meiwakuFTHG9197_TP_V

当時ダイエットに凝ってた俺は通勤時間もダイエットに費やそうとチャリを買った。デザインが好きだったのでピストを買ったんだ。 
ネットで注文し届いた日にはテンション最高潮。 

チャリでも飲酒運転とは聞いていたけど友達2人誘って夜チャリで飲みに出たんだ。 
飲み屋でピストについて熱弁するも友達はのってこなくてイマイチ飲み会も盛り上がらずその日は早めに解散になった。 
俺は物足りなかったがチャリで帰るのが楽しかった。家の近くまできて昔よく行ってた今は潰れた駄菓子屋の前まで来た時そいつはいた。

深夜に、明らかに潰れた駄菓子屋のドアの前で中を見ているのは小柄なおじさんだった。不審に思いながらも通り過ぎたが、店が開くのを待っているようになぜか感じた。 
部屋に入った俺はなんだったんだろう?と思いながら物足りなかったのともう少しチャリに乗りたかったのもあってもう一度様子を見に行こうとしたんだ。 
駄菓子屋まで行くとそいつはいなくなってた。あれ?と思いもう少し進むと、魚屋の前の自販機の前にそいつはいた。

さりげなく近づいていくとこっちに気づいて振り返った。 
おじさんはあのマラチオンのおっさんみたいな顔をしてて、口に何か咥えていた。 
自販機の明かりだけでよく見えなかったが、何かの内蔵?生肉?みたいなのだった。一気に心臓がバクバクしスピードをあげて通り過ぎた。 
そのまま帰るのも怖かったから近くのコンビニで時間をつぶしたんだけど、雑誌コーナーは外から丸見えだなと思ってしゃがんで隠れるように雑誌見てた。

1時間くらいたってからもういいかな?と思って帰ることにした。 
そしたらまだいるんだよ。マラチオン。 
帰るか悩んだけど財布も携帯も部屋に置いてきてたから帰るしかなかった。 
どうしてもそこは通らないといけないからなるべく道の反対側を猛スピードで通ったんだけどマラチオンは俺を目で追いながら真顔で手をふってた。その手にはさっきの内蔵みたいなやつがあった。 
帰ってからチャリは裏庭に隠して警察に電話した。 
その後どうなったかは知らない