XEN7615017_TP_V

男は大道りを高速で突っ走っていた。

他の車も同じ速度で突っ走っているから大丈夫だと思っていた。 
しかし、スピード違反監視区間を通過したとき、男は赤外線速度探知器にひっかかり、 
車を寄させられた。 

巡査が男に違反切符を手渡し、署名をさせて立ち去ろうとすると、男が訊いた。 
「おまわりさん、オレがスピードを出していたのは認めるよ。けどよ、不公平だろっつーの。 
同じスピードで走ってた車は、周りにたくさんあったっしょ。 
何でオレだけ切符きられなきゃなんねーの?」 

「釣りをしたことはあるか?」 巡査が不意にきいた。 

「う~ん、はあ・・・」 男はどぎまぎして答えた。 

巡査はにやりと笑ってこう言った。 「泳いでる魚をぜんぶ釣ったことはあるかね?」