不可解な話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    411 本当にあった怖い名無し sage 2007/07/22(日) 13:56:15 ID:88hfBSrq0 
    去年、母が病死(癌)してしまった。 
    病気が発見された時には既に手遅れの状態で病院でターミナルケアを受けながら 
    間もなく訪れるであろう死を待つしかなかった。 
    宣告されていた余命が1ヵ月を切った頃から、俺と父と妹の3人がそれぞれ交代で 
    病院に泊まり、母の看病をしていたが、俺の泊まり番の時に不可解な事が起きた。 
      
    死の2日前からは意識不明となったのだけれど、仕事や看病が続き、疲れていた俺は 
    傍らで眠り続ける母の寝顔を見ているうちに、うとうとしてしまいベッドに突っ伏すように 
    寝入ってしまっていた。(目覚めて気付くとそうなったいた。) 
    時刻は夜中の2時過ぎ。うたた寝していた時間は1時間弱だったと思うけど 
    目覚めた俺の肩にはバスタオルが羽織るように掛けられていた。 
    そのバスタオルとは母の看病のために病院に持ちこんでいたもので、確かその時には 
    テレビ台の下の引き出しにしまってあった筈だった。 
    不思議になったので、すぐに夜勤の看護師を呼び出し「肩に掛けませんでしたか?」と 
    尋ねてみたが、驚きの表情を浮かべて「掛けていません。不思議な事もあるもんですね…」 
    と答えが返ってきただけだったが、その次に続いた言葉何んとも言えない気持ちになった。 
    「ひょっとして…お母さんかも知れませんよ…」 
      
    この出来事は他の家族には話をしていない。話をしたところで信じてもらえないだろうから… 

     
    【ひょっとして…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    81 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/07/22(日) 03:55:47 ID:O/+AmpWX0 [1/4回(PC)]
    昨年の春先、仕事上の事で体力的というより精神的にまいって 
    いた時がありました。 
    同じような日々の繰り返しなのですが、それがかえって徐々に 
    締め付けてくるように気持ちを蝕んできました。 

    そんなある日、9時ごろに仕事を終えた私は、気分転換にひとつ 
    となりの駅から帰ることにしました。 
    となりの駅といっても徒歩20分もかからず、散歩に丁度いい 
    といった所です。 
    しばらく味気のない通りを進み適当な所で曲がると、昔ながら 
    の住宅街という場所にでました。 
    モダンな家も多かったですが、重厚感のある木造の家も幾つか 
    ありました。 
    まさに、昭和だな・・ 
    そんな事も思いつつ、なんとなく懐かしい気持ちになって進むと 
    左手に小さな祠を見つけました。 
    その祠は家の神棚くらいの大きさしかありませんでしたが、 
    近所の人が世話をされているのか綺麗に整えられていました。 
    私は祠の真横までくると、なんともなしに祠に正面を向き、 
    軽く会釈しました。

     
    【祠の左からヌッと大きな猫】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    121 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:04/09/05 14:13 ID:P/BPHMpa [1/2回]
    怖いというか気味の悪い話。 
    俺の従兄弟で「てっちゃん」というすごく勉強できる真面目君がいた。 
    てっちゃんは体格はぽっちゃりしてるが、物静かで温和で学校でもみ 
    んなから信頼されてたと聞いた。うちの親族はみな大学まで出てる奴 
    など少数で、不良とか悪い奴はいないけど、まあ頭の出来の悪い家系 
    だった(笑)。そんななかでてっちゃんは、学校ではいつも1番!親 
    御さんも熱心でわざわざ東京の塾まで通わせて、模試なんかでも塾の 
    学費が免除になるくらい勉強ができたらしい。 
    で、てっちゃんが18の高校3年になった時のこと。俺は前年に某日大 
    を出て冴えないリーマンになりw正月、ひさしぶりにてっちゃんに会 
    った。高2の時から「塾で忙しい」と本家にすら集まらなかったてっ 
    ちゃんの一家が何故か一番重要な高3の正月は本家に尋ねて来たのだ 
    った。しかしまあ特に俺は気にせず、 
    「大きくなったなぁてっちゃん。来年は東大か?医学部か?」 
    と少し回りにウケを狙いつつ聞くと、 
    「いいえ。人類は滅びるのに東大なんて行ってもどうしようもないですよ」 
    良い感じにビールが入っていた俺も一瞬で空気が変わったのを察した。 


