KOGAPAS00292_TP_V

友達の家に行こうと家を出たらタクシーが止まってた。 

当時、運転免許を持ってなかった俺はそれに乗って友達の家に向かった。 
少ししたら、運転手が『ここら辺は幽霊がでるねぇ』とか、言ってるからテキトーに『そうなんですか』って返したんだよ 

そしたら運転手が 
『さっき幽霊がこのタクシーに乗ってたんだよ』とか鏡見ながら言ってきたんだよ。 

そのとき俺は重大なことに気付いたんだ。 

俺んちの前にタクシーが止まってるってことは、幽霊が俺んちまで来た…と。