HIR87_hutonnouedenerusco_TP_V

母方祖父母が亡くなった時、遺産(田舎のボロ家とちっこい畑だよ)相続で揉めた。 

揉める原因の叔母の夢枕に毎晩、母方祖父母が立ち、ややこしい事を言うなと諭し続けたと言う。 
毎晩夢枕に立たれて参ってしまった叔母は、相続に口出ししなくなってめでたし。 

その後、父方祖父母が亡くなり、遺産相続で揉めた(賃貸アパートの片づけと30万の預金の取り分で) 
一番あつかましく出ていた叔母の夢枕に立つようになった父方祖父母、しかし、叔母はひるまない。 

あくまでも、自分は片付け手伝わず、葬式代も出さず、30万を独り占めする気でいる。 

ある日、叔母が心を入れ替えてた。 
なんでかと言うと、父方祖父母(叔母にとっては両親)に「いいかげんにしないと連れて行くぞ」と言われたらしいw 

夢枕に立つ家系みたいだ。