BOBSD2054_TP_V

中学の教室の窓からは、牛女の話で有名なK山を見る事が出来た。
そのK山と共にR甲山系の山々も当然見える。

その山の一つには、大きな岩が幾つか有った。
ある日、授業に飽きた私はぼんやりとその岩を眺めていた。
動くものが見えた。その岩をロッククライミングしている人間がいるらしい。

しかし、何か異常な事に気がついた。

周りの木々と比較して、人影があまりにも大きいのだ。
変だなあ、と思っている内に、授業が終わった。

次の時間は理科室で授業だったので移動した。

その後、教室に戻ってきた時には人影は居なくなっていた。
今でも、あれはなんだったのか?と不思議だ。