GAK88_biwakotoyuuhi_TP_V

琵琶湖をバイクで1周した際にあった嫌な出来事。
一人で大阪から琵琶湖1周ツーリングにでかけて気分よく湖岸沿いの道路を反時計回りに流してた。

季節は5月から6月初めくらいの風が気持ちの良い時期。
琵琶湖を時計にみたてて11時くらいの場所にあるキャンプ場を通り過ぎた辺りからなんだか知らないけどものすごく悲しくなってしまった。

それまで上機嫌だったし、自分自身で自覚する範囲では鬱傾向もない。

何がこんなに悲しいのか不思議に思う理性を置いて、ヘルメットの中の顔は涙をボロボロ流して泣いている。
もう悲しくて悲しくて仕方が無い。

死ぬしかないのか?とかわけのわからないことを思い始める程になってコンビニに避難した。
休憩しているうちに気持ちが落ち着いたので帰路についてからは何もなく帰れたが嫌な気分でしめてしまったことが残念。

何より嫌だったのは忘れた頃にまた同じ琵琶湖1周ツーリングをやってしまい、また同じ場所で同じことになってしまったこと。
もう琵琶湖には行かない。