PAKningyou_TP_V

戦前の体験だそうですが、この話をしていた時のAさんはしたたかに
酔っていました。ですので、実際の体験とは異なる部分が入っているかも
知れません。
時は流れ、Aさんは17,8歳位になっていました。

そんなAさん。ある日用事があって山道を歩いていました。昔の人というのは
凄いもので、峠の5つや6つは休み無しでも平気で歩いたそうです。
初夏の日差しを浴びながら『もうひと踏ん張りで峠の頂上だ…』と考えてい
たのですが、その時妙な音が聞こえてきました。

何やら、後ろが騒がしい…足を止めて後ろを振り返りました。音からすると、
誰かがこちらへ駆けてくるようです。
ガシャ、ガシャ、ガシャ…何かがぶつかり合うような音…何の音だろう?

Aさんは気にせずに先を急ごうと思ったのですが、音が気になってしょうが
ありません。
「鍋釜を背負って夜逃げでもしてるのか?でも今は昼間だから夜逃げじゃ
ねぇよなぁ…」
暢気な想像をしていたAさんの前に、その音源の主が姿を現しました。

「なんだ、ありゃ…」
思わず呟くAさん。無理もありません。彼の目の前に現れたのは全身を甲冑
に身を包んだ男だったのです。外見を見る限り、Aさんとそれ程違わない年
齢…いや、あどけなさが残っているので、1歳か2歳年下かも知れない…の男
性が、やはり同い年ぐらいの女性の手を引きながら、こちらへ駆けてきます。

「そんなに急いで、何処へ行く?」
Aさんは声を掛けましたが、2人はその声を無視して、と言うよりまるで聞こ
えない感じで走ってきます。やがて、Aさんの前を2人が通過しました。

「人を無視して、なんだあいつ等は。女連れて歩いてるからって調子乗りや
がって」
少々嫉妬が混じった独り言と共に2人を見送ったAさん…と思った瞬間、今度
は凄まじい速さで数人の集団がAさんを追い抜いていきました。
「危ねぇな、コノヤロー!」
突然の事にビックリしてと叫ぼうとしたAさんですが、その集団の姿を見て、
再度ビックリしました。

先程の男性と同じく、全員が甲冑を着込んでいます。手には日本刀だの槍だ
の、物騒な物も持ってます。
「物騒な連中だなぁ。あんな物で何をするつもりだ、オイ」

少々好奇心が出てきたAさんは、峠の頂上まで一気に駆け上がりました。そし
て下を見下ろします。頂上からは真っ直ぐな一本道が続いてます。そこから
は、さっきの2人組の男女、それに甲冑集団も見えました。

集団は男女を取り囲んでいました。そして、槍や刀を2人に向けています。
「尋常じゃないぞ、これは…一体何が起きたんだ?」
そう呟いた瞬間。槍を持った1人が女性を一突き。

「あっ!やりやがった!」
思わず叫ぶAさん。が、包囲した集団は情け容赦なく、今度は男性の方に槍や
刀で襲い掛かります。男性は僅かに抵抗したようですが、これまた槍や刀で
メッタ刺しにされ、斃れてしまいました。

『寄ってたかって酷い事しやがる!』そう思ったものの、Aさんとて安心はで
きません。殺害現場を見た以上、自分だって殺されるかも知れない。こんな
山の中じゃ助けも呼べない…。

が、Aさんの心配とは裏腹に、誰もAさんの事を気にしてる様子はありません
でした。彼等は既に虫の息となった2人を、尚も槍や刀で刺し続け…最後に、
なんと首を切り落としてしまいました。

昼間の惨事を目の当たりにして、呆然とするAさん。やがて、その集団は首を
乱暴に掴むと、こちらへ引き返してきます。
『逃げないと…』
そうは思うものの、体が動きません。甲冑集団の人々は、顔や鎧に飛び散っ
た血を拭こうともせず、こちらへ歩いてきます。

やがて、Aさんの目の前まで来た彼等は、Aさんには目もくれず、さっさと峠
を下って行ってしまいました。
「何だったんだ、あいつ等は…そんな事より警察だ、警察に知らせないと!」
そう思い直し、再び峠道を見下ろします。しかし…

「あれ?あの2人はどこへ消えた?!」
ついさっき、集団に寄ってたかって殺されて首を刎ねられた筈の2人の遺体
が消えていました。急いで峠を下りて、先程の惨事が起きたであろう場所に
駆け寄ります。

現場には死体はおろか、血の一滴も残っていません。
「首の無い奴が1人で歩き回る筈は無い。それに、さっきの奴等は首しか持っ
てなかった。じゃあ、俺が見たのは一体…」

この惨事は、夜中や明け方ではなく、白昼堂々と行われました。また、甲冑
の音を覗いては走る音も叫び声も一切しなかったそうです。

この不可解な出来事に関しては、Aさんなりに結論を出しています。
彼が言うには、村からそう遠くない所に、小さな城跡がある。ある時、何ら
かの理由で城から女性を連れて脱走した者が居るのではないか。

追撃隊まで組んで追いかける程だから、何か重要な情報でも持ってたのだろ
う。もしくは、逃げられては困る人物だったのかも知れない。
そして、数百年の時を超えてその時の光景が何度も繰り返されているのでは
ないか。それをたまたま、Aさんが目撃してしまった…。

上の件については、私も独自に調べました。ただ、ネット上で調べただけな
ので限界があります。

まず、Aさんの言う「村からそう遠くない」というのは、人それぞれだと思い
ます。私にとっては「結構遠い」と思える距離でした。また、城跡にしても
「青葉城址」や「久保田城址」のように立派なものではなく、本当に小さな
もので、県内の田舎に小山(と、言うよりは丘)がポツンとある感じです。

城跡に関わる歴代城主やその一族なのですが、その末裔は今でも居ますので、
ここで出すのは控えさせて頂きたいと思います。

それにしても、この残酷な光景は今でも繰り返されているのでしょうか。