HIR87_hutonnouedenerusco_TP_V

就職して遠くに行った友達が遊びにきたので自分の家に泊めていた。 
んで友達が来てる晩での睡眠中のこと。 

自分はよく金縛りにあうタイプで、その日も金縛りにあって、またか・・・とか思いながら解けるのを待っていた。 
みんなの金縛り中の感覚がよくわからんが、自分の場合は真っ暗な無重力空間の中に浮いているような感覚なんだ。 
まあ普段通りにその真っ暗な映像と無重力の感覚を味わっていたときに 

何故か目の前に自分が現れた。 
普段鏡や写真で見てる自分が。怒った顔で。 
んで俺を指差しながら 
「次に△△のことを話したら本気で○すぞ」←○のとこにはよく聞く脅迫の言葉が入ります。△のほうは思いだせん。 
って感じのことを(もっといろいろ言ってたが思いだせん)言われたとたん心臓がめちゃめちゃ痛み出した。 
本気で息ができなくて死ぬ・・・!って思った瞬間目が覚めた。 

目を覚ますと友達がすげー焦った顔でこっちみてた 
ドン!ドン!ドン!って音がしてたので起きたら俺の心臓の音だったらしい。 
めちゃくちゃ苦しそうな顔してたらしく、これは絶対破裂するって思って救急車呼ぼうとしてたとか言ってた。 

詳しくはわからんが、俺が何かを話したら、もうこの世とはおさらばらしい。