SHIO85_aburaeenoguset_TP_V

ウチの母方の祖父母は夫婦揃って絵画を集めるのが趣味で
祖父母の家に遊びに行ったときに良く見せてもらっていた
(無名の作家のモノばかりで高価なモノは無いと笑っていたが)

その中に長い金髪の女性の肖像画があったんだが、俺はソレを
「優しく微笑んでいる美人の肖像画」と認識していた

だけどある日祖父にソレを言ったら首を傾げられた

どうやら俺以外は「無表情で冷たい印象を受ける美人の肖像画」と認識していたらしい
気になった祖父が前の持ち主に確認してみたらしいが特に云われなどはない
ごくごく普通の絵画という答えしか返って来なかったらしい

その時は俺がちょっと感覚がズレてるのかなと言う結論になったが、
つい先日祖父母から、いくつかの絵画を知人や親族に譲ろうと思うから
欲しいのがあったら取りに来なさいという、という旨が書かれた手紙と
いくつかの絵画の写真が届いた

その中に例の肖像画の写真も入っていたんだけど、昔と違い
「冷たい表情の美人」という他の人と同じような印象を抱いた
まあやっぱり子供特有の勘違いだったんだなと思いながらも
何かの縁だろうと例の肖像画を譲り受ける事にした

そして祖父母に連絡して、取りに行ったときに少しだけ背筋に寒いモノが走った
写真で見たときと違い、やっぱりその肖像画は「優しく微笑んでいる美人の肖像画」だったから

人形に魂が宿るというのは良く聞く話だけど、絵画にもやっぱり魂が宿ったりするんだろうか?