BIBAI19882218_TP_V

20余年前、所謂「臨死体験」を聞きました。 
語り手の方が幼少の頃、一人で遊んでいた時、過って道路に飛び出してしまいました。

飛び出したのと同時に「危ないっ!!」という声が聞こえたのをハッキリ覚えているそうです。 

不幸にも車と接触し、意識不明のまま病院に搬送され2日後に意識を取り戻したそうですが、
意識が戻る迄の間、奇妙な光景を見たと言います。

その奇妙な光景とは、先ず語り手自身が、一人で遊んでいる自分自身を見ている場面から始まり、自身に危機が迫っている事を察します。 
残酷にも、彼(自身)は道路に飛び出してしまいます。それと同時に語り手は、「危ないっ!!」と獣のように吠えたそうです。 

奇妙な光景」は此処までだという事ですが、意識を取り戻した自身が20歳である事に気付きました。 

そして、幼少の頃、確かに先ほど見た事故に合っていた事、20歳の自分自身が遭遇した事故とが酷似している事などを思いだしたのだそうです。 
語り手の方は、あの時ハッキリと聞こえた「危ないっ!!」という声は、自分自身の声だったのではないかと考えているという事です。