    【怖いというか気味の悪い話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    572 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/11/05(月) 02:25:08 ID:cMpF+RGB0 [1/2回(PC)]
    いい話かどうか微妙で長いけどちょっとだけ吐き出させて(´・ω・`) 

    病気だから変なものが見えるようになったのか 
    変なものが見えるから病気になったのか 
    どっちか分からないけど何か幽霊っぽいものが見える。 

    昔から妙なものを見ることはあったけど誰かに言ったりすることはなかった。 
    言ってもハァ?という顔をされるし常に見えてるわけでもないし・・・ 

    見ても見えなかったことにして特に気にしてなかったが 
    それが高校くらいから段々よく見えるようになってきた。 
    例えば、友達と話してても後の方にいる妙な人の方が気になってまともな会話続行不能 
    授業中だるくて居眠りしてて何気なく窓の外を見たらグロいのがいて目が合って悲鳴・・・などなど。 
    そんなこんなで鬱気味になり、見える頻度も上がり、幻覚かどうか分からなくなってしまった。 

    一応大学に進学したけど鬱も悪化して通える状況じゃなくなってしまった。 
    幽霊だろうが幻覚だろうが生きてる人間だろうが、もう何とも関わりたくない状態。 
    それから2年くらいは自殺未遂やらなんやら色々やらかしたが 
    諦めの境地に入ってしまったらしく、一応は安定した。かなり底辺での安定だけど。

     
    【何か幽霊っぽいものが見える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7 : カレーは飲み物[] 投稿日:04/08/11 23:53 ID:CSNTE10Z [1/4回]
    1/4 
    友人が子供の頃に体験した話。 

    小学生の頃、家に帰ったらこげ茶色の立派な二段ベットが部屋に置かれていた。 
    親父さんが知り合いから格安で譲ってもらったらしく、前からベットが欲しかった 
    友人は大喜びで、その日から友人が上の段、友人の姉が下の段で寝ることになった。 

    ところがその夜、夜中に寝返りをうって友人は目を覚ました。 
    寝る前は右側に壁があったのはずなのに、今は左側にある。 
    いつの間にか、寝ている位置が左右逆になっていた。 
    寝ぼけていた友人は自分が寝相が悪く、ベットの中で頭と足の位置が入れ替わったの 
    だろうと思ってそのまま寝た。 
    翌朝、起きてみると壁はちゃんと右側にあり、友人はきちんと布団に入って寝ていた。 
    友人は不思議な事があるもんだと思ったが、せっかく買ってもらったベットなので両 
    親にはその出来事は話さなかった。


    【二段ベットの話はタブーとなっている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    266 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:05/01/06 11:52:44 ID:hBSAWCqX [1/2回]
    小5の林間学校の時の話なんだけど 
    夏だったから肝試しを夜やったんよ 
    宿泊施設の周りの散歩コースみたいなのをランダムで決めたペアで歩いて一周する、つーまぁありがちなやつでさ 
    時間にして大体20分くらいかな?隣のクラスの大人しめな娘とペアになってまわる事になった訳。 
    丁度、雨が前の日に降っててぬかるんでてかったりーとか思ったのを覚えてるよ 
    歩き始めて4、5分経った頃かな 
    突然暗がりから人がうわっ!とか言って出てきてさ 
    まぁ先公だったんだけど…相方の娘がえらい驚いて 
    その後は恐がっちゃって歩くペースが一気に落ちてさ 
    で、中間地点にあるちっこい橋にようやく差し掛かったんだけど、そこで見ちゃったんよ…


    【見間違い…だと思いたい…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    950 : リベリオン ◆1sbbp3Vb3o [sage] 投稿日:05/01/30 12:07:50 ID:vekrX/uc0 [1/5回(PC)]
    じゃあ聞いた話し投下。 

    まだ名前がNTTになる前の電話会社に務めていたKさんはすごい釣り好きで、 
    同じ職場のHさんとよく夜釣りにいっていた。 
    地元のほとんどの釣り場を知っているKさんだが、ある時船釣りをしていたら、 
    知っている小さな漁村の近くに、未踏と思われる入り江と岬があるのを見つけた。 

