PAK88_tenjyounorito_TP_V

最近、京都に用事があり、駅周辺のホテルに宿泊。最上階の角部屋のセミダブル。 

嫁と2人だったが、部屋が狭いし、ベッドに座ってテレビ見ていた時に、 
なんだか正面の鏡が気になり、布で隠すことにして、布団にくっついている黒い布を外し、 
上からかけて、だいたい6割くらい隠してた。 
いつも出張で各地のビジホに泊まるが、鏡を気にしたことはなかったが、 
何故かその時だけ、「映るのがイヤだなあ」って思った。 

翌朝速い起床なので、早めに寝ていたら、深夜に何か音がするので目が覚めて。 
鐘というか鈴というか、「シャンシャン、シャシャシャン」みたいな音が。 
俺、「なんだこれ?どこから聴こえるんだ?」って思い、 
耳を済ませたんだが、外からではなさそうだった。 
どうやら、部屋の鏡の上の天井あたりから、AMラジオっぽい感じの音で聴こえた。 
そして、しばらくしたら、忽然と音が消えた。

その部屋、「換気扇はつけっぱなしにしてください」と、 
たしかユニットバスのところにシールが貼ってあったので、 
ずっとつけっぱなしにしていたので、俺はそれを思い出して、 
「ああ、換気扇がどっかから音拾って、反響したのか?」って思って。 
ベッドの頭の上にある換気扇スイッチを消した。 
換気扇って、つながってる先の通風口?から音拾うことあるから、 
ホテル内のどっかの作業場とかから音拾ったんだなあって思った。 

で、またベッドに横になったら、今度は、人の声とおぼしき低い音で、 
「ごにょごにょ」「ぼそぼそ」みたいなのが多重録音的な感じでしてきて、 
しばらく続いて、止んで…。また同じ場所からだった。 

そして、それが止んだら、今度は、「ぼ~」っていうか、 
「ぶお~」みたいな音が聞こえてきて、次はまた、最初の、 
「シャンシャン、シャシャシャン」が聞こえてきて…。 
音はその3パターンが交互に繰り返されていたと思う。同時ではなかった。 
順番は覚えていないが、何度か繰り返されていた。

しかし、全く怖さは感じなかったせいか、隣で寝ている嫁を起こすこともなく、 
ただただ、聴こえてくる音に耳を傾けていたんだが、 
だいたい3分ほどで完全に終わり、あとは静かになった。 
怖さではなくて、何かすごく神聖な感じに聴こえていたかも…。 

翌朝が早かったのもあって、嫁にすら話すのを忘れていたんだが、 
数日前にフト思い出して、でもよくわからず。 
詳しそうな人がいるかな?