008sukagamino17103_TP_V

幼い頃、祖父と二人で山に籠もっていた夜のこと。 
炭焼きをしていた祖父の庵へ、キャンプ感覚で遊びに行っていたものらしい。 

夕食の片付けを終え、屋内へ戻ろうとしていると、祖父が血相を変えて出て来た。 
やおら手に握っていた炭を彼に向かって投げ付ける。 

まだ熱い炭は、ビックリして硬直した彼のすぐ頭上を越えていった。 
鈍い衝突音と小さな悲鳴が聞こえ、いきなり背後で風が巻き起こる。 
悲鳴は明らかに人の声、それも若い女性のものだった。 
驚いて振り返ったがバサバサと何か羽ばたくような音がするのみ。 
闇の中には何も見えなかった。 

ホッとした顔の祖父は、彼を中に引き入れ、直ぐに寝かし付けてしまった。 

何を聞いても、口をへの字にして教えてくれなかったらしい。 
その後、何故か祖父は山に招いてくれなくなり、彼も何となく行き辛いのだという。