TLTM180711-0028_TP_V

俺は東京で、彼女が京都で、遠距離恋愛1年半。 
会えるときに会うって感じで、2週間ぶり、1ヶ月ぶり、 
1ヶ月半ぶり、2ヶ月ぶりとか、いつも不定期。 

んで、京都に行くと、いろんなところで会うおっちゃんがいる。 
最初に会ったのは京都駅から川端を散歩していたとき、ちょっと先からやってきて、 
ふと目が合って、俺をジロっと見る、デコにアザのある60代くらいのおっちゃん。 
1人で歩いていて、メガネで頭が薄くて、通り過ぎる瞬間にもジロっと見られた。 
背が低いから、俺を上目遣いで横目で見ていた。ちょっと距離を空けて。 
俺は、「なんで俺を見るんだろう…誰かと似てるのかなあ…」とかしか思わず。 

それが記憶にあったのか、それから2ヵ月後くらいのときに、 
今度は四条のあたりで人通りが多かったんだが、ふと前方を見ると、 
20m先くらいでそのおっちゃんと目が合って、おっちゃんが「ぎょっ!」 
みたいな顔して、人ごみに紛れたのか、すっといなくなった。 
その時は、「観光地だし偶然もあるよなあw」ってしか思ってなかった。 

しかし、以後、俺が京都に行くたびに、どこかで必ず会う。 
京都市内だけではなくて、遠出して天橋立に行った時も、橋の向こうで目があった。 
またおっちゃんは、「ぎょっ!」とした顔で、俺もそうだったかもしれない。 
俺はおっちゃんを目で追ったが、人が多くて、すぐ見失った。

最近は、昨年の11月末。 
石清水八幡宮に午前の早めに行た。人が増えてくる前に。 
そこで、参拝して、モノレール(ケーブル)で降りてきたら、そこでまた…。 
おっちゃんはこれからモノレールに乗るところで、すれ違う瞬間に俺を見て、 
また「ぎょっ!」とした顔で、そそくさとすれ違った。 
ちょっとして後ろ振り返ると、もういないから、モノレールを見たが、 
車内にいるのは発見できなかった。 

服装とか雰囲気は、この世の者としか思えなかったし、 
でも偶然にしても何度も会いすぎだし、俺は不定期で京都に行ってるし、 
そのあたりが自分では理解できず、いまだによくわからず。 

今年から、彼女の姉が東京転勤につき、彼女が東京に来る機会が多くなるので、 
俺が京都へ行くことが減るので、おっちゃんに会えないのが少し寂しいかも。