不可解な話

    273 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/09 23:16:00
    今でもまったく意味の分からない体験。 

    大学の中庭を友人二人と歩いていた時、自分の両側を 
    歩いていた二人が同時に「おわっ!」とビックリしたような声を上げた。 
    二人ともこちらの頭を見て固まってしまっている。 
    何故頭を見られているのかわからず、頭に何か付いているのか?と思い 
    掲示板(板に透明のプラスチックが貼り付けられているやつ。 
    角度によっては鏡みたいに綺麗に姿が映る) 
    をチラッと見たら自分の頭の上に小学校低学年ぐらいの少年が 
    片足で立ってた。 
    「おおおっ!?」っと思わず声が出て腰が抜けそうになった。 
    すると頭の上の少年がフラフラとしたので「落ちたら危ない!」と思い 
    足を手で掴もうとしたらフッと少年は消えてしまった。 
    三人とも今何が起きたのか理解できずに呆然と立ち尽くしてた。 

    一体これは何だったのかと。 

    254 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/09 04:52:00
    恐い話でもないんだけど、なんか眠れなかったんで思い出したことを一つ 

    昔、MZ-2500っていうPCで「レリクス」ってゲームやってたときのこと 
    戦いながら迷路を脱出するってゲームで、弟と交代でやってたんだけど、 
    ガキ特有の集中力の無さでマッピングなんか全然してなくて、 
    闇雲に「次は右」「次は左」と適当に走った結果、同じ所をぐるぐる迷子になってた。 
    いいかげんイライラして、「もう、どこでも良いから別の面に行きてぇ」って叫んだ瞬間、 
    画面が一瞬バグって、これまで行ってない部屋に飛んでいた。 

    ゲームは本来、廊下を横から見た画面で左右に移動し、別の廊下や部屋に行くには 
    廊下の途中にある階段の入り口の所で上方向にキーを押すようになってた 
    でも、問題の瞬間は階段が無い場所で、イラついて横方向に走りっぱなしだったはず 

    で、そのはじめて見る部屋に飛んだは良いけど、キャラは壁にめり込んで動けない状態 
    しょうがないから再起動して同じ場所で同じように操作してみた 
    (ドラクエのみたいに「通れる壁、隠し扉」があったのかと考えて) 
    でも、何も起こらない。キャラは廊下の端の壁にぶつかってむなしく足踏みしてるだけ 

    結局はマッピングしてそのゲームは解けたんだけど、このあまりにもタイミングの良いバグが記憶に残ってる 
    だれかこのゲームのこと知ってる人いない? 


    【機械は人間の意志を読み取るってよく言いますからね】の続きを読む

    192 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/07 00:25:00
    うちのばあちゃん。 

    10数年前、まだ足腰がしゃんとしてた頃、 
    村落から山の中に向かう一本道沿いに畑を借りて野菜を作ってた。 

    ある日、家を出て畑に向かうと、一本道の先に向かいの家のばさまが歩いている。 
    向かいのばさまは振り返り、にこにこしながら手を振ったそうな。 
    追いつこうとうちのばあちゃん、少しばかり足取りを速めるが、向かいのばさまには追いつけない。 
    向かいのばさまは少し歩いては立ち止って振り返り、にこにこと手を振るだけ。 
    何度目かに手を振られて、うちのばあちゃん、はたと気づいた。 

    狐だ。 

    畑仕事は今日はやめ、ということにして慌てて引き返し、家に入ろうとしたところで 
    向かいのばさまが自分の家から出てきてあいさつしたそうな。 

    ばあちゃんが歩いてきたのは一本道。向かいのばさまはばあちゃんを追い越してはいない。 
    道の両側は畑と山、そこをつっきって追い越せばすぐに分かる。ましていいトシのばさま、 
    畑を突っ切ってばあちゃんより先に村落に戻ってくることなどできるはずがない。 


