nekocyan458A5461_TP_V

むかし、叔母が祖母(私の曾祖母にあたる人)のお見舞いに車で行く途中、前を走っていた車両が猫を轢いたようなのですが、
叔母の車が更にその猫の上を踏んでしまい自分が轢いたのだと勘違いして「可哀想なことしたなー」と思いつつ、急いでいたのでそのまま病院に行きました。

それからは何事もなく病室に着いて曾祖母と顔を合わせたのですが、いきなり曾祖母に「○○(叔母)ちゃん、あんた何かしたの?猫が着いてきてるよ」と言われたそうです。

叔母はびっくりして病室に来る前にあった事を話したのですが、それを聞いて曾祖母は
「それはあんたじゃなくてあんたの前の車両が轢いたんだよ。かわいそうだって思うとついてきちゃうから、絶対そんなこと考えちゃだめ。とりあえず今日は祓ってあげるからもう帰りなさい。」
といって手をひと振りすると「もう大丈夫だから」と笑って叔母を帰させたそうです。

曾祖母は霊感持ちで少しなら祓えたそうで、今は見えるだけ・夢で見るだけ等能力は落ちていますが霊感っぽいのが代々の次女に継がれているみたいです。(叔母本人(次女)や私の妹(次女)、私や妹は長女の子供ですがそういうのは関係ない模様)