不可解な話

    20 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/05 13:45:00
    俺のばあちゃんが子供だった頃、家で猫を飼ってたらしい。 
    で、ばあちゃんの父ちゃん(以下ひいじいさん)が畑仕事から帰る時間になると、 
    決まってその猫が迎えに行ってたんだと。 
    ある日、いつもの時間よりだいぶ遅くなってから猫が迎えに来たことがあった。 
    ひいじいさんは猫に向かって 
    「今日は随分遅かったなぁ。心配したぞ」と何となく言ったそうだ。 
    すると驚いたことにその猫が 
    「今日はおじやが熱くて食べるのに時間かかった」とつぶやいたそうだ。 
    家に帰ってばあちゃんの母ちゃんに、さっきの話しは伏せておいて 
    「猫が来るのが今日は遅かったなぁ」とそれとなく言ってみると、 
    「あぁ、今日はおじやが熱かったみたいで、随分食べるのに時間かかってたみたいで」 
    と猫が言ったことと全く同じ答えが返って来たそうだ。 

    それ以来何だか怖くなったひいじいさんは、その猫ににぎり飯を背負わせ、 
    「おまえは多分化け猫だ。人間とは一緒に暮せねえ。元気で暮せ」と山に捨てたと言うことだ。 
    その話しを聞くたびに、猫が可愛そうで納得がいかなかった。 



    21 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/05 13:51:00
    面白い! 
    化け猫ならきっとうまく暮らしていってるよ。 



    32 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/07 14:07:00
    >>20 
    杉浦日向子の百物語でもネコが婆さんに話しかけるっていう話があった。 
    でもその婆さんはふつうにあしらってたけどね。ちょっとほのぼのした話。 

    242 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/11 18:58:00
    結婚式の日「花嫁さんが縁側から出て行く」という慣わしのある地域の人います? 
    「縁側から出て行くと戻って来れない」みたいな言い伝えが先にあって、 
    嫁入り先から戻って来れないように(離婚しないように)そうするんだったと 
    思うけど、私も友達から聞いてビックリしたくらいだから、全国的ではないよね。 



    254 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/12 17:13:00
    >>242 
    わたし、結婚式の日に縁側から出て嫁に行きましたよ! 
    花嫁姿で近所の人が見守る中を縁側から出て行きました。 
    故郷は岐阜県ですが、近所のほとんどの家でそういう習慣があります。 

    婚礼の荷物を新居に運ぶときには、絶対に車はバックさせてはならないので、 
    (離縁されて戻ってこないように) 
    婚礼道具を運ぶトラックの先導車にはご祝儀(5000円くらい)を持った人が乗ります。 
    狭い道で車の行き違いが出来ないときには、その人が降りていって対抗車にご祝儀を渡して 
    バックしてくれるよう頼みに行くわけです。 

    206 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/07 22:08:00
    「夜爪を切ると親の死に目に会えない」は、 

    江戸時代、お城の門番で夜間の勤務を夜詰めといっていました。 
    その仕事はとても重要で、たとえ親が死にそうになっても家に帰れませんでした。 
    それから夜詰めは親の死に目に会えないということで、「夜爪」も縁起悪いこととなった。 

    っていう説も有名でつ。 



    208 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/07 23:40:00
    夜爪を切ると親の死に目に会えない、というのは 
    夜爪を切る→世を詰めるに通じてしまい、自分の寿命が縮んで親より先に死ぬからと聞いた。 

    あと、前のほうの夜に洗濯物を干してはいけない、というのは、 
    夜にウブメ(妖怪)が来て子供の洗濯物に血をつけて印にし、取り殺してしまうからという 
    言い伝えが元になっていると思う。 



    198 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/06 21:39:00
    金目銀目のネコは縁起が良い、と子供の頃に祖母から聞いたが 
    これが海沿いの地区では「天気を良く当てる」っていわれてる事を 
    後から知った。 
    大昔は金目銀目のネコは漁師が言い値で買って行ったなんて話も聞きました。 

    それと・・・・鉢割れ(柄が真ん中で別れてる)のネコは縁起が悪いと。 
    飼うと夫婦仲が割れる、飼い主が早死にするってのが理由です。 
    いやはや、魔性の動物もご苦労です。w 



    199 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/07 00:18:00
    >>198 
    手足の先が白い、いわゆる“足袋を履いてる”犬・猫がよくないというのを 
    聞いたことがあるんですが、何がよくないのかは忘れてしまいました。 
    長生きしない?? 



    203 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/07 18:30:00
    >>199 
    「足袋をはいている猫はねずみを取らない=悪い。」 
    と言うのは聞いたことあるよ。 
    たぶん、暗闇でも「あ、猫が近づいてくる」ってのが鼠にわかりやすいから 
    じゃないかと思うんだけど。 

    136 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/30 18:35:00
    うちの地方では、雨が良く降った日にタコが芋を狙って陸に上がって来ると言う言い伝えがある。 
    芋と言ってもサツマイモなんかじゃなく、「くわいも」と言う 
    見かけはおたまじゃくしみたいな形で、食べた感じがサトイモみたいな小さな芋。 
    実際、この芋を餌に地元の漁師はタコを釣るが、これが結構良く釣れる。 
    タコが本当に芋を食べに陸に上がって来るかどうかはわからないが、 
    奴等がこの芋の味を知っているのが実に不思議な話。 


    【タコが芋を狙って陸に上がって来ると言う言い伝え】の続きを読む

    68 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/27 04:54:00
    梅干の種の中身は食べては駄目っていう話を 
    子供の頃聞いた事があります。 
    観音様がいるからだそうです・・・ 
    なんでだろ?スイカの種とか消化の悪いものを食べると 
    盲腸になるって事も聞いたことあります。 
    あんまり怖くなかったですね・・・(;´Д`) 



    69 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/27 05:04:00
    >>68 
    うちの地方では天神様でした。 
    ところで梅の種ってあまり体に良く無い成分が含まれてた様な気が...違った? 



