141115052020_TP_V

俺がコンビニ某の店員だった頃 

おでんケースを侵略されたことがあった 
夏のとあるその日お客の波がふと途切れた24時深夜 
突然店の明かりが全て消えた 

その時ミニUFO3機がおでんケースを取り囲んだ「上陸するぞ」 
実際は宇宙語で、聞こえた音は聞いても分からないが意味が直接脳に届いた 

パッと電気が元に戻りミニUFOは消えていたが、おでんケースの中の具に小っちゃい人がかじった様な歯型が残っていた 
「これは食料にならない。このおでんはマズすぎる」 

その言葉を最後に宇宙人たちの気配は消えた 

あと始末は大変だった 

おでんは全て俺が買い取ったが小っちゃい歯型を見た店長に汁代も請求された 
宇宙人たちのその後の行方は知らないケースを侵略されたことがあった 
夏のとあるその日お客の波がふと途切れた24時深夜 
突然店の明かりが全て消えた 

その時ミニUFO3機がおでんケースを取り囲んだ「上陸するぞ」 
実際は宇宙語で、聞こえた音は聞いても分からないが意味が直接脳に届いた 

パッと電気が元に戻りミニUFOは消えていたが、おでんケースの中の具に小っちゃい人がかじった様な歯型が残っていた 
「これは食料にならない。このおでんはマズすぎる」 

その言葉を最後に宇宙人たちの気配は消えた 

あと始末は大変だった 

おでんは全て俺が買い取ったが小っちゃい歯型を見た店長に汁代も請求された 
宇宙人たちのその後の行方は知らない