不可解な話

    329 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/08/26 17:22:00
    その日はたまたま母と私だけで留守番だった。 
    そんな時に限ってお客さんが。 
    大体ウチに来る客は顔の広い祖父の客だから、出かけていると説明した。 
    そう説明すれば大方客は「祖父がいる時にまた」と言って帰ることが多いんだが、 
    なぜかその客は「かまいませんよ」と上がりこんできた。 
    確か風貌は、シルクハット?みたいなのをかぶり、ステッキを持った老紳士。 
    子供心に不思議な客だなと思いつつ、母にせかされ挨拶をした。 
    その後、母はそのまま老紳士の話し相手になり、私は別室で遊んでいた。 

    母に「客に麦茶をだせ」と言われ、台所へ。 
    するとそこには、超巨大な黒猫が! 
    足が異様に長くて毛並みが綺麗。足先?から耳までの高さが4㍍jはあったと思われ。 
    ビックリして母を呼ぼうとすると、なぜか声が出ない。体も動かない。 
    猫は大きな目で私を見つめたあと、台所の壁をすり抜けて(!)いなくなった。 
    その瞬間体が自由になった。 
    急いで母のところへ走ると、なぜかあの老紳士がもういない。 
    母曰く、私が台所へ言っている間に帰ったとのこと。 
    しかも置き土産が。それは黒い猫のぬいぐるみ。 
    私へのプレゼントだという。それが先ほど見た巨大猫をちょうど小さくしたようなもので、ビックリ。 

    後で、祖父への客だったのではと祖父に尋ねてもそんな人物は知らないとのこと。 
    巨大猫とあの老紳士は一体なんだったんだろう・・・ 
    ちなみに、猫のぬいぐるみは既に行方不明です・・・何年も前のことなので・・・ 

    204 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/27 02:23:00
    竹やぶから偶然出てきた鹿を撮影した、アマチュアカメラマンの叔父。
    同行していた俺は、ヌッと出てきた鹿に感動して興奮しました。
    ある日、家族で叔父の家に遊びに行ったときに、その写真を見つけました。
    子供ながらに撮影当時の思い出を語る俺。
    でも、母と叔父は無邪気に語る俺に、こう言ったのです。

    「○○くん(俺のこと)、この時まだ生まれてなかったよ」



    【この時まだ生まれてなかったよ】の続きを読む

    284 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/27 21:21:00
    小学生か幼稚園生のころ、
    よく家の前にできた雪山でソリ滑りをしていた。
    (札幌の冬っていうのはこれくらいしか遊ぶことなくてね)
    んでその日も雪山を滑っては登り、滑ってはまた登り…と延々ひとりで繰り返していた。

    この雪山、家の前の道路につくられたものだった。
    せまい道路だし、車もほとんど通ることがなかったのでよく遊んでいた。
    大して高くもないし、滑る距離もかなり短かったのに飽きずにw
    てっぺんまで登って、ソリに乗って、ソリのヒモを手にとって―
    ヒモを持ったらソリはもう止まらない。
    あとは徐々に速度が出て滑るだけ…すると右のほうから黒い車が!
    やばい!この距離だと車とぶつかる!
    そう思った瞬間目の前はまっくらになり、激しい音だけが耳に届く。


    気づくと道路の真ん中に倒れていた。
    腹部(特に横っ腹)がとても痛く、起きあがれない。
    がんばって這って家の前に辿り着く。
    しかしここで子供ながらに考えてしまう。
    (もしお母さんにこのことがバレたら絶対に怒られる。
     それに病院につれてかれて注射されたり、お腹切られてしまう。)
    そう思うとこの状態で家に入るとまずい(母がいるから)と思い、
    家の前でしばし状態の回復を待つ。

    その後の記憶は曖昧だったんだが1週間は痛みが続いた。


    時が経ち、記憶が薄れるにつれ、あれは夢だったんじゃないかと思ってくる。
    でも決定的な証拠がある。
    その後俺の近所にある家族が引っ越してきた。

    そう、その家族の乗る車こそ、俺が轢かれた(ぶつかった?)車なのだ。

    348 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/28 02:03:00
    漏れが消防の時、福岡の悪名高い県知事?かなんかの自宅建てる為に近所の
    盲学校潰す事になる話を聞いて、仲間4人で夜探検に行こうって事になったけど、
    結局、探検自体は「夜の学校って怖いな~」程度で何もなく終わりますた。
    その直後に漏れ自身は関東に引っ越して、その後高校卒業前にふと思い立ち
    福岡に里帰り旅行に。
    その時、地元に残ってた探検仲間の一人と再会して思い出話したのね。
    んで話が当時の盲学校探検の話になって「そういや一緒に行った、Nと秋山って元気?」
    って聞いたら「Nは元気だけど秋山って誰よ?」と返答。
    (゚Д゚)ハア!?と思い「だから4人で一緒に探検行ったろ?」と聞き返すも「あんとき行ったの
    俺とお前とNの3人やん」との答え…

