YAMA_DSC0947_TP_V

●●の里と言う有料温泉に行った時の話 

自分はいつもは温泉とサウナと岩盤浴を交代交代で数時間入り続ける人なんですけど 
昨日は温泉に入っただけで目の前が真っ暗になってノイズが走って気持ち悪いなぁて思って 
少し早いけど食事をしようと食事処●●へ 
そして案内の店員が来るのを待っていると店員が二名様ですか? 
お好きな席にどうぞと言われ好きな席に座って海鮮ちらしとお蕎麦を注文して 
食べ終わっても特に体調が良くなるわけでもなくグッタリしながらも岩盤浴でまったりしてて 
夕方になったので帰宅しました。 

これでおしまいなら良かったんですけど・・・・続きがあって 
いくつか不明な点もあるのです 

そして帰宅・・・ 
帰宅後も体がだるくて気分は優れませんでしたが 
それでも夕食を食べて夜23時に寝ました 

その日は少し変わった夢を見ました 
お風呂で溺れている女性が居ました 
その人を助けるためには自分の命を懸けなければならない設定らしくて 
他人のために命を投げ出す覚悟ができなくて 
見てる中、その女性が水の中に沈んでいく・・・ 
同じ内容の夢を再生→巻き戻し→再生→巻き戻し→再生→巻き戻し 
三回目でなぜ助けてくれないの・・・?そんなに自分が大切なの?と言われて目が覚めました 

起きたら10分しか経ってませんでしたが 
隣の部屋からパチンパチンとペタンペタンと人が歩くような音がしてて 
どこからか見られているような視線を感じつつも無視してもう一度寝ました 

おかしいのは私は一人で●●の里にも食事処●●にも一人で行ってるんですよ 
しかも少食なので二人分なんて絶対に食べないんですよ 
なんか不思議でした 

昨日の事で実話なんですけど、なんか嘘臭い話ですね 
そして今も誰かに見られてる視線と残像みたいのが見えたりしてるんですけど・・・・