは自宅にいた。 

    すさまじい揺れで家具はめちゃくちゃに倒れ、机やタンスが倒れ掛かったりしたが、 
    幸運なことに渡辺さん一家はだれもケガはしなかった。 

    そして、もっと不思議なのが三宮の喫茶店だった。 

    実際に渡辺さんが店に入ったのは2月になってからだが、 
    周囲はひどい状況で、隣の店も中がぐしゃぐしゃだった。 
    それを見た渡辺さんはうちももう商売できないのではと考えた。 

    しかし、店のシャッターを開けて、驚いた。 
    多少机の向きが歪んでいたものの、シュガーポットなど机の上に置いていたものは 
    すべてそのままで残っており、内装もドアも窓もなにひとつ壊れていなかったのだ。 

    被害は「グラスとコーヒーカップが数個割れた程度」ですんだという、 
    周りの惨状からするとまさに奇跡的な状況だったのである。 


    【もしも『5時46分』以降の名前が付けられていたら】の続きを読む

    341 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/06/24 04:41:00
    よくある虫の知らせのたぐいかも知れないけど、10数年前のこと。 
    お盆で親戚がワイワイ帰省してきてて、3日ほど地元で過ごし 
    さて帰ろうかという日、朝、車のエンジンがかからなくなった。 
    しかも4台どれも全部。家のもイトコのもオジサン達のも。 
    ルルルって音はするんだけど、どうしてもセルがかからない。 
    4台とも全部が全部動かないので皆困り果てて、JAFにでも 
    電話して修理してもらうしか・・・と相談してるところに病院から電話が。 
    長~いこと入院してたバアチャンが危篤だと。 
    でも車はどれも動かないし・・・どうしよう・・・と思いつつ 
    「もしや?」という気がして、試しにもう一度エンジンをかけたら、 
    今度は一発でかかった。4台とも。 

    それから皆であわてて病院にかけつけたけど、バアチャンの最後には 
    残念ながら誰も間に合わなかった。(病院まで車で30分あるので) 
    でも、それからすぐに通夜の支度やら何やら手配したりして、 
    親族は誰もトンボ帰りにはならずに済んだんだよね。 
    あれは絶対バアチャンがみなが帰るのをとめたんだと思った。 
    偶然にしてはできすぎだったよなあと、今でも親戚で話題になる。 

    259 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/06/22 10:38:00
    子供の頃、田舎のおじいちゃんの家で、ひと夏過ごした事がある。 
    ある日、沢までわさびを取りに山の奥までおじいちゃんと行った時のこと。 
    町の人がその場所まで分け入った細い道が出来ている。 
    季節は夏で、青々とした雑草やらシダやらが、その細い道を覆っているが 
    踏み込んだ後が見える道だった。 
    行きは30分くらいで沢まで着き、わさびを食べる分だけ取ってくる。 
    根わさびは、しょう油か味噌と混ぜ合わせて 
    熱々のごはんに乗っけて食べると格別の美味しさなんだけど 
    まぁそれは置いといて…。 

    そろそろ帰ろうと元来た道を引き返した。 
    が…、1時間歩いても家に帰れない。 

    細い道を辿って、というか道はちゃんと合ってる。 
    目立つ木の位置も、群生してる花の位置もそのまま。 
    迷った?でもそんな事ありえない、おじいちゃんは山歩きが趣味で 
    この辺りはいわば庭みたいなものだ。 

    おじいちゃんは、立ち止まって適当な木の下に腰を下ろした。 
    「心配すんな、こういうのはたまにある」 
    そう言うと、煙草を一本吸い出した。 
    プカーと煙を吐き出し終わると、ドッコイショと言いながら立ち上がり 
    また歩き出した。 
    俺は、幼いながらも何だか釈然としない気分でいた。 
    きっと変な顔をしていたんだろう。 
    おじいちゃんが俺に言った。 
    「煙を出すとちゃんと帰れるからな~」 

    その後、10分ほど歩いてちゃんと家に着いた。 

     
    【「煙を出すとちゃんと帰れるからな~」】の続きを読む

    254 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/06/22 08:10:00
    師についでにひとつ。 
    おれが3歳か4歳か位の時・・・ 
    母親に布団に入って寝なさいと言われ 
    しぶしぶ布団にもぐりこんだんだが、なかなか寝付けずにいて 
    横で寝てる母親に怒られるのもいやだし寝たふりをして 
    母親の目をごまかしてたわけ。 
    そしたら俺を寝かしつけてる母親の方が先に寝ちゃって 
    俺はますます目がさえちゃって困ってたんだよ。 
    そのとき足元の方向の壁に目をやると、カレンダーが目に入った来た。 
    当時 部屋の壁には「ローラーゲーム」・・・ 
    (だったとおもうんだが、たしかローラースケートをはいて相手チームの 
     選手を転ばせたりするゲーム  記憶ちがいならスマソ) 
    のチームのユニホームを着た外国人選手の写真のカレンダーがはってあった。 
    豆電球だけの薄暗い部屋でそのカレンダーが妙に気になった。 
    暗いのではっきりは見えないんだが、その時は写真がいつもと違ってみえた。 
    写真の女性はたしかバストトップで撮られたものだったんだが、 
    そのとき目に入った写真は全身写ってる写真だった。 
    驚いて逆に目を凝らしてカレンダーを見つめてしまった。そしたら・・・ 
    写真の女性が動き出したのだ。そして写真が写っている範囲から歩いて 
    消えてしまったり、また戻ってきたりしている。 
    そのカレンダーから目が離せなくなり、しばらく見ていたが怖くなり 
    布団にもぐったら、何時の間にか寝てしまったらしい。 
    翌朝昨日の出来事を母親に話し、そのカレンダーははがしてもらった。 
    いつもと変わらないバストトップで撮られた女性がほほえんでいたが・・・ 
    単に寝ぼけてたのか? 自分としては結構覚醒していたと思うんだが。 
    幼年期の成長過程の不安定な脳が見せた幻だろうか。 
    長文 乱文スマソ  

     
    【やはり熱か妄想による幻覚なんだと思っている】の続きを読む

    105 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/06/18 00:11:00
    地獄先生ぬーべーで 
    「朝のクモはおにでも生かせ。夜のクモは親でも殺せ」 
    とかいうおばあちゃんの知恵があったが 
    蜘蛛は朝は益虫夜は害虫なのだろうか 


    【我が家では「蜘蛛は殺さず、ご挨拶」がルール】の続きを読む

    このページのトップヘ