    ついでに秋山なんて奴クラスに居ないと言われ、その後わざわざ奴の家に行って当時の
    クラス文集や小学校卒業時のアルバムまで見せてくれたけど、クラスどころか学年にも
    秋山って奴が居なかったのが分かっただけ。
    結局それは漏れの思い違いかなんかだろうって事になったけど、自分の記憶には秋山の
    顔とかもしっかり残ってるんで、心の中では全然納得いかなかった。

    そしてこの間の土曜に実家に戻ったとき、消防時のアルバム見てたら居ないはずの秋山の
    写真ハケーン。
    それ見せて親に聞いたら「名前は覚えてないけど何回か遊びに来てたね」と言われ、とりあえず
    奴が存在してたのは確信したけど…もう訳分かんねって感じ。

    469 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/01 19:28:00
    メンメンヤクってのが流行った。
    自分が小3くらいのころ友達と遊んでいた時のこと。
    そいつの家の庭の木を棒でメッタ刺しにして遊んでた。
    友達はその木に向かって、「これメンメンな」
    と言って棒で刺していた。
    友達はメンメンヤクというものに狙われてたらしい。
    なんでも、そいつに会いたくなかったら何かの木を
    メンメンヤクに見立てて何回か刺せば助かるとのことだった(たぶん)。
    音楽室にメンメンヤクがいるとか、ノンタンとかゾロリの本読んでたら後ろにいたとか
    いろんな噂が流れていた。
    騒ぎは1年くらいで消えていましたが一時は一斉下校の命令が下りたほど。
    よく猿みたいな絵(水墨画みたいな絵)と一緒に「面面厄」と書かれた紙が落ちてて怖かった。

    101 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/02 19:49:00
    車の免許を取れたのは良いけれど、車を買うお金が無い。
    休みの度に、安い車を探して彷徨っていたら、10回目ほど訪問していた中古屋さんに良い車があると言われました。
    D社のM○Xという軽自動車で、オーナーが10人くらい代わっているけれど、凄く綺麗な状態。
    走行距離も1万㌔以下で、求めていたMT車。無事故との説明ではあったけれど、お値段車検1年+保険で7万円とのこと。
    なんでこんなに安いのか聞くと、社長さん曰く
    「オークションで数台車を買って、展示スペースが無いから処分したい」
    そんな事もあるのかと思い、自分の幸運を喜びながら即契約。
    1週間後に取りに来るように、何度も何度も念を押されて、2つ返事で了承しながら帰宅しました。
    ところが、車を取りに行く直前、先輩達の唐突な誘いで2泊3日の合宿が決定してしまい、
    取りに行けないので納車して欲しいと伝えると、即答で拒否。
    少しムッとしたけれど、忙しいのだろうと納得して、3万円出すので納車して頂けないかと頼み込み、何とか了承してもらった。
    なぜかイヤイヤなのが、受話器越しにも良くわかりました。

     
    【オーナーが10人くらい代わっている】の続きを読む

    393 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/04 20:15:00
    それはある蒸し暑い夏の日のことでした。
    なぜか体の節々が痛む。
    「あの程度のドライブで疲れがたまるとはなぁ。俺も歳かな」
    などと、思いながら遅い朝食をとろうとダイニングに足を向けたその時、今度は頭
    も痛くなってきた。ガンガン響く。これでは食事どころではないと思い、自分の部
    屋に戻って少し眠ることにした。

    ウトウトとし始めた頃だろうか、
    「おーい、たけしーーっ」
    と、誰かが耳元で俺の名前を呼んでる。
    目を開けると、そこには親父とおふくろ、妹が涙ぐみながら俺の顔をのぞき込んで
    いた。俺は、身体中を包帯でグルグル巻きにされて病院のベッドの上に横たわって
    いました。そして、傍らにいた白衣を着た医師らしき人物が、俺に言った。
    「よく頑張りましたね。峠は越えました。もう大丈夫ですよ」
    「えっ?」
    俺は事態が飲み込めなかったが、記憶の断片を辿りながら、事の次第に思い至った。
    「そうだ、俺は事故ったんだった……」

    三日後、何とか喋られるようになった俺は、そばにいた看護婦に話しかけた。
    「あのー、すいません。家族の者に会いたいんですけど……」
    すると、その看護婦は急に顔を曇らせたかと思うと、やがて意を決したように僕に
    告げた。
    「あなたのご家族は……全員亡くなられました」
    「……?」
    「あなたとご家族は四人でドライブの途中、事故に遭い、あなただけが助かったの
    です。ほかの皆さんは残念ながら……」
    では、俺が見た親父やおふくろ、妹の姿はいったい……

