AMEMAN314016_TP_V

小生が小学校4年生ぐらいの出来事でやけに月が明るい日で窓が煌々と月明かりに照らされていた、自室で夜寝ていると尿意を模様して目が覚めた、 

するとその時、「ピーポーピョーポー」と、シンセサイザーでわざわざ作ったかのような 
電子音がはっきりと聞こえてきた、

そしてそれが4、5回続いた後、今度は、何とも形容しがたいが 
電車が通過した時の音を電子音に変えたような、スキャンされているような音がした、その音は、頭の中に入ってくるような 
鮮明な音である。しかし、すぐ隣の部屋で寝ていた兄は、起きて来ない、 

私は怖くなって布団の中で丸くなって恐怖と尿意にひたすら耐えていた、20分ほど経っただろうか、 
その音がようやく収まり、まだ怖かったが少し夜が明けだしたのと小便したさに一階の便所へ駆け込んだ、 

そして部屋に帰って時計を見ると自分が認識していた時間より一時間半ぐらい多く時間が経っていた。 

この怪音は、なんだったのだろう?・・・