001KAI319_TP_V

大阪市内に宿泊した時の実話投下。俺は安さで定評あるホテルへチェックイン。 
部屋は選ぶことが出来ないシステムなのでキーを渡されて部屋へ入ると、旅館かと錯覚するくらいの和室。 
時計を見ると2時。お酒がはいっていたこともありそのまま就寝。 

すぐにテレビの音に起こされたので、テレビを消してまた落ちる。束の間、またテレビの音に起こされる。 
不審に思ったが、元々零感で霊の存在を信じない俺は接触不良かと、さほど気にもとめずテレビを消し寝ようとした時、 
テレビの電源が再度入り、部屋の照明が全点灯→全消灯の繰り返し!ここで俺完全に覚醒。

何々!?と若干パニくる。電磁波の影響やで!と、訳のわからない言い訳でとりあえず落ち着かせようとする俺。 
照明が全点灯で止まった時、ツレがタクシーで帰ると言いだした。時間は3時半。始発まで2時間あることを考えて 
そのまま一人でとどまることにした。フロントに連れが一人で帰る旨を内線で告げツレを見送る。 
ツレはドアを開けると振り向きざまに「お風呂になにかいるよ!」と言い残し慌てて帰っていった

あと1時間は寝ようと消灯してベッドに寝転んだが、1人になったのに1人じゃない、
誰かがいる気配を感じたような気がして初めてゾクリとした。

そこで部屋を全灯して寝ようとした時、ガッシャーン!!と風呂場から大きな音がした。明らかに何か大きな物体が 
おそらく風呂場のドアに倒れたような音。ここで完全に恐怖という感情が俺を支配した!怖い、怖い、怖い! 

時間は4時すぎ。始発の時間と駅まで10分歩くことを考えてもまだ1時間は早い!

風呂場は静まりかえっているが確認する勇気はない。退出するか?粘るか?自問しながら時計を見る。 
5分しか経っていない!そんな感じで我慢すること40分、キーッキーッ!と風呂場で謎の金属音!!ここでギブアップ! 

風呂も確認せず、寝グセも直さずチェックアウト!

これが霊現象なのかなんなのかは分かりません。
ただ得体の知れない怖さを味わう事が出来た貴重な体験でした。
後日、帰ったツレにLINEで尋ねようとしたら、全く返信なし。

既読にもならず。おそらくブロック。キーッてなった。俺が。