    18 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/07/21 23:29:00
    ここでの話題と違うかもしれないのですが私の記憶です。 

    確か私が小学校低学年の頃だったと思います。 
    時々寝ている時にうなされる事がありました。 
    内容はちょっと気持ち悪いのですが今でも覚えています。 
    木で出来た巨大な歯車が迫ってきて最後には巻き込まれる。。。 
    その時は(母が言うには)寝ているところから飛び出し 
    何かに脅えながら(夢の内容に、だと思います)走り回ったとのこと。。。 
    ここからがオカっぽいのですが見かねた母は 
    私を病院ではなく御祓いに連れて行ったのです。 
    御祓いされた事は私自身も覚えています。 
    そしてその後はぷっつりと悪夢を見なくなりました。 

    メンヘル板向けかな。。。とも思ったんですが 
    最後のあたりがオカっぽいのでこちらに書いてみました。 
    ちなみにこの件以来私は霊というもの信じるようになりました。 
    (見たことはないんですけどね。。。) 

     
    【小さい頃から夢遊病の気があった】の続きを読む

    413 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/05 01:12:00
    3年前ですが、友人+彼氏と飲んでいて急性アル中で倒れたことがあります。
    ワイングラス何杯かしか飲んでいなかったんですけどね・・。
    我に返ったのは朝でした。
    当然ですが彼氏にはものすごく怒られ、怖いからもう深酒は絶対止めてくれと
    言われました。自分も反省していましたのでそれ以来
    ほろ酔い程度しかお酒は飲んでいませんでした。
    昨日のことです。別の友人+彼氏と話をしていて例の急性アル中の話題に
    なりました。彼氏は私がフランス語でまくし立てながらあばれていたと言う話を
    少し笑いながらしました。
    「私フランス語なんて話せないよ?ちょっと単語知ってるくらいで。」
    「・・・やっぱり。それを聞くの怖かったんだよな・・・。」
    どうやら私はそのとき、30分以上フランス語のような?言葉で
    まくし立てていたそうなのです。
    しかも、それ以来たまにほろ酔い(ビールちょこっとくらい)で
    帰ってくると一旦寝た後に起きだし、数分くらい同じようにまくしたてて
    また寝てしまったりというようなことをしているそうです。
    非常に流暢な早口で、上のものが下のものをさげすむような口調で話し、
    私はドイツ語がそこそこ話せるのですが比べ物にならないレベルとのことです。
    もちろん全く覚えていません。
    彼氏はフランスを旅行したので聞いたことがある程度でしたが
    昨日一緒にいた友人は授業でとっていたというので
    助詞や人称代名詞を挙げてもらい、比較してもらったら
    ほぼ合致してしまいました。
    フランスには昔1ヶ月ほど滞在したことがあります。
    そのときに耳に残った言葉が脳のどこかに焼きついたり
    している事もあるのでしょうか。怖くてたまりません。

    951 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/10/24 14:32:00
    ほんのりと言うか不思議で、しかも助かった話を一つ。 

    つい1週間前の話なんだけど、いつも通り仕事を終えて8時くらいに自分のアパートに帰った。 
    しばらくするとボーっとしてると、電話が鳴って去年会社を定年退職した上司のIさんからだった。 
    お久しぶりです!って挨拶して雑談してたんだけど、急に「気を悪くせんでくれよ・・・」と。 
    何ですか?wと笑いながら聞くと、 
    「ついさっきうたた寝をしてたら君が出てきて、更に焼け苦しんでるんだよ。 
    もしかしたら何かあったのか!?と思って気になって電話したんだよ。」 
    Iさんも心配性だな~。何にも無いですよ。なんて言って電話を切ったんだけど、 
    妙に気になって貴重品を枕元に置いて寝床についた。 

    その日の深夜1時頃に物凄い音でドアを叩かれて飛び起きたら、 
    4階上の部屋で火事だ!と管理人さんに怒鳴られた。 
    俺は、慌てて準備してた袋を持って部屋を飛び出した。 

    結局火事は大きくならず収まって部屋には何も被害は無かった。 
    火事場でオロオロしてる時マンションの住人を見ても着の身着のままの人が大半だった。 
    次の日、事の顛末をIさんに電話で知らせたら、「無事で良かったなぁ」とホッとしてるようだった。 

    はっきり言って虫の知らせなんて信じてなかったけど、これからは信じてみようかな、と思う出来事だった。 



    952 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/10/24 14:41:00
    >>951 
    生還おめ! 
    日頃の行い、心がけの良い人だから気にしてもらえたんだね。 

    このページのトップヘ