0055RFKR5_TP_V

ある猟師が猟の帰り、薄暗くなった山道を下っていた。

すると、帰り道の先に女が立っている。服装から見て、とても山歩きに来たとは思えない。
不審に思っていると、突然女は顔が崩れるほど大笑いをし始め、ひとしきり笑うと消えた。

その夜は酒を飲み、銃を抱えて眠ったと言う。