0065RFJSK_TP_V

山で間伐の仕事してたときの話。
急斜面での間伐作業で、平らになってるところがあった。

そこでチェーンソーのエンジンをかけようとしたんだけれども、いくらやってもかからない。
しばらく悪戦苦闘してると、離れたところで作業してた先輩(って言っても爺さんだが)が
「おーい、そこはエンジンかからんで、横にいけ、横」と言う。
ちょっと横に動いて、斜面に出ると、エンジンが普通にかかった。

「???」とわけわからんままに作業を続けて、夕方帰るときに
「その場所だとかからんってのはどうゆう意味?」って聞いてみた。
爺さんいわく
「あそこは、かからん場所なんよ。前に除伐で草刈るときにもかからんかったし、
その何年か前に間伐したときにも、あそこじゃエンジンかからんかった。
あそこ、山菜取りの人が落ちて転がって、骨折ったかなんかしらんで
あそこで死んどった。そのせいやと思う。」
ちょっとガクブルした。