    この話を聞いたとき真っ先に思ったのが、「キタキツネも人を化かすのね」ということでした。 
    ばあちゃんは北海道在住です。 



    193 : 元北海道人[sage] : 投稿日:2003/05/07 17:39:00
    >>192 
    北海道は狐に化かされる話は多いですよ。狸がほとんどいないだけに余計に。 
    開拓期には特にそのような話が多かったようです。 

    20 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/05 13:45:00
    俺のばあちゃんが子供だった頃、家で猫を飼ってたらしい。 
    で、ばあちゃんの父ちゃん(以下ひいじいさん)が畑仕事から帰る時間になると、 
    決まってその猫が迎えに行ってたんだと。 
    ある日、いつもの時間よりだいぶ遅くなってから猫が迎えに来たことがあった。 
    ひいじいさんは猫に向かって 
    「今日は随分遅かったなぁ。心配したぞ」と何となく言ったそうだ。 
    すると驚いたことにその猫が 
    「今日はおじやが熱くて食べるのに時間かかった」とつぶやいたそうだ。 
    家に帰ってばあちゃんの母ちゃんに、さっきの話しは伏せておいて 
    「猫が来るのが今日は遅かったなぁ」とそれとなく言ってみると、 
    「あぁ、今日はおじやが熱かったみたいで、随分食べるのに時間かかってたみたいで」 
    と猫が言ったことと全く同じ答えが返って来たそうだ。 

    それ以来何だか怖くなったひいじいさんは、その猫ににぎり飯を背負わせ、 
    「おまえは多分化け猫だ。人間とは一緒に暮せねえ。元気で暮せ」と山に捨てたと言うことだ。 
    その話しを聞くたびに、猫が可愛そうで納得がいかなかった。 



    21 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/05 13:51:00
    面白い! 
    化け猫ならきっとうまく暮らしていってるよ。 



    32 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/07 14:07:00
    >>20 
    杉浦日向子の百物語でもネコが婆さんに話しかけるっていう話があった。 
    でもその婆さんはふつうにあしらってたけどね。ちょっとほのぼのした話。 

    242 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/11 18:58:00
    結婚式の日「花嫁さんが縁側から出て行く」という慣わしのある地域の人います? 
    「縁側から出て行くと戻って来れない」みたいな言い伝えが先にあって、 
    嫁入り先から戻って来れないように(離婚しないように)そうするんだったと 
    思うけど、私も友達から聞いてビックリしたくらいだから、全国的ではないよね。 



    254 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/12 17:13:00
    >>242 
    わたし、結婚式の日に縁側から出て嫁に行きましたよ! 
    花嫁姿で近所の人が見守る中を縁側から出て行きました。 
    故郷は岐阜県ですが、近所のほとんどの家でそういう習慣があります。 

    婚礼の荷物を新居に運ぶときには、絶対に車はバックさせてはならないので、 
    (離縁されて戻ってこないように) 
    婚礼道具を運ぶトラックの先導車にはご祝儀(5000円くらい)を持った人が乗ります。 
    狭い道で車の行き違いが出来ないときには、その人が降りていって対抗車にご祝儀を渡して 
    バックしてくれるよう頼みに行くわけです。 

    206 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/07 22:08:00
    「夜爪を切ると親の死に目に会えない」は、 

    江戸時代、お城の門番で夜間の勤務を夜詰めといっていました。 
    その仕事はとても重要で、たとえ親が死にそうになっても家に帰れませんでした。 
    それから夜詰めは親の死に目に会えないということで、「夜爪」も縁起悪いこととなった。 

    っていう説も有名でつ。 



    208 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/07 23:40:00
    夜爪を切ると親の死に目に会えない、というのは 
    夜爪を切る→世を詰めるに通じてしまい、自分の寿命が縮んで親より先に死ぬからと聞いた。 

