boke12151224_TP_V

妹は6歳の時、公園で遊んでいて「UFO」を捕まえた。
手で取ったが逃げそうなので口に入れたが、何時の間にか飲み込んだそうだ。
本人はケロッとしていたが母は私を伴いすぐさま病院へ連れて行った。

妹の話は要領を得ず(光る丸い鉄のキチキチいってたもの??)
口内にも痕跡は無いが、レントゲンで調べる事とした。
が、レントゲンが故障したらしい。(先生がそう言ったと思う。私も記憶が曖昧)

医者は私と妹を看護婦に預けると、別室で母とだけ話をしていた。
話を終えた母は妙にオドオドしていた気がする。
帰宅した父ともなにやら話していたが、どうも深刻そうに見えた。

その晩、妹は私を起こして便所に同行させた。
だが、中に入った途端、凄い勢いで泣き出したのだ。
当然父母も起きたが、トイレのドアが中からロックされていて開かない。
妹にあけるよう言うが泣き叫んでいる。何か言っていたようだが不明。

父がもおう鍵を壊すしか無い、と言い出した矢先、突然泣き声が止んでドアが開いた。
妹は扉にもたれるようにして倒れて出てくる。眠っていたように見える。
赤黒いシミがあたりに飛んでいた。
母は妹を抱きしめて叫んでいた。私は父に縋った。

私が気づくと病院の待合室(家族室?)で寝ていた。昼前だったか。
程なくすると父が来て、私を妹の病室へ連れて行った。
妹はベッドで寝ていた。傍らには母がいた。疲れていたが落ち着いている。

母の説明では、妹は少し切っただけだという。
トイレの中でどうして?少し切った?と思ったが、妹が意外と元気なので由としてしまった。

妹は直に退院。その数日後、うちのトイレは鍵を外された。
ノック必須のルールは、意外と速く浸透した。

妹は今、元気に高校へ通っている。
当時の記憶は曖昧だそうだが、トイレの中で何か
「とても重い見えない鉄?みたいなもの」を抱えさせられて苦しかったらしい。

なお、母に当時の話をすると妙に怒るのだ。
特に医師と2人で何を話していたのか問い詰めた時は、話を強引に
私の成績不振に切り替えてまで。