015ELLY18420_TP_V

ほんのりホラー科学編 ・前世の記憶 最近の進化や遺伝の研究によると、環境へ適応する手段として突然変異と並び性質遺伝というものが注目されている

遺伝ではDNAの構造は変化せず記憶も引き継げないが、DNAは膨大な量のうち一部しか使われておらず、その周辺で必要とされた能力が活性化するようにonoffのスイッチが入るらしい
というわけで前世で強烈な経験があると、似た状況や条件が揃った時に機能的な面で反応を起こす事がある
それをまた脳が存外適当に解釈して整合性を取るので、デジャヴュ、幽霊、前世、性癖、衝動などの根拠になるかも
何故か避けたい親戚の叔父さんがいても母親に言うのはやめよう

・先進国
と同じレベルの生活を地球上の全人類が行うには地球があといくつか必要なレベルで資源が足りない
なので現在新興国、途上国と呼ばれる国々が豊かになる為には先進国から奪う他なく、つまり確定で戦争になる
みんな豊かにってのが物理的に無理なので、残り少ない時間で解決策を見つける必要が出て来る
食料や貧困が優先的に報道される傍らで、物理的に無理。とは誰も言わない。知ってても言わない。

・人類史に残るスマホ
人類への普及率80%を目前にして、人類史上初めて全人類をひとつのシステムに組み込むという偉業が近々達成される見通し
ここに来てネットワークは国家や民族、各組織団体により開かれたものから閉鎖的なものへとシフトが進んでいる様子
全人類が小型コンピュータを携帯するとどうなるか、知ってる人は地球上に存在しない。なにせ初めての事なので。
犯罪への利用など繋がらなくてもいいものまで繋げたり、ハッキング実弾による戦争よりもコスト効率が良い為に、実質的な第三次世界大戦は絶賛開催中
ネットワークありきの制度は日々増えつづけ、実体の無いバーチャルが個人を定義し管理し操作する時代は目の前
ネット環境に無い者の負担やデメリットが日々増加する中で、繋がる恩恵と弊害から国家は統制に舵を切りつつある様子
産業革命やルネッサンスのような規模の変革に適応出来なかったものはどのような末路を辿ったか。

・人権と数学
ある数学者は言った。質量保存の法則は絶対であると。
同じようにイジメるなと言えば反作用でかけた力の分だけイジメは苛烈を極め、死ぬなと押せば押す程人は死ぬ