    73 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/27 07:37:00
    >>69 
    シアン化合物が入っているんじゃなかったかな。 



    74 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/04/27 08:22:00
    >>73 
    梅の実が青い時には含まれていますが、熟成すると無害になります。 



    71 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/27 05:23:00
    >>69 
    梅干にすると消える筈 

    61 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/26 10:31:00
    弟が通っていた幼稚園のいただきますの挨拶・・・ 

    ののさまののさまいただきます 
    お父さんお母さんいただきます 
    お姉さんお兄さんいただきます 
    おじいさんおばあさんいただきます 
    農家のお百姓さんいただきます 
    遠い国の~なんたらかんたら~いただきます 
    ・・・・以下延々・・・・・(覚えてない;) 
    最後に先生みなさんいただきます。 

    でやっと食べれたみたい。 



    63 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/26 14:44:00
    >>61 
    宗教法人が経営する幼稚園だったんですか? 
    「ののさま」って誰だろう。 



    65 : 1[sage] : 投稿日:2003/04/26 18:10:00
    「ののさま」というのは小さな子供の言葉で仏様の事 
    だそうです。 



    66 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/26 21:10:00
    お寺の幼稚園だったです。 
    毎朝幼稚園前の、のの様像にむかって 
    「のの様おはようございます」と言わされていた弟。 

    ・・・。ちょっとコワヒ; 

    160 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/22 04:15:00
    私がモロッコのマラケシって所で会った日本人の話です。 
    そいつはいかつい岩石のような顔(松尾伴内ぽい)のわりにはソフトな語り口の関西弁の青年。 
    こんな地球の果てで会った日本人同志、とうぜん私達はたちまち意気投合しました。 
    ところでこんな世界の果て“糞”アフリカ迄わざわざ行くのには分けがあります。 
    それは、質の好いハッシッシ(大麻樹脂)が安く手に入るからなんです。 
    まあ薬ネタが嫌いな人はここからは読み飛ばして下さい。 

    さて、いかつい顔のわりには謙虚な彼(以下松尾君とします)とすっかり意気投合した私は、 
    知り合って二日目にはお互いの部屋を引き払い、新たに共同で一部屋を借り、滞在する事にしました。 
    私達二人はひなが一日、ハッシッシを吸ってマターリしてたのですが、そんなある日松尾君が 
    とても興味深い体験談を私に語ってくれました。 


    【「お前どこトリップしてたの?」】の続きを読む

    403 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/12 02:11:00
    最初に、何歳の頃かも忘れてしまった、幼い日の出来事から・・・ 

    山や田んぼには、神様が住んでいると言う話を聞いた事がありますか? 
    私の生まれた町では、お百姓さん達からそんな話を聞かされて育ちました。 

    ある日、私は幼馴染A君と、彼の家の近所の神社の裏手の田んぼのあぜで、2人で遊んでいました。 
    親からは「明るいうちに、帰っておいで」と、きつく言われてはいましたが、 
    楽しい時間はあっという間にすぎ、あたりが薄暗くなってきてしまった時、それは起こりました。 
    苗の植えられている田の水面が鏡のように調い輝いて、その中では、怒り心配している私とA君の母親と、 
    近所に住んでいる同級生の母親が映っていたのです。3人の母親の会話まで聞こえた記憶があります。 
    早く帰らないと酷く怒られると思った我々は、急いでA君の家の前まで駆けて行きました。 
    そこには、水面に映ったのと同じ服装、構図の母親たちの姿がありましたが、なぜか不思議には思いませんでした。 


    【山や田んぼには、神様が住んでいると言う話を聞いた事がありますか?】の続きを読む

    741 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/01/29 19:37:00
    たいした話ではないのですが。 

    私が高校1年のとき、父が亡くなりました。 
    葬儀を終えて父の実家から帰ってきた私たちはくたくたでしたが、 
    たまっているだろう留守電を聞こうと電話機の再生ボタンを押しました。 
    すると、亡くなった父の声が聞こえてきたのです。 
    「おう、俺だよ」 
    驚いた私たちが慌てて確認すると、それは一番古い留守電記録でした。 
    無論生前の父のものです。 
    普通留守電を再生する際は最も新しい音声が流れるはずなのに、 
    そのときはなぜか父の記録が再生されたのでした。 
    それは単なるボタンの押し間違いかもしれません。 
    それでも私たちには父が励ましてくれているように感じられました。 

    その父の声は、今でも消されずに電話機の中に眠っています。 



    743 : あなたのうしろの名無しさんが・・・[age] : 投稿日:2003/01/29 21:34:00
    >>741 
    うーん、不思議な話ってあるんですね 

    このページのトップヘ