KUMA1892013_TP_V

夏休みの時に家族でキャンプに行きました。(どこかの会社のツアーで集団でキャンプ場に泊まった) 
場所は九州のとあるキャンプ場で近くには火山があり、付近の川からは硫黄のにおいがしました。 

昼は子供たちは子供たちで遊び、大人は大人でお酒を飲んだり、昼食を作っていました。 
夜になってキャンプファイヤーをした後、みんな寝ることになりました。 

そんな中、2時半ごろに何故か不意に目が覚めました。 

もう一度眠れず、親に許可をもらい外に出てキャンプファイヤーの燃えカスを見てるとどこからか鈴の音が聞こえました。 
昼間には聞こえなかったので興味が湧いて音のほうに向かうと、昼間でも暗かった薪置き場に着きました。 

鈴の音はその奥から聞こえていましたが、自分は怖くなってテントのほうにへ逃げ戻り、また眠りました。
 
朝起きると鈴の音は聞こえず、結局正体が何かはわかりませんでした。