    あと、前のほうの夜に洗濯物を干してはいけない、というのは、 
    夜にウブメ(妖怪)が来て子供の洗濯物に血をつけて印にし、取り殺してしまうからという 
    言い伝えが元になっていると思う。 



    198 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/06 21:39:00
    金目銀目のネコは縁起が良い、と子供の頃に祖母から聞いたが 
    これが海沿いの地区では「天気を良く当てる」っていわれてる事を 
    後から知った。 
    大昔は金目銀目のネコは漁師が言い値で買って行ったなんて話も聞きました。 

    それと・・・・鉢割れ(柄が真ん中で別れてる)のネコは縁起が悪いと。 
    飼うと夫婦仲が割れる、飼い主が早死にするってのが理由です。 
    いやはや、魔性の動物もご苦労です。w 



    199 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/07 00:18:00
    >>198 
    手足の先が白い、いわゆる“足袋を履いてる”犬・猫がよくないというのを 
    聞いたことがあるんですが、何がよくないのかは忘れてしまいました。 
    長生きしない?? 



    203 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/07 18:30:00
    >>199 
    「足袋をはいている猫はねずみを取らない=悪い。」 
    と言うのは聞いたことあるよ。 
    たぶん、暗闇でも「あ、猫が近づいてくる」ってのが鼠にわかりやすいから 
    じゃないかと思うんだけど。 

    136 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/30 18:35:00
    うちの地方では、雨が良く降った日にタコが芋を狙って陸に上がって来ると言う言い伝えがある。 
    芋と言ってもサツマイモなんかじゃなく、「くわいも」と言う 
    見かけはおたまじゃくしみたいな形で、食べた感じがサトイモみたいな小さな芋。 
    実際、この芋を餌に地元の漁師はタコを釣るが、これが結構良く釣れる。 
    タコが本当に芋を食べに陸に上がって来るかどうかはわからないが、 
    奴等がこの芋の味を知っているのが実に不思議な話。 


    【タコが芋を狙って陸に上がって来ると言う言い伝え】の続きを読む

    68 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/27 04:54:00
    梅干の種の中身は食べては駄目っていう話を 
    子供の頃聞いた事があります。 
    観音様がいるからだそうです・・・ 
    なんでだろ?スイカの種とか消化の悪いものを食べると 
    盲腸になるって事も聞いたことあります。 
    あんまり怖くなかったですね・・・(;´Д`) 



    69 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/27 05:04:00
    >>68 
    うちの地方では天神様でした。 
    ところで梅の種ってあまり体に良く無い成分が含まれてた様な気が...違った? 



    73 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/27 07:37:00
    >>69 
    シアン化合物が入っているんじゃなかったかな。 



    74 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/27 08:22:00
    >>73 
    梅の実が青い時には含まれていますが、熟成すると無害になります。 



    71 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/27 05:23:00
    >>69 
    梅干にすると消える筈 

    61 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/26 10:31:00
    弟が通っていた幼稚園のいただきますの挨拶・・・ 

    ののさまののさまいただきます 
    お父さんお母さんいただきます 
    お姉さんお兄さんいただきます 
    おじいさんおばあさんいただきます 
    農家のお百姓さんいただきます 
    遠い国の~なんたらかんたら~いただきます 
    ・・・・以下延々・・・・・(覚えてない;) 
    最後に先生みなさんいただきます。 

    でやっと食べれたみたい。 



    63 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/26 14:44:00
    >>61 
    宗教法人が経営する幼稚園だったんですか? 
    「ののさま」って誰だろう。 



    65 : 1[sage] : 投稿日:2003/04/26 18:10:00
    「ののさま」というのは小さな子供の言葉で仏様の事 
    だそうです。 



    66 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/26 21:10:00
    お寺の幼稚園だったです。 
    毎朝幼稚園前の、のの様像にむかって 
    「のの様おはようございます」と言わされていた弟。 

    ・・・。ちょっとコワヒ; 

    このページのトップヘ