macbook1982_TP_V

彼が先輩と共に、とある山に入っていた時のことだ。 
歩いていると、不意に小さく開けた場所に出た。 

片隅に古びた祠が苔生している。 
場所を心得ていたのか、「よし、此処で休憩しよう」と先輩は腰を下ろした。 
彼も習って荷物を下ろした。 

「ここって、ちょっと不思議な場所なんだぜ」 
水を飲んでいると、先輩がそんなことを言って、腕時計を見せてきた。 
覗き込むと、秒針がピタッと止まっていた。 

「お前のはデジタルだったよな、そっちも見てみろよ」 
言われて自分の腕を確認してみる。 
デジタル表示の数字が、これまた時を刻むのを止めていた。 

「壊れてなんかいないから、此処から出たら直るから」 
先輩の言う通り、休憩を終えそこを離れると、時計はどちらも正常に 
動き始めたのだという。