ELFADSC06499_TP_V

田舎で家業継いで農機具の販売・メンテやってる。
お客には、同じ町内なのに、行くのに4時間近くかかるような山ん中に住んでるおじいちゃん、おばあちゃんもいて、修理に行ったら「泊まってがい」と言われ、そのまま泊まることもある。 
そんなんだから、仲良くなって、いろんな話を聞かされるんだ。 

人生の苦労話や、遠方に住んでるお孫さんの話で、たいして面白くもないけど、中にはそれまで聞いたことがないような話もあったよ。

そのおじいちゃんは、92歳でこないだ亡くなったけど、古流の免許皆伝の人で、空手やってた俺に、免状とか技術書とかいろいろ見せてくれたり、技を一通り見せてくれたりした。 

俺もそれが面白くて、休みの日に酒持って遊びに行ったりして、技教えてもらった後に、総合のDVD見て、夜中まで格闘技談義したりして。 
じいちゃんは、寝技中心の総合には否定的で「立ってやんねば。来んの一人ではねんだから」って言ってた。

じいちゃんは戦争の時は大陸にいってて、昭和21年に復員してる。 
実家は空襲で焼けて、家族も亡くなっていたじいちゃんは、仙台にあった武術の師範の家にいそうろうして生活をはじめた。 

じいちゃんから聞くと、戦後の日本は、地方都市に過ぎない仙台でさえ治安は相当に悪かったらしい。 
浮浪者とかヤクザとか引き揚げ者とかが原因じゃなく、「赤や、アカ」とのこと。 

それまでの体制がなくなって、旧体制側だった人は肩身が狭くなる一方、「中共やソ連」の支援を受けた「赤」関係の組織が勢いづき、個人で、組織で、旧体制側の人間を攻撃したらしい。
じいちゃんはの師範は、戦後も戦前と変わらず地域の名士だったけど「戦争には負けたが、日本の伝統・思想はなんら劣っていない」って公言してたから、「赤」から脅迫や殺害予告をしょっちゅう受けていて、若かったじいちゃんも気にしてた。 
で、ついにコトが起きた。 

夕方に、師範の家で、じいちゃんと師範と、師範の奥さんがいたときに、玄関の戸を叩き壊して8人の男が入ってきた。 

覆面して、棒切れ持った男が8人 

「8人はヤバいですよね? いきなりだし、相手やる気だし」って聞いたよ。

ある程度事態を予想していたじいちゃんは前に出る。 
2人の棒切れを受けながら肘と親指を使った当身で倒す。 
「奥さん守る。誰も通さね」と思ってるじいちゃんの脇を何人かがすり抜ける。 

次の相手が棒切れを振りかぶってくるけど、自分の左腕が上がってこない。 
「最初さ受けたときに折れてしまったのっしゃ」 
じいちゃんは、踏み込んで、棒切れの根元で殴られながら、密着して秘中を攻める。 

倒れた相手を踏み抜いたのと同時に振り返ると、師範と奥さんはうずくまっていて、3人に袋叩きにされてた。

師範も2人は倒したけど、奥さんをかばって、残り3人にめった打ちにされてた。 

「あん時ぐれごしっぱらげたことなかったな」 
話しながらもすごい剣幕だった。 

じいちゃんは奥さんと師範を助けに割って入ったけど、左腕が折れてるのもあって、今度は自分が袋叩きにあう

「棒切れ、鉄だったがらや、頭守ったら指が折れんだ」 

じいちゃんは、今でも不自然に曲がっている指を見せながら言った。 
それでも、じいちゃんが生きてここにいるのは、騒ぎを聞きつけて近所の人達が集まってきたからだ。 

襲撃犯は仲間を連れて逃げた。 
怒り狂っているじいちゃんは、近所の人達に抑えられて、追いかけることができなかった。 

じいちゃんは8カ所の骨折。 
師範と奥さんはもっと酷かったけど、何とか命はとりとめた。

犯人は、普段から嫌がらせをしていた「赤」だったのは確実だった。 
けど、報復を怖れて誰も証言しなかった。近所の人も、「赤」を治療した病院の人も。 

「仕方がねぇさ、そういう時代で、相手が相手だ。」 

師範と奥さんは、退院後、報復を避けるために、かくまってくれる有力者を頼って他所にいった。 

じいちゃんも東京の建築現場で働いて、結婚して奥さんの実家に帰ってきたのは、50過ぎてからだったようだ。

「俺が帰ってきた時には、『赤』の連中の何人かは、ずいぶん行儀良くなってたな。 
まぁ、そいつらもみんな死んだけどな」 

「戦争いったり、『赤』さやられたり、まぁ政治とか主義ってのは、ただおまんま食いてぇってだけの俺からしたらよ、余計なもんだった」 
って笑いながら話してました。 

実際には名前が出てますが、さすがに伏せます。 
証拠もないですが、じいちゃんの話が本当なら、人って怖いなと、そう思いました。