HIROTA17621020_TP_V

俺バイクで配達してんだけど、それってコツがあって、先輩に教わったん 
だけど、なるべくバイクから降りないようにすると速く配れるんだよね。 

だから無理な体勢でもなるべくバイクに乗ったまま配ってたんだ。 

垣根のある家に行った時に、垣根の向こうにポストがあって手を伸ばさないと 
届かなかったんだ。だから無理な格好してポストに新聞入れようとしてたらさ、 

垣根の上にハンカチが乗ってたのね、チェック柄の。左手でポスト探りながら 
ハンカチがあるなーって思ってたら、それなんか長いんだ。 
あーこれハンカチじゃなくってシャツの袖だって分かったのね。 

風で飛ばされたのかな? 昨日シャツが飛ぶほど風強かったかな?って思いな 
がら腕はまだポスト探ってた。 

なかなか新聞がポストに入んないんでぐっと腕を伸ばしたらさ、そのシャツが 
俺の顔の前に来たんだよね。そこで気が付いたんだ、シャツの袖に中身がある 
って。 

あっ!これは人の腕だって気が付いて髪の毛が一気に逆立った時、その腕は 
そのことが分かったみたいに、垣根の後ろにシュシュシュって逃げてったんだ。 

その後はもちろんアクセル全開でそこから逃げて、明るくなってから配達しま 
した。www 

あれは、あそこでのびてたあそこんちのオヤジだったかもしれないって、今に 
なれば考えられるけど、タイミングはジャストだった。 

あいつ俺の考えを読んでたんだろーなーってさ。