19322A004_TP_V

高校の頃、部活の合宿があって、某県の山里に行ってきた。 
以前は別の施設での合宿だったが、昨年からそこの宿になったらしいが、特に変な噂は聞いてなかった。 

が、着いてみるといかにもオンボロで出そうな雰囲気。 
周囲にはポツポツと民家があるだけでも救いだった。 

夕食を終えて、部屋に戻るときに、何気なく廊下の窓から外をみると、裏手の藪の中に明かりがついているのを見つけた。 
窓の反射?と思ったが、あきらかに外。友達に言うと 
「民家じゃないの?」という。別のやつらに言うと「あそこは森だから民家なんかないだろ」「おばけだ!」「幽霊だ」 
と盛り上がってくる。何人かは「行ってみようぜ」ということになったが、他のよくある話にありがちなように肝試しにいくことはなかったw 

次の日の朝、廊下で見てみるとやはりそこに家はなかった。 
日中はすっかり忘れてたが、その日の夜にはまた明かりが。 

しかも何となくフラフラっと動いているようにも見えた。特にたいして中の良くない連中たちが「行ってみるぜ!」と言いだし、数人で出かけて行った。
少したったあと、「ギャー―!!!」という大声が響きわたった。声の主はわからない。 
教師も出てきてワイワイガヤガヤとなり、大混乱状態になった。それでまぁいろいろとあって次の年の合宿は中止。 

数か月後、連中の一人に「あれなんだったの?」と聞いたが、「わからん」と言うだけ。 

「でもアレはやばかった」と声を震わせながら語った。