nichinan0I9A3483_TP_V

知人が小学生の頃、学校で日本兵の幽霊が出ると騒動になった。 
児童のみならず、保護者や教職員にも見たと言う者達がいた。 

そんなある日、級友の祖父が学校にやって来た。 

気弱な波平と言う感じの老人だが、一晩中ココにいると言う。 
教職員達は気弱な風貌に最初は断ったのだが、波平は強引に三晩、夜の学校にいた。 
そしてそれ以来、日本兵は出なくなったので「波平の幽霊退治」と 
子供達の話題になったらしい。

知人が最近、級友と出会い幽霊退治の後日談を聞いたそうだ。 
あの後、多くの人が話をせがんだが、波平は何も語らなかったらしい。 
何年か後、級友が何気なく夜の学校は怖くなかったのかと聞いたら 
「覚悟を決めた軍人が幽霊になろうはずは無い、よしんば、何かの理由があり心ならずも学校で 
さ迷っているのなら帰る道を教えてやるつもりだった。そうでないなら、子供達を惑わすただの卑怯者、 
そんなモノ恐れるに足らん。あの時、幽霊は出なかったよ、 
おそらく生きている卑怯者が子供達を惑わす為に作り話をしたのだろう。」

戦後、公職追放令が解除された後も世に出ることなく静かに暮らしていた波平。 
実は、海兵(海軍兵学校)出身の海軍士官であったらしい。