TRTMS818014_TP_V

新聞配達集金の時の話なんだけど、その日もやっぱり大きなマンションに行っててさ、集金してたわけさ。何軒も集金してると分かるんだけど、色んな家があるよ。
ほんと。 

ものすごく警戒してドアチェーンごしにお金差し出す家から、ほぼ下着姿で出てくる奥さんまで色々です。 

ある部屋に行ったらまず子供が出て来て、こっちをじっと見て「ママ―変なおじさんがきた―」とか言いやがった。
変なってなんだよおじさんじゃねえしとか思ってたら、奥さんが「ごめんなさーいww」って出て来たんだ。 

なんか子供の多い家で、奥さんが財布取りに行ってる間もドタドタドタって走り回ってるのね。子供得意じゃないからうっせーなーって思って待ってたんだ。 

最悪なのが、玄関の靴箱の前で3歳くらいの女の子がむこう向いて寝てんの。いくら新聞の集金だからって玄関に子供寝かせておくって、この奥さんもどっかオカシイかなって思ってたら、奥さん戻ってきて支払いしたんだ。

俺もお釣り渡して「ありがとうございます」って言ったら、向こうもお辞儀するのに一歩下がったのね。それ見て俺「あっ」って言っちゃったんだ。 

奥さん下がりながら寝てる子供を思いっきり踏んづけてるんだ。あーこりゃ泣くぞーって思っても全然そんなことなくって。 

スースー寝てるからどうしたんだこいつって所で気が付いた。これは生きてる人じゃないんだって。 

あんな近くでそういう人はそうそう見ないし、そう思ったらあの奥さんの笑顔もものすごく恐ろしくなってきてさ、わけの分かんない事いいながらドア閉めてその後帰っちゃった。 

その晩熱を出した揚句二日くらい寝込んだ。もうあのマンションいけなくなったね。