不可解な話

    19212klzds_TP_V

    小学生の頃。本が大好きだった自分は毎日一冊ずつ図書室で本を借りて帰るのが日課だった。 
    ところがある日、借りた本を鞄にしまわず、そのへんに置いたまま校庭で遊んでから帰路に着いて、 
    家に着いてから本がないことに気付いた。

    【自分は毎日一冊ずつ図書室で本を借りて帰るのが日課だった】の続きを読む

    kuma425026_TP_V

    少し前バスの運転で、大都市と地方都市を結ぶ高速バスを運転していました。 
    いつも最終地1つ手前のバス停でよく話かけられるような気がして、 
    気配はするんですが、はっきり聞こえないし、乗客の声が響いてそのように聞こえるのだと思って気にしていませんでした。 

    【大都市と地方都市を結ぶ高速バスを運転していました。】の続きを読む

    このページのトップヘ