Sneko210DSC03413_TP_V

高校の時、剣道部の合宿であった話。 当然、男ばっかりで寝る前に
プロレスなんかしてたから部屋ん中ぐっちゃぐちゃだったんだ。 

でも一番強い先輩だけは自前の竹刀と着替えの服を綺麗に畳んで枕元に置いてた。 
その先輩の布団だけやたらときちんとされてたし綺麗好きなんだなって思ってた。 

夜にガサゴソ音がしてて先輩は誰かトイレに行ったのか、なんて思ってたらしいんだけどあんまり音が止まないから泥棒じゃないかって思って「どろぼー!」って叫んだんだ。 

この叫び声で俺は起きたんだけど黒い影に一番強い先輩が竹刀で殴りかかってるところだった。 

そしたら黒い影がちょっと凹んだんだけど、当たった音がしなかった。 
一番強い先輩はそれをみて「なんだ幽霊か、うるせーよ!」と切れて布団に入り直して寝てて、神経質なのかワイルドなのかわからなくなった。