RED19716029_TP_V

今住んでいる辺りは山が多い地域。
ずっと平たいs県に住んでたから最初は山の多さにびっくりした。 

とある日曜日、夕暮れ時に夫と車で買い物に行こうとしたらコンクリートで護岸してあるところに何かがよじ登ってる。 
あれー、人間にしてはなんかおかしいなと思った瞬間

「ダメだ!!見るな!!」

と頭の中に声が響いて体が震えてきた。 

「山童(やまわろ)だ、気をつけろ!!山に捕まるぞ」

とも言われこれは真剣に怖かった。 
こんなに民家が近いのに物の怪が出るなんて吃驚したし、何度も言うが怖かった。 

以来山の護岸はあんまり見ないようにしている。山には神様も物の怪もいる。
大切にしないといけないし人は領分をちゃんと守らなきゃいけないと痛感した出来事でした。