warabiDSC_7315_TP_V

叔父と一緒に山菜採りに出かけていた時のことだ。 
山の中を一人で彷徨っている老爺を見かけた。 

谷を挟んで別の斜面を、ゆっくりと歩いていたらしい。 
老人にしては背がスッと綺麗に伸びていて、足取りも確かだった。 

同行していた叔父はそこで採取を止め、強引に彼を連れ山を下りたという。 

「俺の祖父さんのそのまた祖父さんの頃から、あの爺さんは彼処の山を 
 動き回ってるんだってよ。 
 俺も小さい頃から何度か見ているが、いつもまったく同じ姿なんだ。 
 この山ではあの爺さんは無視するよう、昔から言われとるよ」 

麓に下りると、叔父はそんなことを教えてくれたそうだ。