paku_akjfalsdjklasadfa_TP_V

ルルイエ異本とはアーカムの研究家エイモス・タトルがアジア内陸部で10万ドルで購入した中国語で書かれた写本で、人皮で装丁されている。 

元本は夏王朝時代の“螺湮城本伝(教本)”という文書だといわれる。エイモスの死後、甥のポール・タトルによりミスカトニック大学に寄贈される。 

原本は紀元前300年頃、人類以前の言語で記されていたとされる。粘土板に書かれたオリジナルがあるといわれるが、すでに破壊され、 
中国語で書かれた巻物、英語訳、ドイツ語訳が存在する。イタリア語訳は、15世紀に魔術師フランソワ・プレラーティが、部分的にイタリア語へと翻訳し、 
それをナポレオン・ボナパルトが所持していたという説がある。 

内容は大いなるクトゥルフを主に、その眷属と海の関わり、異界のものを召喚する呪文、ムーとルルイエの沈没について記述されている。 

ミスカトニック大学の哲学教授ラバン・シュリュズベリイ博士は、ルルイエ異本を詳細に研究し、『ルルイエ異本を基にした後期原始人の神話の型の研究』 
(An Investigation Into the Mythpatterns of Latterday Primitives With Especial Reference to the R'lyeh Text)という論文を書いている(「永劫の探求」)