PPO_keioudaigakusyoumen_TP_V

大学のロッカールームに忘れ物をしたAが、深夜の大学にAの彼女であるBと二人で忘れ物を取りに行った。 
大学は学生証のIDで入ることが出来るため深夜でも中に入れるが、当然生徒も教授もほとんどいない。 
AとBが三階のロッカールームに向かう途中で、Bが「トイレに行きたい」と言ったため、二人は別行動をとった。 

Aがロッカールームから忘れ物を回収して出てくると、三階の女子トイレに灯りがついている。 
なのでAはトイレの近くでBを待っていた。 
しかし5分、10分経っても、Bは出てこない。 
センサーライトはつきっぱなしだし、トイレの中からはヒールの音がずっとしている。 
しかしいくら待てどもBが出てくる気配はない。 
しびれを切らしたAが、どうせBしかいないと思い、灯りのともる女子トイレのドアを開けた。 

その瞬間に、センサーライトが消えた。 
中には誰もいない。 

真っ暗になった女子トイレの前で、驚いて固まっているA。 
すると後ろにあった階段からBがひょっこり顔を出した。 
どこに行っていたのかとAが慌てて聞くと 
「そこのトイレおばけ出るうわさがあるから、下のトイレに行ってたんだよ」 
とBが答えた。 

ちなみにその日、Bはヒールを履いていなかったそうだ。