shikun21781356_TP_V

友達が小学生のとき、修学旅行で鏡山に登った。
それほど高くはない山だが眺めは良く、海岸沿いの防砂林である虹ノ松原や玄界灘を見渡せる。

そこで、友達は不思議な人を見たらしい。

海を見つめている女性。
髪の毛を結い、手に布を持ち、まるで日本史の教科書から抜け出したような
きれいな古代の服を着ていたという。
とても美しい女性だったと。
修学旅行の隊列の中で、気付いたのは友人だけ。他の人は何も見なかったという。


松浦佐用姫の伝説、案外本当なのかもしれない。