    Kさんはそのあたりが何故かとてもよい釣り場のような気がして、 
    数日後にその漁村の知り合いの爺さんに、その岬と入り江に行ける山道を聞いた。 
    すると年配の漁師の爺さんは、「あそこは変だから行かないほうがいい」 
    と言って、なかなか抜け道を教えてくれない。 
    「何が変なのか?」とKさんが聞くと、爺さんは「昔山伏だか坊さんがいたところで、 
    ドザエモンもあそこだけは避ける。いい漁場だがとにかくおかしなところで、 
    浜の奴は誰もあそこには行かない。・・・・あー、昔行った奴がいて、 
    しばらく大漁だったが、頭がおかしくなって行かなくなっちまったよ。あんたらもやめとけ」 
    漁師はそういうと忙しそうに船に乗ってしまった。 

    Kさんはその場では一度引き上げたが、未知の釣り場に対しての興味は消えなかった。 

    つづく


    【海入道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    668 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:04/11/24 00:08:43 ID:OEEQ0y3u [1/2回]
    「お盆に殺生してはいけない」って聞いたことあります? 
    私の釣り好きの知人がお盆に釣りをしたときの話です 
    夜釣りでドンコ釣りに行ったときに、朝に撒き餌がわりに 
    カツオの頭を沈めておいたポイントでがんばるも釣れないらしく 
    おかしいな~?と思ってたら、沖合いから「エッホ、エッホ」と 
    小さな船を漕いで来る何隻もの小さな船を見たらしい 
    始め「どこかの大学のカヌーかなにかの団体?」と思ったらしいが 
    ふと様子を見てると防波堤近くまで来ると消えていくらしく 
    恐ろしくなって逃げ帰って着たとの事 
    お盆に帰ってきた故人の方々かはわかりませんけど 
    本当にあるみたいですね


    【お盆に殺生してはいけない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    425 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:04/10/07 02:18:17 ID:pw5jnFTc [1/1回]
    ウカツにもメモとるの忘れてたため細部うろ覚えで恐縮なんだけど、 
    完全に忘れてしまわないうちにカキコさせてもらいます。 
    母方の祖母の家で伯母に聞きました。 

    伯母が小学生だった頃、近所(というか村の中)にお父さんが病弱だったとかで、 
    貧しい暮らしの家があった。その家の息子さんも一生懸命働いていたものの、 
    なかなか暮らしは楽にならなかった。 
    そんなある日、その息子さんが不思議な夢を見た。 
    (肝心の夢の内容をど忘れスマソ。観音様だか、亡くなったお母さんだったかが 
    夢枕に立った?とかだったと思う) 

    ともかく夢のお告げ通り、朝早く海岸に行ってみると、 
    なんとそこには大きなクジラが打ち上げられていた。 
    そのクジラ肉やら鯨油やらを売ったおかげで、一家の生活もだいぶ楽になったということだ。 

    伯母も、先生に連れられて学校のみんなと解体作業を見学に行ったのでよく覚えているとか。 
    あとになって、件の夢の話を聞いた村の皆は「神さまが、親孝行な息子さんにご褒美を 
    下さったんだ」と噂しあったそうな。 

    時代的に戦中~戦後すぐくらいのはずだけど、そんな日本昔話みたいな話が 
    出てくるとは思わなかったんでちょとビクーリ。 
    山陰地方の離島にある、海沿いの小さな村の話。


    【海沿いの小さな村の話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    135 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:04/08/24 23:37 ID:/l5BbhHD [1/2回]
    これは15歳の時本当にた体験した話 
    俺の実家は海沿いの田舎町なんだけどメチャ綺麗な海が有名なんだけど 
    色々とイワクがあるんだよね・・・・・ 
    幼馴染のKの実家は代々続く名家なんだけど 
    そこの家の嫡男は15才の誕生日に海に近づくと命を落とすって言い伝えが 
    あったんだ。死ぬって言うのは海神(地元の言い伝えでは美しい女)が 
    死んでしまった自分の子供を生き返らせようと選ばれた家の嫡男の魂を 
    もって行くって話しなんだけど 
    俺もKも眉唾だと全然信じてなかったんだよね 


    【これは15歳の時本当にた体験した話】の続きを読む

    このページのトップヘ