kokubankaku_0I9A2307_TP_V

大学生のころ、一般教育科目を担当している非常勤講師の女性の先生で、少し足の悪い人がいた。
そして俺は一年生の時に、その先生の授業をとっていて、彼女とは多少は話したことがあった。

ある日、大学までの通学電車の中で、先生とばったり会った。
手すりに寄りかかり、右足をかばうようになんとか立っている先生の姿を見ていられず、
優先席に座っていた背広を着たおっさんに、
「すいません。この人足悪いんで、席譲ってもらえないですか?」と声をかけた。
おっさんは、特に返事もせず、軽くうなずき、すぐに席を立ってくれた。

「ありがとう。」と微笑みながら座る先生の姿に、
「あれ?」と不意に、何かいびつな物を見たような、奇妙な感覚を覚えた。

数年後、大学を卒業した後に、風の便りで聞いた話だが、
先生は何か大きな問題を起こし、大学を退職したそうだ。
大学側としても、あまり公にできないような話で、
首にすることはできず、辞職という形をとらせたようだ。
一つ、わかっているのは、
実は、先生の足は、少しも悪くなかったらしい。

なんであの先生が、そんな演技をしていたのかはわからん。
そしてそのことが、事件と関係あったのかどうかもしらん。

ただ、あの時「ありがとう」と答えた彼女の目は、なんだか黒目が異様に深くて
いや、深いというより、「深い」とか「浅い」とか、そういうものすら感じられないほど
何もない真黒な闇のように見えて、ちょっとだけぞっとしたことを、思い出していた。

月並みな表現になってしまうんだが、目が全く笑っていなかったんだよあの人。