naganoharaFTHG3238_TP_V

彼の地元には、かつて風葬地として使われていた山があるそうだ。 

近くに賭場が立っていた宿場町もあったそうで、賭け事のいざこざで亡くなった人の 
死体もよく野晒しにされていたと言われている。 
何時の頃からか、この山で野宿をすると、夜中にある音が聞こえてくるようになった。 

カラカラという、賽子を振る音が。 

伝わるところによると、音の正体を確かめてやろうと、夜の山に登った博打打ちが 
何人もいたそうだ。 
いずれも次の朝には、死んでいるのが見つかったという。 
何故か、死に顔は満足そうに笑っていたそうだが。 

地の者達には『博徒の果てる山』などと呼ばれて、大層気味悪がられたらしい。 
現在は街道からも外れてしまい、近寄る者もいないのだという。